【脇役】

本日も忙しい日曜日を過ごさせていただきました。ちょっと冷え込みましたので外でお客様と話していると、ついつい店内に誘導することになりますが、いまは換気も必要なので寒くともドアを開放しなくてはいけないときもあります。できる限りのコロナ対策を施しつつ営業させていただいていますのでみなさまご理解の程よろしくおねがいします。

さて、

お預かり中のRAV4は作業予定の半分を超えたあたりでしょうか。

メインのスピーカーやアンプ以外にもオーナー様のこだわりパーツがいろいろとあります。経験していく中で脇役の大切さを知ったからこそこだわりたくなるポイントがいろいろあります。

スピーカー固定の土台にはワンオフで製作した10mm厚の真鍮バッフル。

アンプやDSPなどに向かう電源ヒューズはオーディオテクニカのレグザット。ヒューズ一つが2500円と高額。

そしてこれまたアンプやDSPの力を引き出すためにKOJO精巧の仮想アースを導入。

パーツのみならず細かい機材の取り付けや固定方法など、オーナー様からの要望を書き留めて、ひとつひとつ施工しています。

これは別のお客様からのオーダーですがサウンドサスペンションのシグナルバランサー。

スピーカー裏に取り付ける小さな部品ですが、これが結構効果あります。スピーカーの制動がよくなるので細かい音の表現力向上が感じられます。

さらにはレーダー探知機やドライブレコーダーと、車を快適に過ごすためにはいろいろなパーツがあって、それぞれにつけるべき理由があります。専門店ではそれらの脇役の役目をできるだけ丁寧ご説明してますので、カーオーディオやカーセキュリティーで迷ったら、ぜひ専門店にご相談ください。

 

 

 

【さよなら2020セール】

12月もまもなく。

2020年、いろいろありましたが、締めくくりということで感謝セールを行います。

【さよなら2020セール】

期間は12月1日火曜日から12月27日日曜日まで。ほぼ1ヶ月。

当社指定の信販会社でのクレジットお支払いで、24回までの金利手数料無料とさせていただきます。

単純に、24万円のお買い物であれば月1万円のお支払となります。

セキュリティーもオーディオも、10万円以上のお買い物でご利用いただけます。ただし、66セット・99セット・158セットは通常でもたくさん値引きしていますので対象外とさせていただきます。

2020最後のキャンペーンとなります。今年はコロナのせいであまり大々的にイベントなど行えませんでしたが、店頭ではアルコール除菌やマスク、仕切板などの感染対策を行っていますのでお買い物をご検討中の方はぜひこの機会に。

皆様のご来店こころよりお待ちしています。

 

【ゆっくりお過ごしください。】

昨日と打って変わっていい天気になりました。でもずいぶん気温が下がりましたね。上着着ないと震えそうです。

そんな今日はご来店いただくお客様が多くて、オープンから夕方前くらいまで常時3組くらいのお客様が入れ替わりでスタッフ総出でバタバタでした。

一応店内でソーシャルディスタンスが取れるくらいのスペースを考えて先日店内改装をしましたが、4組になると、ちょっと密になりかねないと反省しました。福岡ではコロナの新規感染者も落ち着きを見せてはいますが油断をするわけには行きません。みなさまに安心してゆっくりご来店いただけるよう、店内の配置も検討を重ねてまいります。

当店ではカーオーディオやカーセキュリティーばかりではなくちょっとにぎやかなものも扱っています。

車内の香りを個性的にするエアーフレッシュナーはたくさん取り揃えていますので壁が華やかです。もちろん販売していますよ。

鍵につけるキーチェーンは意外と人気です。味気ない車の鍵が自分色になりますね。

その他にもディズニーを始めとしたキャラクターグッズ。一緒についてきたお子様にねだられて購入されるお客様も少なくありません。

ご来店いただく際はごゆっくりお過ごしください。

 

【秋らしい1日】

今日は日曜日ということもあり、接客をしているうちにあっという間に1日が過ぎてしまいました。

季節的には暑くもなく寒くもなく、まさに秋らしい1日でした。

今年の春はコロナの影響で運動会はほぼ取りやめになったようですが、この秋は感染対策を施しながら開催しているところが多いようですね。

できるかぎり、子どもたちの思い出に残るようなイベントは運営する側は大変だとしても実行してほしいですね。秋は運動会を始め、文化祭や合唱コンクールとかでしょうか。修学旅行もあるかもしれませんね。

当店が企画していた春に開催予定の九州カーオーディオフェアは一旦秋に延期したものの、やはり来場者や関係者のみなさんに安心してデモカー試聴などをして頂ける環境がまだ準備できないのやむなく中止としましたが、早いところこのコロナが解決して、九州のみなさんにイベントをお届けできるようになればいいなと心より思います。

一日も早く収束したと安心できる日が来るよう、いまは感染が広がらないように日々用心しながらも少しずつ新しい生活を快適にできるよう過ごしていきたいですね。

今日は忙しくブログネタを思いつきませんでした。

また明日もよろしくおねがいします。

 

【2ヶ月に一度のお楽しみ】

お待たせいたしました、カーオーディオファンの2ヶ月に一度のお楽しみ、カーオーディオマガジン最新号入荷しました。お買い求めはお早めに!

