【ディフェンダー+ZR SPEAKER LABO】

今日はちょっと久しぶりのガンガン照りの暑い日でした。

日差しが肌に突き刺さる、そして空気がモワッとまとわりついてくる感じ。

まだまだ夏ですね。

ディフェンダー

今日は納車のご紹介。長々とお預かりさせていただいていたディフェンダー。

ディフェンダー

やっとお返しすることが出来ました。珍しい車で、いままでにセキュリティーの施工では何度か入庫がありましたが、今回はハイエンドなオーディオシステムの施工。

システムはヘッドユニットに

サイバー

サイバーナビ。こちらは以前先に施工済みでした。

音質の要になるのは

HELIX

定番ですね、HELIX。DSP PRO Mk2とコントローラーのDIRECTOR。

ハンドル右下の省スペースに取り付け。ここもそのままではサイズが入らなかったので加工しています。

スピーカーは

ZR

スーパーハイエンド!スロヴェニア製のZR SPEAKER LABO!ツィーターをダッシュ上に、今回は3WAY。スピーカーだけで軽く百万円超えのシステムです。

スコーカーは

ドア

ドアにエンクロで製作。サイズは4インチくらいです。本当は、ここにミッドレンジを取り付ける予定でしたが、奥行きと表のクリアランスがかなり厳しく、別の場所に取り付けるつもりだったスコーカーをこの位置に。

そしてミッドレンジは

ミッド

ここ。17cmくらいですね。サイズは。これもエンクロになっています。この場所はシート下。運転席と助手席の下です。それが前向き。つまり、足を伸ばした両足の下で前を向いて施工しています。普通の車ならこんなところにこんなスペースはないので思いつかない施工ですし、普通ならまともに音がなるとは思えないので避けたい取付です。しかし、今回はHELIXのDSPで調整が効くのと3WAYなので指向性のある帯域はできるだけスコーカーとツィーターに頑張ってもらう、あとは経験値的にも行ける自信はありましたのでトライしていみました。

ウーハー

これはウーハーです。ウーハーはJL AUDIO。オーナーさんの車の使用環境を考えると荷室を犠牲にしてのセットアップは不可能でしたので、狭いスペースでZRのフロントに負けないウーハーを、しかも小口径で探したところ行き着いたのがこのウーハー。サイズはなんと6インチ。フロントスピーカーよりやや小ぶり。これを片側に2個ずつ、ステレオで合計4こ。2個スピーカーがならんでいますが、左は純正のリアスピーカーです。雰囲気が似てるのもこのスピーカーにしたメリット。

引き

ちょっと下がって撮ってみたところです。左側に見えるドアがリアゲートです。ここは3列目のシートが有る場所でもあります。もう一台のウーハーは3列目シートの前側、なのでそれぞれのウーハーは50cmほどの距離がありますが、それを繋いでエンクロージャーにしています。

アンプ

これまたわかりにくい写真ですが、2列目シートの足元。リアドアを開けて乗り込むところですね。もともとシートが高く、フロアに足がつかないので嵩上げをしたいとのご要望があったのでそこを利用してアンプを設置しました。アンプはBRAXのグラフィックエディションを2枚。

クーリングのためにアンプラックの側面は開放して電動ファンを6機。

ここのカーペットはウーハーボックスなどに施工するものではなく、フロア用の純正生地とほぼ同じものを取り寄せて施工したので質感もバッチリです。もちろん、大人がこの上に立ち上がっても大丈夫な強度での施工。

あとは写真にはありませんが、ケーブル類もハイエンド商品で仕上げています。メインソースは金色のウォークマン、そしてそれとDSPをつなぐUSBケーブルはワイヤーワールドの14万円。車内はボンネットも含めてフルサイレント処理。ディーゼル車ながらかなり静かになりました。あ、セキュリティーも装着です。

で、肝心の音の方は、

”最上の音色を得る喜びと、極上の銘品を持ち得た悦び。限られたオーディオファンだけに許された、珠玉のひととき。”

