【AB級アンプ内蔵のDSP登場・試聴】

今日は新しいアンプ内蔵DSPのご紹介です。

ずいぶん早くからこのDSPの噂は聞いていました。アンプにこだわったアンプ内蔵DSP。

ミューディメンションという日本のブランドです。ロックフォードやグランドゼロをはじめ、有名所の海外カーオーディオブランドを多く正規輸入しているイース・コーポレーションさんが自社ブランドとして展開しています。20数年続いている歴史のあるブランドです。

今回はすでに販売中のDSP-680AMPV2の上位モデルとして登場のDSP610ABのご紹介。

10chアンプが内蔵されています。そのアンプがAB級というのが珍しい。殆どの場合、省エネで熱効率のいいD級アンプが使われています。一般的には高音質な外部アンプの殆どがAB級であることを考えると、アンプ内蔵DSPは手軽にシステムアップさせるための引き換えにアンプのグレードをD級に抑えていると言えるかもしれません。もちろん、アンプだけでなくDSPでもありますから、商品をアンプだけで評価することはできません。ただこのDSP610ABはその部分に特化したモデルということで期待値が高いなと思います。

また、入力が幅広いのもいいです。通常のハイレベルインで6ch、RCAで2ch(AUXとして)、デジタル入力としてOPTICALかCOAXのいずれか、さらにはBLUETOOTHにも対応しています。内部には電磁波吸収マットのRAM25や高音質ヒューズが採用されています。

別売りのコントローラーでソース切り替えやメモリ呼び出し、BLUETOOTHの曲操作ができるようです。

価格はDSP610AB132,000円(税込み)コントローラーは17600円(税込)

当店ではアンプ内蔵DSPページで工賃込み163900円でご紹介しています。

という感じでこのブログを書き上げたところ、偶然にも試聴機をもって営業さんが来店されました。

これは聴くしかないということで試聴室でさっそく聴かせていただきました。

ボディーも高級感が合っていいですね。電源も太いケーブルが使えますし、RCAプラグもしっかりしています。しいて言えばカプラーの都合上スピーカーケーブルはダイレクトに太いケーブルはさせないというところがちょっと残念なくらい。ケーブルにもこだわってシステムを組みたくなるくらいの音は出ました。

スピーカーはマイクロプレシジョンの7シリーズで試聴しました。いろいろとアンプ内蔵DSPを施工してきましたが、このDSPはたしかに音が違います。というより、10万円から20万円クラスの普通のアンプと遜色ないくらいのレベル。しかも10chもアンプが使えて、DSPがついていると考えると非常にお得だなと思います。このDSPは132000円税込みなので。中低域の解像度がしっかりしているのでスピード感があって余韻などの空間表現までゆったりと鳴らせます。質感表現も癖がなくて、しっとりとしたものも、明るくメリハリのある曲も、楽しく聴かせてもらえました。設定も何もせずアンプの音だけの試聴でしたが、これを実際に車にインストールした時、このDSPの良さが引き出せそうで、ちょっとわくわくする商品だと思います。

事前に聞いていた噂通りの商品ですね。いまアンプ内蔵DSPをご検討であればぜひ、選択肢の一つにおすすめします。では今日はこのへんで。

詳しくはメーカーサイトにて。

【スピーカー交換の次には・・・】

今日も変わらずのいい天気。ですが今週半ばから雨の予報、さらには台風の進路次第では荒れるかもしれません。今後のお天気にはご注意を。

さて今日は

アンプインストベーシックのご紹介です。こちらは当店のホームページのコンテンツの一つ。

アンプを車に取り付けようと思うと、まずは当然アンプの購入が必要です。ですが、それ以外にもいろいろと必要で、カーオーディオにあまり詳しくない方には見当もつかない、そんな領域になるかもしれません。

アンプは純正オーディオにも社外ナビにも搭載されていますが、当然ながら外部アンプは音質が別物です。当店の試聴室で内蔵アンプと外部アンプの比較試聴できますが、すぐに分かるレベルで音の差が出ます。内蔵では薄味で軽めですが、外部アンプを通すと、そのブランドやモデルの差もありますが圧倒的に厚みが増し解像度がアップし、より本物らしさが体感できるようになります。

そこでアンプを取り付けるのに必要になってくるものというと配線類。ほとんどの場合、アンプにケーブルは付属してきません。

まずは電源ケーブル。設置場所までのプラス側、マイナス側、そしてアンプの消費電流と設置位置までのケーブル長を考慮してケーブルの太さを決めて、それに必要なメインヒューズホルダとヒューズ、そして端子。

