【水曜日の来店予約商談開始します】

今日はお知らせです。

当店の定休日は毎週水曜日ですが、来年1月より、毎月2回、第2・4の水曜日を来店予約商談日として対応させていただくことにしました。

今年、水曜日を他のお休みの振替で営業することがあったんですが、お客様の中には当店と同じ水曜日がお仕事のお休みの日でなかなか来店ができないという方が思いの外ご来店いただきました。そんなことがあって、タイミングを見て水曜日にご来店頂ける仕組みをと考えておりましたが、ともかく、2022年1月よりこういう形にてとりあえず対応させて頂く形となります。

メールやお電話にて事前にご予約を頂く形とはなりますが、毎月第2・第4の水曜日でAM10:00からPM4:00の間でご予約いただければその時間帯で商談や、ご相談を承ることといたします。基本的にはお店は定休日ですのでメンテナンスや取り付け等の作業は行いません。

メールでお尋ねいただいた場合、日程を調整して後日お返事を差し上げます。ご要望の日程に添えない場合もありますのでその時は別日にて調整をお願いすることもあります。

また、水曜日に限らず、ご来店予約は今でも頂いております。店休日以外は予約なしでのご来店大歓迎ですが、事前にご来店予約をいただき車種等のお車の情報、またご相談内容などを教えていただいておくと商談の準備をしておきますので比較的スムーズにお話が進みます。

今日のお知らせは来年から第2・4水曜日、来店予約商談日としますというお知らせでした。

ではまた。

【フロント3WAYページ更新】

本日納車させていただきました、

ランクル300。今月にはいってやっと届いたというお客様が結構いらっしゃって施工が多かったので、データー取りなどが一段落し、これからは少しづつ作業の短縮化も図っていけそうです。こちらのお客様もオプションてんこ盛りのがっちりガード仕様で施工させていただきました。ランクル300のオーナー様の多くがいろいろとセキュリティーを下調べされてお問い合わせいただくことが多く、比較的商談がスムーズです。指紋認証など実際に施工してみないとわからない機能があったり未知の車両でしたが、当店では比較的早く納車されたお客様がおおかったので助かりました。まだまだ納車待ちのお客様からのオーダーを頂いていますのでこの経験値を生かして施工してきます。

さて、本日ホームページの

フロント3WAYページを更新しました。

商品を追加したり一部入れ替えたりしています。3WAYのこのパッケージはツィーターとスコーカーのAピラー埋め込みの工賃までが込となっています。ドアはインナー取り付けですので奥行きが入るか入らないかはスピーカーをお選びいただく上で重要なポイントとなります。また、車両によってはツィーター・スコーカーの取り付けでも追加が必要な場合もあります。詳細はお気軽にご相談ください。

【2022年版カレンダー完成!】

こんにちは。今日はお知らせを一つ。

今年もこんな時期になってしまいました。

大好評いただいています、ANGオリジナルカレンダー2022年版。

毎年代わり映えはしませんが、ゴシック体の日付で見やすく、書き込みができて、上に前月と2ヶ月先までのカレンダーがあって便利、さらにはクラフト紙で雰囲気がいいと、毎年この時期はこのカレンダーを入手しにたくさんの方にご来店いただきます。当店をご利用いただいているみなさまへの感謝の気持ちですのでぜひご来店の上お持ち帰りください。スタッフにお声かけていただければ用意いたします。そこそこ用意はしていますが、数に限りがありますのでご希望の方はお早めにお願いいたします。

 

【リニューアル!ディスプレイ試聴機種ご紹介のページアップしました!】

暑いですね。今日は天気予報でも高温注意報が出てました。久留米では39℃予報だとか。福岡でも37℃予報ですがアスファルトの上では体感で40℃は軽く超えてるのではないかと感じました。コロナもですが、熱中症にもくれぐれもお気をつけください。

