【サイレントチューニング】

昨日ドラレコの記事をブログで掲載させていただいたせいか、今日はドラレコの商談でたてこみました。やはり新製品の360°モデルが人気です。27000円(税抜)と価格の魅力が大きいようです。

最近はあおり運転のことばかり取り上げられていますが、本来は事故のときに何が起こったかをしっかりと記録してくれていてとても有用なものです。時には空を流れてくる隕石が写ったりすることもありますね。

購入をお考えのときはぜひ、当店にご相談ください。

さて、今日は

サイレントチューニングのご紹介。車内静音処理です。オーディオのために施工される方よりも、ただ単にロードノイズを抑えたいとか、外からの騒音を抑えたいとか、ドライブ中のストレスを解消することを目的にご相談いただく方が多いです。

車両によっては雨の日に天井を叩く雨粒の音がうるさくて・・・というご相談もあります。

施工内容としては、フロアやルーフの施工では車室内のシートやカーペット、パネルなどとにかく外していかないと施工までたどり着きませんのでなかなかに大掛かりなものです。

だからこそ、大きな効果が出ます。フロア・トランク・ルーフの施工をした車両では、室内に乗り込んでドアを締めると、静けさで耳鳴りを感じるほどに効果が出ます。当店のような大通りに面したお店では、国道を走る車の音が随分小さくなって聞こえます。

騒音が静かになれば特に高速道路などで長距離を走るときにはより効果が実感できて疲れを感じにくくなります。

デッドニング材料のメーカーの多くは、防振材・遮音材・吸音材などいろいろなものを取り揃えていますので、一つのブランドで全部を終えることもできますが、当店ではそれぞれのブランドの製品を実際に使ってみて、費用対効果を見極めて、なおかつ部材同士の組わせを考慮して使うものを選定しています。

またそれぞれの特性を活かすための張り方も考慮しなくては素材の良さが引き出せないのも、サイレントチューニングの難しいところ。

ルーフに関してはさらに熱対策も考慮して、これからの夏などにはありがたいエアコンの効きにも影響してきます。

車両には鉄板だけでなくたくさんの樹脂パーツがありますのでこれらを抑えることも忘れてはいけません。そして、抑えたいノイズに合わせての施工も大事で車内くまなくチューニングすると、それはそれで重量が増してしまいますので適切に適度にというのも必要になります。

当店では車格に合わせて価格設定していますが、実際の施工では車両の状態により使う部材を臨機応変に組み替えて施工していきます。

いままでにも様々な車種への施工をしてきていますので、ご来店いただければ施工写真などもご覧頂きながら商談が可能です。

もちろん、ホームページには価格も掲載していますのでメールでのやり取りでの商談も可能です。

車室内の静音をお考えの際はぜひご相談ください。

【DEH-970 ハイレゾ】


本日は長崎からお越しのアルファードへのセキュリティー施工。

新しくなったGRGOをベースに

リレーアタック・コードグラバー対策としてKLBIGLAをダブルで装備。面倒な操作はなく小さなチップを一緒に持ち歩くだけなので使い方も簡単です。

1泊2日でのお預かりです。納車まで少しお待ち下さい。

さて、ちょっと話は変わりますが、当店のホームページに最近「DEH-970 ハイレゾ」というワードでたどり着く方がパラパラといることに気づきました。それに関連したブログを以前あげたのかもしれませんが、一応もう一度ご紹介してみることにします。

「DEH-970」とは

カロッツェリアの1DINのCDプレーヤーです。発売されてから久しいですがいまでもDEH-P01の弟分として人気のユニット。35000円税抜。内蔵アンプでのマルチ接続など音に関するところは当然で、さらにはRCA入力、AUX入力、2系統のUSB入力など、対応能力もすばらしい。

音質にこだわる方がこの970を選ぶことが多いのでハイレゾにも興味を持っているということではないでしょうか。ただ、世代の問題でこのプレーヤーは直接のハイレゾ再生ができません。

このDEH-970を使いながらハイレゾ再生するいくつかの方法をご紹介していきます。

まずはFLACなどには対応していませんので、USB接続でハイレゾ機器をつないでもダメです。

デジタルのまま送って一度限りのD/A変換を高音質なチップで行う形が理想ではありますが、とはいえ、このプレーヤーは何しろ音がいいので、MP3だっていい音で再生できる能力を持っています。

一番簡単なハイレゾ再生はブルートゥースを使った方法でしょう。ケーブルも必要ありません。スマホやミュージックプレーヤを使います。DAPと呼ばれるウォークマンなどです。970はLDACには対応していませんので当然劣化はしてしまいますが、スマホなどにハイレゾ再生可能なアプリを入れて、ハイレゾ音源を再生して970へブルートゥースで飛ばす。スピーカー交換などしてそこそこの再生能力があれば意外に侮れない音が楽しめるはずです。なにより手軽にスタートすることができるのでおすすめです。何万円もするユニットを揃えることもなく、まずはスマホのアプリ(大体1000円くらい)を用意するだけ。