次にヘッドユニットからの信号をアンプに入力するためのケーブル。社外品のナビなどであればRCAケーブルなことが多いですし、純正ナビなどの場合はスピーカーアウトからスピーカーケーブルでアンプにハイレベルインプットをします。

それからアンプからの音声出力をスピーカーにつなぐためのスピーカーケーブル。これらを必要な長さ分用意します。そしてもちろんそれぞれの端子。

さらにはリモート用のケーブルやケーブル保護用のコルゲートチューブ、コードバン・・・。

と、なかなか選ぶのが大変になってきますので、もっと簡単にアンプ購入をご検討いただけるようにとパッケージ化したのが当店のアンプインストベーシックです。必要なケーブル類、そして工賃をパッケージ化しています。386セット・486セット・864セット。386セットでは電源ケーブルを8AWG、486セットでは4AWG、864セットはスピーカーケーブル、RCAケーブルのグレードを少しアップしています。

このパッケージをご利用いただく時は同時購入されるアンプが55,000円以上。アンプに386・486・864のいずれかのパッケージ価格を追加していただければ取付込みの価格を計算していただけます。車種やシステムによっては追加が必要な場合もりますのでお気軽にご相談ください。

当店の試聴室で現在試聴できるアンプは

ロックフォードのプライムシリーズ、R2 300X4

AUDISON SR4.500

ロックフォードのPOWERシリーズ T600-4

これら3機種はヘッドユニットの内蔵アンプとの比較試聴が可能です。

シンフォニのAクラスアンプ Prestigio

カロッツェリアXシリーズ RS-A09x

これらはカロッツェリアのDEH-P01やハイレゾウォークマンなどでDSPを経由しての試聴が可能です。

スピーカー交換が済んで次のステップをお考え中の方にはアンプの追加はおすすめの一歩です。

お気軽にご相談、そしてご試聴依頼よろしくおねがいします。

 

【スイフトとアルトワークス】

すでに夏休みが開けてしまった学校も多いようですが、8月の最終週の日曜日ですね。今年は梅雨明けが6月だったので例年よりはずいぶん長い夏のような気がします。夏が好きな人にとってはありがたいことですが、それにしても今年の暑さは尋常ではありませんので体調のことを考えると程々にしてもらえるととも思います。そして残暑はまだ続くようですのでみなさまお体はお大事に。

まずはちょっとお知らせ。

当店のサイレントチューニングページに新しいパート、

タイヤハウスのサイレントチューニング、”インナーフェンダーコース”を追加しました。詳しくはサイレントチューニングページでご確認ください。

さて今日のピットは

スイフトにアルトワークス。スズキが並んでいます。どちらも走りに拘ったお車。どちらもマニュアル。

スイフトの方は新車でのお預かりです。

オーディオレスですのでナビがありません。

納車に合わせてたくさんご用意しました。ナビ、スピーカー、パワードウーハー、そしてドラレコ、レーダー、いろいろ施工させていただきます。

アルトワークスの方は以前にもスピーカーやパワードウーハー、ナビなどの施工をさせていただきました。今回はそのスピーカーをさらにいい音にするためのアウターバッフル製作と、アンプをお買い上げいただきました。

スピーカーは現在FOCALのFLAXシリーズですが、将来的にはUTOPIAにグレードアップしたいとのことですので、それにも対応できるようなインストールを施していきます。

遠方、大分からご来店いただきました。いつもありがとうございます。

という所で今日はこのへんで。

 

【タイヤハウスサイレントチューニング】

今日はタイヤハウス内のサイレントチューニング施工です。

当店のサイレントチューニングメニューには今のところ掲載していませんが、ご依頼が多く近日ホームページにもアップ予定です。

タイヤハウスサイレントチューニング

基本的に使う部材はオーディオテクニカのダンピングアブソーバーになります。ブチルとアルミ、そして吸音層からなる3層構造。当店ではドアやリアフェンダー部分の内張り、それからリアゲートの内張り側など樹脂系のパーツの制振、吸音の用途で従来多用していた部材です。ピラーの処理にもよく使います。

ブチルとアルミの組み合わせは一般的なデッドニング材です。オーディオテクニカ製なのでアクワイエと同じ効果です。ここで制振しつつ、アルミ層ではねた音を吸音材で処理するということですが、低い音を吸わせるにはさらに分厚い吸音材があれば効果的ですが、現実的にはパーツが元通りに取り付けられなくなってしまいます。そう考えるとこのダンピングアブソーバーは取り回しがよく効果が発揮できるサイズを考えて作られているなと思います。