さて、今日はホームページのディスプレイの試聴可能機種紹介ページを更新しました。試聴室のリニューアル後大幅に試聴機が増えましたのでそのご紹介です。

広角レンズで撮ったもののそれでも全部は映りません。

まるで合わせ鏡ですがリアルにこの数並んでいます。

従来は1段で12機種でしたが格段10機種の合計20機種にしました。

こちらは先程の試聴機の側面にあるハイエンドコーナー。こちらは新規製作で6機種が入っています。これと別にBMWトレードイン交換用のスピーカーが1機種とアルパインの専用エンクロージャー入りが1機種ありますので現状では28機種が試聴可能です。

カロッツェリアの人気のパワードウーハー「TS-WH1000A」とKICKERのパワードウーハー「HS10」も試聴可能です。

ウーハーも3機種。低価格なBOXセットモデルとDIATONEのSW-50、税込みで20万円を超えるJL AUDIOのウーハーを試聴できます。

以前、一部の試聴機を録音してYOUTUBEにサンプルをアップしましたが、折を見て新しいスピーカーもアップする予定です。今回はマイクロプレシジョンの7シリーズが入りましたし、フランスのBLAMはMULTIXやLIVEなどラインアップを豊富に導入しました。現状は66セットで5機種、99セットで9機種、158セットが5機種試聴できます。不定期に入れ替えをしますが、各パッケージ複数ご試聴いただけるようには配慮していこうと思っています。

ぜひ、ご来店いただいていろいろとご試聴ください。

試聴機種ご紹介のページ

【試聴室:9割】

今日は速報気味にお知らせを。

改装中の試聴室が、ひとまず木工作業を終えて音が出るところまでたどり着きました。

個人的には見慣れてしまったので違和感はありませんが、来店された方が結構驚くスピーカーの数です。

今回の改装で常時スピーカーが26機種、これとは別にBMW用のトレードインBLAM、それから専用BOXに入ったアルパインのスピーカーがありますので28機種の試聴が可能です。

まだ最終の音を確認や設定、あとは大事な片付け掃除が済んでいませんので残り1割というところです。

週末辺りからは普通に使えるようになる予定です。

ディスプレイで聴けるスピーカーのラインアップはホームページの方にアップしますのでしばらくの間お待ち下さい。

これだけあると、迷いますね。

【残すところあと10日ほど】

今日は祝日なんでしたね、うっかりしてました。わかっていたのに。19日の海の日が今日に変わったんでしたね。当店のカレンダーは黒のままだから、平日だと思ってたところ、店の前の国道3号線は朝から渋滞。

そこで思い出しました。そんなわけで今日は商談が多く忙しくなりました。思っていたより作業も進まず、残りわずかとなったサマーキャンペーンもご利用いただきつつ、いろいろお話しいただきありがとうございます。

残すところキャンペーンは10日ほどです。

カーオーディオ、カーセキュリティーをご検討の方はぜひこの機会に、

明日も祝日ということで、たくさんのご来店こころよりお待ちしています。

ではきょうはこのへんで。

【解体】

昨日の七夕は天の川も見れず、そして今日はといえばものすごい湿度。

エアコンが効いている室内と外気との差でガラスは曇っています。この状態では外に出ると眼鏡は途端に真っ白ですね。ベタベタとした空気が体にまとわりつく、そんな体感です。

さてそんな今日は

いよいよ試聴室を解体して組み直しに入りました。ここばかりにかかりきりにもなれないので、様子をみながらやってきましたが、ここから先はひとまず試聴室を解体しないと進まないのでこのような状況です。

しばらくの間、ご来店頂く皆様にはご不便おかけします。商談の邪魔にならないよう静かに工事します。

よろしくおねがいします。

【いよいよ来週スタート】

6月最後の週末となりました。

来週より開催のサマーセールのお見積り、ご成約、すでにたくさん頂いております。

ブログやホームページでこのセールのことを知った新規のお客様もここのところ多く、特典を使ってのご成約をいただいています。

この夏の特徴としては、まだセールが始まってすらいませんが、事前のご相談の内容からいくと、アンプのお買い上げが多くなっていますね。少し手が出なかったハイエンド級のアンプとか。