カタログにこんな一文がありましたが、まさにこのとおりです。普通、頭に思い浮かぶ形容詞で表現しきれないようなそんなすばらしさがありました。

納車前に、オーナーさんに了解をもらって常連さんたちに聴いてもらいましたが、みなさん一様に感嘆のため息。

いやぁ、素晴らしい音でした。

オーナーさん、長らくお待たせしました。今後とも宜しくお願いします。

では、今日はこのへんで。

【ワクワクの商品紹介】

今日は商品のご紹介。

あたらしいスピーカーのブランドです。最近、チラホラと話題になっています。

ベルギーのVENTURE AUDIO 

昨年のまいど大阪で話を聞いてい楽しみにしていましたが、カタログが届いたのでみなさんにご紹介しようと思います。

venture

ホームオーディオもやっている1986年創設のそこそこに歴史のある会社です。

商品の見た目はとてもシンプル。ただ、どれも価格的にはハイエンドです。10万円を切る商品はラインアップの中には見当たらないです。それだけに期待は膨らみます。

なにより、カタログを見て驚くのがそのスペック。

1

左のDD-ONEは1.5インチのツィーターです。取付の直径は62mmと書いてあります。このツィーターが440Hz-40kHz。したが440Hzとはすごいですね。

右のDD-2は2インチツィーターで、直径が72mm。これに至っては120Hz-30kHz。ツィーターとしてだけではなくスコーカーとして十分に使えるスペック。2

DD-4は4インチ、およそ10cmですね。奥行きが62mmあるんでどの車にでもとはいきませんが、BMWやベンツのCクラスAクラスあたりに入るといいですね。

これもこのサイズながら52Hz-12kHz。

3

そして9インチウーハー。23cmくらいでしょうか。一般的に8インチ10インチとサイズを刻むので9インチは珍しいです。

これがなんと15Hz-200Hz。F0が15Hzなんで30Hzくらいまでの再生はできるんでしょうか、そうであればすごいですね。

とにかくこのVENTURE AUDIOのカタログを見てワクワクしてしまいました。

今度メーカーさんにお願いして試聴機を貸出頼もうと思います。

そのときは皆さんにも聴いていただけるようにしますのでお楽しみに。

では、今日はこのへんで。

【後半スタート】

sky

夏季休暇明け、本日からスタートです。お休みの間はご迷惑をおかけしました。

比較的長いお休みをいただきまして、この休みの間にやろうと準備していたことが2つありまして、ひとつは久々にガンプラを作ること。初心に帰ってHGで陸専型ザクⅡを作りました。ギリギリ最終日までかかりましたがなんとかクリア。

もうひとつは

bd

bd

スタートレックTNGの全エピソードセットのブルーレイを買ったのでこれをとにかく行けるところまで行こうと、全41枚176話。

結局シーズン7中のシーズン2までしかたどり着けませんでした。

もちろん全話とも見ていますが、今回のBDはリマスター版のようで映像がとても綺麗。そして音声も多言語に対応していてとても有意義。昔はVHSのビデオテープに録画して見ていました。価格も安くなってコレクターにとってはとてもありがたいです。まだ先は長いですがしばらくの楽しみができました。

さて、本日から後半戦スタート。

オーリス

常連のオーリスのお客様はヘッドユニットの交換。

カロッツェリアのAVH-P90DVAから

9300

同じくカロッツェリアのFH-9300DVS。最新のモデル。

carplay

アップルのCarPlayにも対応。使ってみましたが、CarPlayはちょっともっさりしていますね。とはいえ、ミラーリンクで使うよりはタッチパネル操作ができる分便利です。マイクボタンを押してSiriをつかうことも出来ます。アプリが多くはないので場合によってはミラーリンクとの併用も考えておいたほうが良いかもしれません。その場合は別途パーツが必要ですが。ただ、音楽を聞いたりであればブルートゥースも使えるしUSBもあるし何も困らないですね。調整機能もそこそこ。内蔵アンプでのマルチ接続もできますし。地デジはついていませんので必要な方は別途ご購入ください。もちろんDVDも見られますよ。5万円台でこれだけのものが買える時代なんですね。