さて、

貼る前にはその箇所の洗浄が第一。洗浄用のスプレーを使いますがかなりの量を消費します。

フェンダーの中に先程のダンピングアブソーバーを貼っていきます。

曲面や凸凹も多いので頭を使いながらの作業です。こことは別に樹脂のインナーフェンダーにも貼りますが、殆どの場合フロントとリアでは表面の仕様が違っていて特にリアのインナーフェンダーには施工できないこともよくあります。また、リアに関してはインナーフェンダーがついていない車輌では施工できません。お見積りの際にはお車を確認させていただきご説明いたします。

ロードノイズ対策には今回のタイヤハウス、そしてフロア、トランク、さらにはルーフもロードノイズに効いてくる部分です。

車室内を静かにしたい、、、そんな時は当店のサイレントチューニングをご検討ください。

【いよいよ明日、スピーカー交換パッケージリニューアルします!】

昨日はお休みをもらって福岡サンパレスで行われている

吹奏楽コンクール高校の部の福岡支部予選を見に行ってきました。コロナの影響か、前半と後半は入れ替え制なのでチケットを両方買うことにはなりましたが、1日とても有意義に過ごしました。福岡は30日31日の二日間、なおかつ強豪がひしめき合うエリアなので、1日目ですでに金が8校でました。そして今日の2日目の金の数によっては次の福岡県大会へ出場ができないダメ金になってしまう可能性もある、1日目に金を取った学校も安心はできずドキドキかもしれませんね。自分の子供や姪が出場しているのが見に行った大きな理由ですが、どちらの高校も金、このまま県大会に出場して夏をもっと熱く過ごしてほしいなと思います。

さて、そんな2022年の7月も本日で終わり、明日から8月。今年は夏の始まりが早かったせいか、ちょっと8月というのを感じる感覚が体と頭でずれている気がしますが、明日から心機一転

スピーカー取り付けパッケージのリニューアルを行います!

当店にて、20数年続けてまいりました66セット・99セット、そして158セットをこの度新しく

ベーシックライン・スタンダードライン・プレミアムラインへとリニューアルします。

ベーシックラインは従来の66セット・99セットをもっと簡素化して、初めてのカーオーディオをご検討される向けによりリーズナブルに展開をします。ベーシックラインはコアキシャルスピーカーとセパレートスピーカーに分かれています。

コアキシャルはさらに、17cmモデルと10cmモデルでわけています。ダッシュボード左右や、ダッシュパネルに10cmが装着されている車両などがありますので対応できるようにします。

ベーシックラインで選べるセパレートスピーカーはインラインやバイアンプ対応のものに限定して、低価格に施工ができるようパッケージを組みました。

スタンダードライン・プレミアムラインに関しては、従来の66セット・99セットを統合してスタンダード、158セットをプレミアムラインと言う位置づけです。

スタンダードとプレミアムはスピーカーの価格が10万円以上、以下で分かれています。

基本的な施工内容は従来の66セット・99セット・158セットと大きく変わりませんが、今回の大きな変更点はスピーカーケーブルです。スタンダード・プレミアムラインはどちらも先日ご紹介した当店のオリジナルスピーカーケーブルを採用しました。オリジナルケーブルの中身は実際のところオーディオテクニカ製ですので信頼していただいて大丈夫です。被覆や導線、編み方、音の傾向などいろいろと相談に乗ってもらって市販ではないケーブルをオリジナルケーブルとして作っていただいています。66セット・99セットで使っていたカナレと比べるとかなりのコストアップですが、これが今回、スピーカー交換パッケージをリニューアルすることになった一番の理由です。

8月1日、ホームページにアップ予定です。(トラブル等で遅れた場合は申し訳ありません。できるだけ頑張ります。)

ホームページアップの準備はできていますので今現在は店舗商談用のファイルの作り直しをしています。こちらは遅れること間違いなさそうですので、ここ数日は店頭でもホームページを見ながらの商談になると思います。ご迷惑おかけしますがよろしくお願いします。

では、8月以降もよろしくおねがいします。夏バテにはお気をつけて。

【2ヶ月に一度のお楽しみ・・・】

2ヶ月に1度のお楽しみ、カーオーディオマガジン最新号入荷しました!