ソースをブルートゥースにして

再生装置のブルートゥースと同期させれば、曲飛ばしなどの操作も970でできますから安全ですし使い勝手がいい。意外と高額なシステムを積んでいる方でも日頃はブルートゥースで楽しんでいたりします。とにかく気軽に楽しむことも重要です。ちなみに、スマホなどよりもオーディオ専用のプレーヤーのほうがブルートゥースでも音質がいい場合が多いです。スマホと両方お持ちの方は是非試してみてください。

これと同じくらいに簡単なのはミュージックプレーヤーのヘッドフォン端子からミニジャックで取り出して

970の外部入力へ挿す。これも簡単です。ただケーブルが邪魔だと感じるかもしれません。ミュージックプレーヤーのボリュームも連動していますのでそのあたりも慣れがいりますね。もう一つ重要なのは、D/A変換をミュージックプレーヤー側で行うのでその機種の性能に音質がかなり左右されます。場合によってはブルートゥースの方がいい場合もありますし、その逆も。これも試してみていい方を選ぶことになります。曲飛ばしなどの操作は970ではできませんでの走行中はご注意ください。予め取り付けのときに970の裏からRCAをAUXにつないでおくと少しスマートに取り付けは可能です。

もう少し音にこだわって、質のいいD/Aコンバーターを使う方法。

オーディオテクニカのAT-HRD500(70000円)やAT-HRD-1(15000円)、他にはポタアンなどと呼ばれる持ち運び用のヘッドフォンアンプなどでも代用可能ですが、オーディオテクニカの製品は車載用としてしっかり作られていますのでここではこれをご紹介します。スマホやミュージックプレーヤーをUSBを接続でこのユニットに接続すると、高品質なD/Aコンバーターを使ってアナログに変換してくれます。D/D変換してコアキシャルや光へも変換可能ですが、今回は970への接続ですからアナログのRCAへ。このHRD500はアナログの出力電圧もしっかりと確保しています。これを先程の970のミニジャックや背面のRCA入力へ接続してあげると、①や②で紹介した音とは格段違うハイレゾサウンドが再生できます。70000円出せばハイレゾ再生に対応したヘッドユニットが買えるかもしれませんが、ここは970を使う前提ですのでご了承ください。

970はCDメディアをしっかり再生する力を持っていますので、ハイレゾ対応ではないからなどと心配せずまずは手軽なところからハイレゾを始めてみてくださいね。

最近このような検索が多かったので説明してみました。

では今日はこのへんで。

 

【PUREコンディメンタ】

昨日はユピテルのレーザー探知機関連の話題でしたが今日はオーディオの話題です。

 

仮想アースVE-01が話題となった光城精工さんからの新商品。

 

NVE-03 Pureコンディメンタ

 

*********************************************************************************************今回リリースする「Nve-03」は、高周波ノイズに対応すべく、高周波特性に優れたフィルムコンデンサを容量別に配列(高周波インピーダンスを低減化)し、インバータやスイッチング電源、内部クロックなどから発生されるノイズを抑制、減衰するものになっています。

加えて、弊社の仮想アース技術機能を複合搭載。ボディアース(GND)ノイズの低減も行う、新発想コンディショナ「Pureコンディメンタ」です。

************************************************ホームページより抜粋*******************

光城精工さんのホームページに詳しく解説されていますが、最近のデジタル化されてきた車両特有のの高周波ノイズを減衰させるフィルターとさらに仮想アース機能をドッキングさせた、新発想の商品だそうです。

すでに仮想アースVE01をお持ちの方も

追加できるように端子が設けられています。端子台もガッチリしたものが使われていますので大型のアンプなどにも対応できます。4AWG対応だそうです。

キャパシタや安定化電源への接続例もホームページに掲載されていますが、今のはやりのシステムにきっちり対応できるように考えつくされているという印象を強く持ちました。

発売が6月1日からとなっています。現在は予約受付させていただいています。

詳細はメーカーサイトにてご確認ください。

【ZとGTR】

いいお天気が続いていますね。嫌なニュースも青い空を見ていると一時は忘れます。僕は休みの日は家にいることがない派なんで、ここのところの休みの日は久々に家で過ごしています。こんなときでもないとできないことをして、時間を有意義に、といってもやれることも限られてきますよね。

最近は配信で映画やドラマを見まくっています。ゴールデンウイークは実家にも帰らず家で過ごすことになるので、何をするか今考えているところです。みなさんはどうですか?