あとはハイレゾ絡みのヘッドユニット。この間ご紹介したカナリーノ12VもそうですがDAPやナビ。

セキュリティーはちょうど近々納車予定のお客様がキャンペーンを使って安くなる分をオプションに補充されたりということが増えています。

セキュリティーはユピテル製品で品薄が続いていますが、当店では少量ながら蓄えがありますのでいまのところはまだご案内可能です。

7月3日(土)からのこのキャンペーン、ぜひご利用ください。

【アルファード・ヴェルファイアのJBL仕様にも】

ビートソニックから新製品が登場しました。アルファード・ヴェルファイアのディスプレイオーディオでJBL仕様の車種でも外部入力が可能になるアダプターです。

メーカーサイトはこちらです。

本日、早速ご注文いただいていたお客様に取り付けさせていただきました。

画面の左下のJBLのロゴとハザードスイッチがパネルの真ん中にある仕様に対応します。

ユニットはこんな感じのボックスです。施工後はこれは見えないところに行きます。HDMIケーブルとUSBケーブルを使いやすいところ、たぶんセンターコンソールの肘置きの中が便利かと思います。

HDMIでの入力が可能ですのでスマホのミラーリングとか、AMAZON FIRE TV STICKとかをつなげるイメージでしょうか。

純正のリアモニターへの出力は、HDMIの分配器を使ってコンソール後ろにあるリアHDMIへ接続することで可能です。

デジタルインプットインターフェース
HVXT01    69,300円(税込)
(取り付けは33000円~)

 

【DS-G400到着】

届きました!6月8日本日発売です。

DIATONEのニュースピーカー。DS-G400。税込み110,000円

DS-G300が88,000円でしたから少し価格はアップしています。

この後継機としてどんな音になったのか非常に楽しみなところです。

片方がDS-G300で片方がDS-G400。見た感じでは全くわかりませんが、

答えは右がDS-G400。

裏を見るとセンター部分の色が違いますね。それ以外ではほぼわかりません。一番需要な改良点は、NCVがNCV-Rに変わったこと。これはミッドレンジだけでなくツィーターも変更されています。

DS-SA1000で採用されたNCV-RはSA1000のピュアボロンツィーターに合わせられるミッドレンジを追求した結果生まれたそうです。その技術がこのDS-G400に活きている、といった感じなんですね。資料で見るとこれ以外にもかなり細かい処理が施されていて見えない細部に緩衝材がアチラコチラに入れられたりしてます。

ツィーターは、ハウジングが変わっているようでひと目で分かります。色はDS-SA1000をイメージしたメタリックブランだそうです。ハウジング形状の変更は内突法規に準拠させたためなんだとか。

スペックとしてはともかく、どう音が変化したのかは聴いてみるしかありません。ディスプレイにDS-G300と並べて設置しています。思ったより、だいぶ変わっていたので驚きました。資料で低域の・・・という言葉が多かったですが、これは低音がよく鳴るというのはなく低音が良くなっていますね。量が出るということではなく、かなりしっかりと解像度を持ってなるので、再現力が段違いです。これはワンランク上のスピーカーと言っても過言ではない。

ピアノソナタではピアノの重量感がDS-G300との比較試聴であきらかにG400にリアリティーが感じられます。G300も決して悪くないのに、G400ではそこにあるかのような実像感。

それからツィーターとミッドレンジが同素材であることの音の一体感はDS-G20からの特徴ですが、このNCV-RになったこのG400は更にそれが進化してクロスポイントを全く感じさせないようなつながりです。ネットワーク素子の定数も変更しているというのもきっとあるんでしょうね。

とてもいいですね。しばらく比較試聴可能ですのでご希望の方はぜひご来店ください。

さて、今日はこのへんで。