しかし、残念ながらカーオーディオマガジン、しばらく休刊ということになったそうで、2ヶ月に一度のお楽しみはしばらくお預けになるようです。

創刊号は当店のデモカーだったサバーバンが表紙。かれこれ25年位でしょうか。カーオーディオの業界紙として長い間、お店やユーザーをサポートしてくれました。

またいつか再会できるといいなと思います。編集長、関係者の皆様お疲れ様でした。

今号は過去に掲載されたお車も取り上げられています。当店のお客様の写真もありました。ぜひお買い求めください。

【たくさんご来店ありがとうございました。明日もお待ちしています!】

いいお天気の土曜日、

今日はイタリアのオーディオブランド【ESB AUDIO】の試聴会をやっていました。

当店でも久々の試聴会となりましたが、

今日はご試聴のお客様で結構賑わいましたが、うまくお客様が重ならなかったので、どのお客様も試聴室を貸し切りでご利用いただきゆっくりと楽しんでいただけました。

明日まで開催してます。

ソースはCD、DAP、USBメモリーがご利用可能ですが、Spotify等の配信でもご利用できますのでお好きな曲を探すこともできます。

明日までとなっていますのでぜひ遊びに来てください。お待ちしています。

【あすあさって、ESBのイタリアサウンド】

いよいよ明日、イタリアサウンド ESB AUDIOの8000シリーズ試聴会です。

すでにご来店予約も頂いておりますが、飛び込みでの試聴も大歓迎です。同じ時間帯でご予約の方がいらっしゃる場合はご予約の方優先となりますのでご了承ください。

BOXは小さいですが、出てくる音はダイナミックです。

そして力強くも解像度があって、空間ににごりがなく音像がしっかりと立つ感じですね。質感もナチュラルで、パッシブ込みで25万円位でこの音はちょっとした感動を覚えました。個人的にど真ん中に入る音でした。

あす、あさって、ご試聴可能です。ぜひご来店ください。

【7/23と7/24両日ESB AUDIO試聴会】

お知らせです。

先日のブログでもご紹介しました、

イタリアのスピーカー専門ブランドESB AUDIOの8000シリーズの試聴会です。

7月23日と24日の土日、

当店試聴室にて試聴会を行います。換気のため一組ずつのご試聴になります。ご来店予定時間などが分かる場合は予めご予約ください。もちろん飛び込みでのご来店も大歓迎です。一組、15分から30分ほどでお願いします。次の方がいない場合は大丈夫です。存分にお楽しみください。

現在は8000シリーズのみですが、今後5000シリーズや9000シリーズも日本で販売されるそうです。ツィーターのクロスは推奨が2kHzの-12dB/octですが、周波数特性が940Hz-25kHzになっているのでクロス付近でも芯のある高域を出してくれそうで楽しみです。ローレンジスピーカーはアコースティックななり方をしてくれそうな雰囲気ですが、実際のところはどうなんでしょうか。

7月23日、24日、ぜひご来店の上ご試聴ください。

【カーオーディオネットにてプリウス(ユーザーカー)紹介いただきました。】

ご紹介です。

イース・コーポレーションさんが運営するカーオーディオネットのホームページで当店のお客様のプリウスを紹介していただきました。ぜひ御覧ください。

さて、連日ピットでは

セキュリティー取り付けが次々とやってきますが、本日もランクルプラドへ施工させていただいています。セキュリティーの施工は結構短期間で車が入れ替わっていきますので次々お車をご紹介していきますが、オーディオは一旦ピットに入ると1週間位そこにそのままになるような長い作業も珍しくありません。そんな今もアルファードのオーディオ施工をしてますがこちらは来週納車に向けて着々と進めています。オーナー様、もう少しお待ち下さい。

最近はスピーカーの試聴でご来店いただくお客様が増えました。

試聴できるスピーカーが圧倒的に多いので、お目当てのスピーカーがあって来店されるという方もいれば、とりあえずいろいろと聴いてみたいという興味本位のお客様もご来店頂きます。スピーカーの数を増やしたおかげで新規のお客様が増えました。まずは聴いてみたい、そんな感じでかまいませんのでお気軽に遊びに来てください。

ちなみに、今現在、常時試聴可能なスピーカーは28機種。

パワードウーハーもカロッツェリアのTS-WH1000AとKICKERのHS10、ロックフォードのP300-12が試聴可能です。その他アンプやパワードではないタイプのウーハーやDAPなど色々試聴室に取り揃えておりますのでお気軽にご来店ください