さて本日は、

日産のスポーツカーが2台。

手前のフェアレディZは先日セキュリティーを施工させていただいたお客様で、今日はバックカメラの施工です。

奥の34GTRは

セキュリティーの施工です。お車を購入されてそのままお預かりしました。

納車日に当店にご来店いただきセキュリティーの施工をご相談いただきましたが、車が車だけにセキュリティー無しで乗って帰るのは心配だということもあり、別の作業は入っていましたが、そのままお預かりさせていただきました。

別の作業の合間を見ながら、通常より日数はかかりましたが無事本日納車させていただきました。

ユピテルのGrgoに傾斜センサーなどのオプションも付けています。そ~っとジャッキアップしても即発報してくれるのでタイヤホイルも安心です。

当店ではGTRの入庫は比較的多く、どの型式に乗っていらっしゃるオーナーさんも防犯意識が高い方が多いです。そのためオプション追加率が高く、今回の傾斜センサーと、人影に反応するマイクロ波センサーなどがよくでます。さらにはバッテリー内蔵のサイレン、バックアップサイレンやユピテル製品のGrgoやパンテーラはドラレコを連携させて防犯カメラにされる方も多いですね。

どんなオプションがあるかもお気軽にご相談ください。

すでにセキュリティー施工済みでも追加は可能です。

では今日はこのへんで。

【静かな週末】

全国に緊急事態宣言がだされて初の週末。

その効果があったのか、今日は来客もほぼなく、静かな1日になりました。商売としては良くないことですが、1日も早くこのコロナ問題が収束するのであれば大歓迎です。いい天気だったのでもったいないかもしれませんができるだけ外出を控えて、とはいえ健康のためにも散歩とか、密にならない程度の運動は心がけたいですね。ともかく、皆様に良い週末を。

さて、

今日はお預かりのお車の作業はバタバタと慌ただしくしていますが、商談の方は暇だったのでホームページの手直しをしていました。

最近は、大人気の66・99セットを超えるアクセスが続いているのがアンプ内蔵DSPのページです。

最近はさらにブランドもモデルも増えたので、もう少し商品を拡充してご紹介しようと思います。

近日アップできますのでお楽しみに。

アンプ内蔵でないDSPに関しては今ページを設けていないので作ろうと思っています。そちらも楽しみにお待ちください。

では今日はこのへんで。

【花筏】

ここのところいい天気が続いていますが政府からの緊急事態宣言が出され、福岡でもできる限り外出を自粛するように言われていますので、先日の休みは食料品の買い出しくらいで、

とはいえ家にじっとしているのももったいないので

いつもの散歩道を歩いていると、たくさんの桜の花びらが散っていました。横の小川は花いかだになっていました。

帰ってからはネット配信の

スター・ウォーズの最新作を日本語と英語で2度見。ブルーレイは予約済みですが、おかげで出かけずに家にいる時間を有意義に過ごせました。

さて、

当店ではできる限りのコロナウイルス対策をして営業しています。

今後の状況により営業自粛等も検討いたしますが、カーセキュリティーなどはお車の納車に合わせて施工を望まれるお客様も多く、もちろん泥棒は待ってくれませんので細心の注意をはらいつつ対応させていただいております。

お車をお預かりするピットには運送屋さんも含め関係者以外の入室をご遠慮いただくことにしました。

店内の方も入り口すぐにアルコール消毒をご用意して入店時に手洗いのご協力をお願いしています。もちろん定期的な換気、またテーブルや椅子なども消毒などこまめに行なっています。

入庫や納車、またメンテナンス等でご来店の際はぜひご利用ください。

お見積り等はメールでも対応させていただいております。こちらもぜひご利用ください。

【春】

今日も暖かないい天気です。春を感じます。桜は開花になったとはいえ、まだ咲き誇ってはいません。楽しみですね。

さて、

本日は常連のお客様の奥様の車両にスピーカー取り付け。

リアスピーカーがDピラーにあり、しかも小さいし、後ろから来るので聞き取りにくい、ということでリアドアへインストール。

もともとリアドアにスピーカー線が来ていませんでしたので新たに引きます。ドアはカプラーなので加工して配線の必要があり、そんなわけで適合書では不可になっております。

無事カロッツエリアのTS-C1630をインストールさせていただきました。

こちらでは新車のプラドへのセキュリティー施工。

ユピテルのGrgo ZVシリーズの取付です。

只今キャンペーン中によりお得になります。詳しくはこちら

期間は3・31ご成約分までとなっています。まだ間に合いますのでぜひ!