晴れ渡った空。風が涼しいを通り越して肌寒くすら感じるようになってきました。

本日はハイエースへのセキュリティー施工です。日本製のセキュリティー、ユピテルのGRGOです。リレーアタックにも対策する機能をを持つ最新モデル。今回は同じくユピテルの360°撮影ドラレコとリアカメラのセットを同時にお買い上げいただきました。オプションとはなりますが、GRGOのセキュリティーでは警備中に威嚇動作をすると駐車監視カメラとしてドラレコを起動可能です。

 

それからこちらはオーディオ取り付け中のベンツAクラスのピラー。スコーカーの埋め込みマウント製作中です。

パテ研ぎしてても

木工室はきれいです。集塵システムが良く効いていますので、掃除の手間も省けてクリーンな作業ができています。

取り付けるスピーカーは

マイクロプレシジョン。いろいろと気を使うスピーカーですが、音出しが楽しみでなりません。僕ら以上にオーナー様は待ち望んでいることだと思いますのでしっかりきっちり作業進めていきます。

さて、今日はこのへんで。

 

 

【新しい展望デッキ】

台風による風の影響はほとんどなく、湿った空気を沢山運んできたせいかかなりジメジメとした天気になっています。

昨日は定休日でしたのでちょっと福岡空港にぶらっと行ってきました。

当店からだと博多駅に向かう途中にあるのが福岡空港。だいたい車で15分くらいの距離でしょうか。ちなみに九州の大動脈九州自動車道、太宰府インターまでは車で約2分。太宰府インターと接続する国道3号線から空港までの途中に当店があります。

滑走路の延長線上にお店があるのでコロナの前はひっきりなしに上空を飛行機が旋回していきました。5分に一度くらいの頻度でしたが今はかなり静かになっていますね。

国内線ターミナルの改装工事もほぼ終わり、この8月からは展望デッキがリニューアルされました。

以前の展望デッキを訪れたことがある方はわかるかと思いますが、圧迫感のない開放的なテラスになりました。以前はすこし息苦しいイメージでしたので、こういう青空の下では爽快です。

滑走路も以前より見やすくなりましたし。

展望デッキの横にはビアガーデンが併設。その名も 「SORAGAMIAIR(ソラガ・ミエール)」

オープンカフェのような扉があるので冬でも大丈夫なそうです。

相当な広さでした。

滑走路のライブ映像がみられる超大型スクリーンも。

ここを訪れたのは正午過ぎでしたが、すでに生ビールを飲んでいる人もチラホラといましたね。

これ以外にもいろいろな新しいお店がオープンしていますし、九州各地のお土産物も購入できるお店が並んでいます。地元の人も意外と楽しめる空間ですので気になった方はぜひ。

今日はオーディオでもセキュリティーでもありませんでしたがこのへんで失礼します。

【DOPからCYBERへ】

連日夏日が続いていますね。今年の夏は子どもたちもまだ学校に通っているのでかわいそうに感じます。教室でエアコン入れてもらったとしてもウダルような暑さの中での通学は制服も汗だくで、コロナだけでなく熱中症の心配も必要ですね。最近、外でマスクをしていないと指摘するような声も聞きますが、熱中症予防のためには状況に応じてマスクを外すことも必要になってくると思います。ついつい世知辛い世の中に流されてしまいますが他人を思いやる気持ちを持ちながらこの苦難を乗り越えたいですね。

さて、

本日はVOXYの作業をさせていただいています。以前、スピーカーやパワードウーハーを施工させていただきました。

今回はサイバーナビの9インチDCモデル。AVIC-CQ910DC。通信モジュール付きで定番のAMAZON FIRE TV STICKとのセット。

純正のディーラーオプションナビが装着済みでしたので、純正のパネルなど総入れ替えで取り付けていきます。NOAHやVOXYは純正の仕様により、カメラとかのパターンがいろいろあってなかなか予想外の事も起きます。仕上がってしまえばとてもスマートなんですが、白鳥が水面でばたばたと水をかくように、施工のときは試行錯誤しながらすすめていきます。ディーラーオプションナビからサイバーナビへの変更で、音は激変するでしょう。楽しみです。

