SOUND ANG


カーオーディオセンター・サウンドエナジー

不可能を可能にするカーオーディオ専門店(福岡)

ハイレゾタイトル

 

kome

ハイレゾはCDを超える高音質スペックを持っている新しい音楽ファイルです。”ハイレゾ”という言葉、最近はいろんな情報誌やネット、新聞にも登場するオーディオ用語では一番注目されているワードです。ハイレゾの一番のメリットは当然の事ながら音の良さ。CDを超える情報量で一般的に3倍から6.5倍ほど増加します。これによりさらにリアルな音場表現が行えます。アナログテレビから地デジ、さらに4Kテレビに変わるように細かい部分まで見通せるようになります。


CDはサンプリング周波数44.1kHz/量子化ビット16bitという規格のもとディスクに収められていますがハイレゾはこれとは異なります。48kHz/24bit、96kHz/24bit、192kHz/24bitなどと表します。ハイレゾファイルを手に入れるのはほとんどの場合インターネットを通じてになります。再生するための機材もハイレゾのデジタル信号をアナログ変換することが可能な物が必要となり、従来のナビやCDプレーヤーでの再生ができません。 そのため、CD-Rなどに書き込んでの再生はできません。USB/SDカード、その他のメディアプレーヤーに転送しての再生となります。また一口にハイレゾと言っても幾つかのフォーマットが混在します。FLAC,WAV,DSD...などです。それぞれのフォーマットにより音質や容量の差などがあり、楽曲を購入する際にも手持ちの機材が対応しているファイルを購入することが重要です。


ハイレゾを手に入れることで情報量が豊かになり、楽曲本来の音に近づけることができます。CDでは超えられなかった空気感や実像感がマスター本来の音を再現するかごとく、忠実に自然に得られることがハイレゾの一番の魅力です。

コメント2

 

ハイレゾを導入する方法はいくつかあります。可能であればハイレゾ対応ナビなどを購入するのが最もシンプルでスマートですが、それ以外の方法で現状のシステムに導入していく方法をご紹介します。

コメント3

 

スピーカー交換などの再生環境を整えることは音質アップにとっては重要です。いい音が再生できるシステムならCDのスペックでもかなりの高音質再生も可能です。66セット/99セットなどもご利用ください。


一番簡単な方法です。純正のナビもしくは社外ナビの外部入力・AUX・VIDEO端子を使い、ここに入力します。入力端子はほとんどの場合RCAかミニジャックですのでこれに対応したケーブルを用意します。一部メーカーでは専用ハーネスもありますがその場合はそれに対応した変換部品などを使います。


再生する装置はポータブルハイレゾプレーヤーもしくはiPhoneなどです。ポータブルハイレゾプレーヤーを使用する場合は、ヘッドフォン端子から音声を出力してナビ等の外部入力・AUX入力へ接続します。iPhone/iPod touch/iPadの場合はまずハイレゾ対応のアプリをインストールします。ヘッドフォン出力からではハイレゾ音声が出力できないのでAPPLE社製のカメラアダプターにてUSB出力を取り出します。これをヘッドフォン用のハイレゾDAC内蔵のポータブルアンプに接続してそれをナビの外部入力・AUXなどに繋げばOKです。


この方法ではナビの外部入力にアナログで入力しますが音質の劣化はそこまで大きくありません。どちらかと言うとポータブルプレーヤー、iPhone等の場合はポータブルアンプのD/Aコンバーターなどの影響が大きいので、音質を考える場合はそこに注意したいですね。

プランA

プランAに似ていますが大きな違いはプレーヤーからデジタル信号を取り出して別途オーディオテクニカ製の車載用D/Aコンバーター(DAC)を使用してしているところです。高品位なD/Aコンバーターを使用するとハイレゾ音源はとくに音に解像度がアップします。


AT-DAC3を使用する場合、スペックの関係上96kHz/24bitまでのファイルに限られます。iPhoneから取り出す場合はハイレゾ対応DAC搭載ポータブルアンプを使用しますので、そのDACの性能如何ではAT-DAC3を使用せずプランAの方法でもいいかもしれません。


AT-HRD5を使用する場合、このユニットは384kHz/32bitまでに対応しており対応力はとても高く、また細部までチューニングされているので音質もすばらしいです。USB入力に対応しているのでiPhoneの場合でもポータブルアンプは必要ありません。


プランAではハイレゾの良さを実感するにはプレーヤー側のDACに依存するため、それなりの高級機を購入していただくことがおすすめですが、プランBではデジタル出力が前提ですので比較的安価なプレーヤーでも存分にハイレゾサウンドを満喫できます。またプランAのようにプレーヤーからダイレクトにナビの外部入力に接続する場合と、プランBのように車載のDACを経由する場合では音のヌケや解像度、余韻、粒立ちなどハイレゾ特有のサウンドを体験できるという点で大きく差が出ます。

プランB

ハイレゾサウンドを本格的に楽しみたい方におすすめなのがプランC。プレーヤーから出力されたデジタル信号を、デジタルのままハイレゾ対応のDSP(オーディオプロセッサー)に入力します。もっとも信号の劣化が少ない方法です。


また、通常のカーオーディオでは純正ナビや社外ナビがメインユニットとして働きますが、このシステムではDSPがメインユニット、中心となります。家庭用のAVアンプなどを連想していただけるとわかりやすいかもしれません。このDSPユニットに純正ナビや他の機材からの音声信号を入力して、別途コントローラー/コマンダーにてソース切り替えやボリュームコントロールなどを行います。


DSPユニットは本来、音場を作るための豊富な調整機能を持っています。これを導入し適切に調整することでダッシュボード上にまるでステージがあるかのように音像が現れます。それをさらにハイレゾ音源で再生すれば瑞々しく繊細で、時には荒々しくドラマティックに、目を閉じればアーティストが目の前に居るような錯覚さえ覚えるような体験ができることでしょう。


なお、このプロセッサーは各メーカーから発売されています。多くのユニットは96kHz/24bitに対応しており、一部ユニットは192kHz/24bitに対応しています。またデジタル入力が同軸タイプ、光タイプどちらかの場合もありますので組み合わせるプレーヤーと吟味して選ぶことが大事です。使用するプレーヤー(iPhoneやDAP)によって出力方法が異なりますが、USB出力の場合はUSBをコアキシャルやオプティカルに変換してくれるトランスポートが必要となります。

プランC
HELIX DSP PROmk2/ヘリックスDSPPROマーク2
HELIX P SIX DSP Mk2
pp82dsp
audison bit one hd/	オーディソン・ビットワンHD
bitone
AP8.9bit
GLADEN D2 100.4DSP
クラリオンFDS

掲載商品以外にもいろいろな商品がありますのでお気軽にお問い合わせください。