さて今日はこのへんで。

 

【アディショナルタイム】

本日は2月29日。閏年にしかない、4年に一度のアディショナルタイムみたいなもんでしょうか。

4年に一度は来るもんだと思っていたら、例外もあるそうで、西暦で100の倍数の年では400で割り切れない年は閏年にならないそうですね。次はいつかというと2100年だそうです。生きてないですね。

そんな本日は

ピットでHELIX DSP ULTRAを取り付け中。たまたまですが2台に取り付け中です。HELIX DSP PROやDSP PRO Mk2からのグレードアップのご相談が多いです。Mk2などは現行品ですし、これ自体かなりいい音がしますが、ULTRAを聴いてしまうとその差には惹かれてしまいます。見た目はあまり変わらないんですけどね、価格の7万円の差はしっかりとでてきます。すでにHELIX DSP PROなどをお持ちの方でしたら、やや大きくなるますが、作り込みなどしてない限りは交換は比較的簡単です。気になる方はぜひご相談ください。

もちろん新規からの購入もしっかりご提案させていただきますのでぜひ!

昨日夕方お預かりしましたプリウスのPHV。納車されてほぼそのままお持ち込みいただきました。車買い替えのためオーディオなど一通り載せ替えです。納車されたばかりでドライブを楽しみたいところだと思いますが、しっかり作業させていただきますのでもうしばらくお待ち下さい。

さて、今日はこのへんで。

【波紋】

昨日発表になった小中高の臨時休校は大きな波紋を広げていますね。僕は中学生の子供が二人いて、一人は今年卒業なのでできれば残された日々を通学して噛み締めながら中学校生活を終えてほしいなと思いますが、今回のような非常事態ではやむを得ない部分も感じます。若い世代では重症化しにくいとはいえ家族に高齢者がいるご家庭ではやはり心配だと思います。全国的に休校しなくてはいけないかどうか、とか考えることはたくさんありますが、思い切ったこの判断で感染が収束に転じてくれれば、後で振り返って価値はあったと言えると思います。

どのような形かはわかりませんが思い出に残る卒業式はしてあげてほしいなと思います。それにまだまだこれから受験のお子さんたちもいますから、負けることなく頑張って欲しいですね。社会全体で応援してあげたいです。

 

さて、いろいろと世の中は動いていますが、例年通りお車買い替えで納車待ちの時期になっております。昨日もお知らせした

ユピテルのGrgo”V”シリーズの発売を記念したキャンペーンを開催しますので、セキュリティーお考えの際はぜひ!

くわしくはこちら

【GRGO新製品とオーディオテクニカ新製品】

今日はまずキャンペーンのお知らせ。

ユピテルのカーセキュリティーGRGOから新製品が登場します。”V”シリーズ

3月初旬からデリバリー開始となります。当店でもすでにご予約を頂いております。この新製品登場にあわせてキャンペーンを行います。

期間は2020年3月1日(日)から2020年3月31日(火)までの1ヶ月間。

詳しくはキャンペーンページでご確認ください。

 

今度はオーディオの話題。

オーディオテクニカレグザットシリーズのRCAケーブルがモデルチェンジです。ラインアップでいうと中間グレードとなります。従来のAT-RX28がAT-RX280Aへ。

全体的に1,000円ずつ価格がアップしました。

左側が旧モデルAT-RX28で右がニューモデルAT-RX280A。プラグのモデルの印字くらいしか違いは見分けられません。実際、変わっていないそうです。ということはマイナーチャンジか・・・と思ってしまいます。価格もほぼ変わらないので。

ところが、今回は信号を伝送するケーブルがD.U.C.C.へ変更されています。これは更に上位モデル、70cmで15万円というAT-RX5500Aに採用されている最高水準の高純度銅を使った7Nのケーブル。それが70cmなら36,000円という価格で買えるということですね。

もちろん音のほうが大事なので旧モデルと新モデルの比較試聴を当店の試聴室にて試させていただきましたが、これは音の方向性が確実に変わりました。より明瞭で芯があります。ピアノでは音にエッジが立ち解像度のアップが一聴で感じられました。

ここで

当店のディスプレイで使っている15万円のRX5500Aとの比較試聴。もちろん全体的なクオリティーではRX5500Aに軍配が上がりますが、旧モデルと新モデルの音の方向性の差はここですね。RX5500Aに大きく近づきました。RX5500Aはかなり高額だし、マルチともなるとRCAは一組ではすみません、2組3組となると30万、45万と価格が跳ね上がります。音質方向はRX5500Aはに寄せられていますのでコストを抑えつつ、あの音へと近づけていくことができる、これは歓迎すべき新商品だと思います。

すでに商品は発売になっていますのでこれからRCAを選ぶという方にはぜひ選択肢に入れていただきたいなと思います。

メーカーサイトはこちら

では今日はこのへんで。