では今日はこのへんで。

【サイレントチューニング】

昨日ドラレコの記事をブログで掲載させていただいたせいか、今日はドラレコの商談でたてこみました。やはり新製品の360°モデルが人気です。27000円(税抜)と価格の魅力が大きいようです。

最近はあおり運転のことばかり取り上げられていますが、本来は事故のときに何が起こったかをしっかりと記録してくれていてとても有用なものです。時には空を流れてくる隕石が写ったりすることもありますね。

購入をお考えのときはぜひ、当店にご相談ください。

さて、今日は

サイレントチューニングのご紹介。車内静音処理です。オーディオのために施工される方よりも、ただ単にロードノイズを抑えたいとか、外からの騒音を抑えたいとか、ドライブ中のストレスを解消することを目的にご相談いただく方が多いです。

車両によっては雨の日に天井を叩く雨粒の音がうるさくて・・・というご相談もあります。

施工内容としては、フロアやルーフの施工では車室内のシートやカーペット、パネルなどとにかく外していかないと施工までたどり着きませんのでなかなかに大掛かりなものです。

だからこそ、大きな効果が出ます。フロア・トランク・ルーフの施工をした車両では、室内に乗り込んでドアを締めると、静けさで耳鳴りを感じるほどに効果が出ます。当店のような大通りに面したお店では、国道を走る車の音が随分小さくなって聞こえます。

騒音が静かになれば特に高速道路などで長距離を走るときにはより効果が実感できて疲れを感じにくくなります。

デッドニング材料のメーカーの多くは、防振材・遮音材・吸音材などいろいろなものを取り揃えていますので、一つのブランドで全部を終えることもできますが、当店ではそれぞれのブランドの製品を実際に使ってみて、費用対効果を見極めて、なおかつ部材同士の組わせを考慮して使うものを選定しています。

またそれぞれの特性を活かすための張り方も考慮しなくては素材の良さが引き出せないのも、サイレントチューニングの難しいところ。

ルーフに関してはさらに熱対策も考慮して、これからの夏などにはありがたいエアコンの効きにも影響してきます。

車両には鉄板だけでなくたくさんの樹脂パーツがありますのでこれらを抑えることも忘れてはいけません。そして、抑えたいノイズに合わせての施工も大事で車内くまなくチューニングすると、それはそれで重量が増してしまいますので適切に適度にというのも必要になります。

当店では車格に合わせて価格設定していますが、実際の施工では車両の状態により使う部材を臨機応変に組み替えて施工していきます。

いままでにも様々な車種への施工をしてきていますので、ご来店いただければ施工写真などもご覧頂きながら商談が可能です。

もちろん、ホームページには価格も掲載していますのでメールでのやり取りでの商談も可能です。

車室内の静音をお考えの際はぜひご相談ください。

【DEH-970 ハイレゾ】


本日は長崎からお越しのアルファードへのセキュリティー施工。

新しくなったGRGOをベースに

リレーアタック・コードグラバー対策としてKLBIGLAをダブルで装備。面倒な操作はなく小さなチップを一緒に持ち歩くだけなので使い方も簡単です。

1泊2日でのお預かりです。納車まで少しお待ち下さい。

さて、ちょっと話は変わりますが、当店のホームページに最近「DEH-970 ハイレゾ」というワードでたどり着く方がパラパラといることに気づきました。それに関連したブログを以前あげたのかもしれませんが、一応もう一度ご紹介してみることにします。

「DEH-970」とは

カロッツェリアの1DINのCDプレーヤーです。発売されてから久しいですがいまでもDEH-P01の弟分として人気のユニット。35000円税抜。内蔵アンプでのマルチ接続など音に関するところは当然で、さらにはRCA入力、AUX入力、2系統のUSB入力など、対応能力もすばらしい。

音質にこだわる方がこの970を選ぶことが多いのでハイレゾにも興味を持っているということではないでしょうか。ただ、世代の問題でこのプレーヤーは直接のハイレゾ再生ができません。

このDEH-970を使いながらハイレゾ再生するいくつかの方法をご紹介していきます。

まずはFLACなどには対応していませんので、USB接続でハイレゾ機器をつないでもダメです。

デジタルのまま送って一度限りのD/A変換を高音質なチップで行う形が理想ではありますが、とはいえ、このプレーヤーは何しろ音がいいので、MP3だっていい音で再生できる能力を持っています。

一番簡単なハイレゾ再生はブルートゥースを使った方法でしょう。ケーブルも必要ありません。スマホやミュージックプレーヤを使います。DAPと呼ばれるウォークマンなどです。970はLDACには対応していませんので当然劣化はしてしまいますが、スマホなどにハイレゾ再生可能なアプリを入れて、ハイレゾ音源を再生して970へブルートゥースで飛ばす。スピーカー交換などしてそこそこの再生能力があれば意外に侮れない音が楽しめるはずです。なにより手軽にスタートすることができるのでおすすめです。何万円もするユニットを揃えることもなく、まずはスマホのアプリ(大体1000円くらい)を用意するだけ。

ソースをブルートゥースにして

再生装置のブルートゥースと同期させれば、曲飛ばしなどの操作も970でできますから安全ですし使い勝手がいい。意外と高額なシステムを積んでいる方でも日頃はブルートゥースで楽しんでいたりします。とにかく気軽に楽しむことも重要です。ちなみに、スマホなどよりもオーディオ専用のプレーヤーのほうがブルートゥースでも音質がいい場合が多いです。スマホと両方お持ちの方は是非試してみてください。

これと同じくらいに簡単なのはミュージックプレーヤーのヘッドフォン端子からミニジャックで取り出して

970の外部入力へ挿す。これも簡単です。ただケーブルが邪魔だと感じるかもしれません。ミュージックプレーヤーのボリュームも連動していますのでそのあたりも慣れがいりますね。もう一つ重要なのは、D/A変換をミュージックプレーヤー側で行うのでその機種の性能に音質がかなり左右されます。場合によってはブルートゥースの方がいい場合もありますし、その逆も。これも試してみていい方を選ぶことになります。曲飛ばしなどの操作は970ではできませんでの走行中はご注意ください。予め取り付けのときに970の裏からRCAをAUXにつないでおくと少しスマートに取り付けは可能です。

もう少し音にこだわって、質のいいD/Aコンバーターを使う方法。

オーディオテクニカのAT-HRD500(70000円)やAT-HRD-1(15000円)、他にはポタアンなどと呼ばれる持ち運び用のヘッドフォンアンプなどでも代用可能ですが、オーディオテクニカの製品は車載用としてしっかり作られていますのでここではこれをご紹介します。スマホやミュージックプレーヤーをUSBを接続でこのユニットに接続すると、高品質なD/Aコンバーターを使ってアナログに変換してくれます。D/D変換してコアキシャルや光へも変換可能ですが、今回は970への接続ですからアナログのRCAへ。このHRD500はアナログの出力電圧もしっかりと確保しています。これを先程の970のミニジャックや背面のRCA入力へ接続してあげると、①や②で紹介した音とは格段違うハイレゾサウンドが再生できます。70000円出せばハイレゾ再生に対応したヘッドユニットが買えるかもしれませんが、ここは970を使う前提ですのでご了承ください。

970はCDメディアをしっかり再生する力を持っていますので、ハイレゾ対応ではないからなどと心配せずまずは手軽なところからハイレゾを始めてみてくださいね。

最近このような検索が多かったので説明してみました。

では今日はこのへんで。

 

【PUREコンディメンタ】

昨日はユピテルのレーザー探知機関連の話題でしたが今日はオーディオの話題です。

 

仮想アースVE-01が話題となった光城精工さんからの新商品。

 

NVE-03 Pureコンディメンタ

 

*********************************************************************************************今回リリースする「Nve-03」は、高周波ノイズに対応すべく、高周波特性に優れたフィルムコンデンサを容量別に配列(高周波インピーダンスを低減化)し、インバータやスイッチング電源、内部クロックなどから発生されるノイズを抑制、減衰するものになっています。

加えて、弊社の仮想アース技術機能を複合搭載。ボディアース(GND)ノイズの低減も行う、新発想コンディショナ「Pureコンディメンタ」です。

************************************************ホームページより抜粋*******************

光城精工さんのホームページに詳しく解説されていますが、最近のデジタル化されてきた車両特有のの高周波ノイズを減衰させるフィルターとさらに仮想アース機能をドッキングさせた、新発想の商品だそうです。

すでに仮想アースVE01をお持ちの方も

追加できるように端子が設けられています。端子台もガッチリしたものが使われていますので大型のアンプなどにも対応できます。4AWG対応だそうです。

キャパシタや安定化電源への接続例もホームページに掲載されていますが、今のはやりのシステムにきっちり対応できるように考えつくされているという印象を強く持ちました。

発売が6月1日からとなっています。現在は予約受付させていただいています。

詳細はメーカーサイトにてご確認ください。