ハリアー

さあ新型のハリアーは載せ替え。FOCALのBeシリーズの3WAYです。その他サウンドナビやアンプ諸々。

セレナ

こちらも新型のセレナ。

MOP

MOPのナビ付き。

モレル

99セットでモレルのテンポウルトラと

JP

お手軽低音増強セットでロックフォードのPS8。

純正ナビでも大丈夫です。バッチリ施工します。

さて、今日はこのへんで。

【ひと区切り】

誠に勝手ながら、8月12日(土)~18日(金)は夏季休業とさせていただきます。お休み中はご迷惑おかけしますがよろしくおねがいいたします。

さて、盆正月のお休みを区切りとするならば、本日が2017年の前半の区切りですね。後半は期間も短くさらにあっという間でしょう。

そんなわけで本日は納車が続きます。

ハリアー

大分からいつもお越しいただいている常連様。昨日3台あったハリアーのうちの1台。前のお車からの載せ替えです。

パナ

ヘッドユニットにはブルーレイ再生が可能なパナのナビがついているのでこれを利用して

DIRECTOR

DSPにはMATCH、そしてデジ像をつかってポータブルHDDからのハイレゾ再生をしています。ソース切り替えのためにDIRECTORも使用。

モレル

スピーカーはモレルのピッコロⅡとイレイトの2WAY+シート下にパワードウーハー。今回は新規でGRGOのセキュリティーをお買い上げ頂きました。

ありがとうございます。

マークX

こちらのマークXは99セット

スピーカー

スピーカーは新しくなったカロッツェリアのTS-V173S。バッフルはメタルバッフルをチョイス。アルパインナビがついているので調整させていただいて納車となりました。ありがとうございます。

マーク2

こちらはマーク2です。常連さまです。ナビの買い替え。

内装

ナビ交換だけなのにこんなに脱着。理由は、

HD55

ついていたナビがこれだからです。アルパインのHD55。そしてDSPにPKG-H700。一世を風靡しましたね。この組み合わせ。いまでこそDSPが普通に人気ですけど、10年以上前にその次代を切り開いてきたのはすごいことです。いまBIGXなどでアルパインを知ったという方は、かつてF#1シリーズなどを有したハイエンドブランドだったとは信じられないかもしれませんが、当店にもそれはたくさんのアルパインユーザーが集っていました。

で、かつてのナビはハイダウェイユニットが別体で、地デジも別売りだったので、だいたいシート下にその手の部品を設置、とくに今回はH700もあったので配線の引き回しが大きく変更なのでたくさん取り外しました。

そして買い替えのナビは

サウンドナビ

ダイヤトーンサウンドナビ。200プレミ。いまなら、これにDSP機能も地デジもDVDもUSBもブルートゥースもビルトイン。ハイレゾだって対応しています。

2DINサイズで完結という、取り付ける側にしても、購入される側にしても、簡単に施工できるというのはメリットですね。加えて音もGOOD!

そんなわけでバッチリ調整させていただいて納車となりました。

いつもありがとうございます。

さて、今日はこんなところで。

休み明けも全開でがんばります。では。

【BIGXにハイレゾ】

ハリアー

今日はピットに2台の60ハリアー。そして作業が終了して調整待ちの60ハリアーも駐車場にあって、かつては、店が30ハリアーだらけになったこともあったなと思い出しました。30ハリアーの人気はすごかったですもんね。1日で5台入ってきたこともあります。

そんななか、今日納車させていただいたハリアーは

内装

以前スピーカーなどを施工させていただいたお客様です。ヘッドユニットはアルパインのBIGX。

もの

今回はハイレゾ化のシステムアップです。

hr

ここにも

hr

ここにも

hr

ハイレゾマーク。

今回は、アンプ内蔵DSPでMATCHのPP86DSPをチョイス。これは48k/24bitまでのスペックですが、まずはBIGXでは構築が困難なステレオイメージングをきっちりとプロセッサーで作ります。

そして、ハイレゾの要にはDAPで大人気のウォークマンの黒。

これからのデジタル出力をオーディオテクニカのHRD1を使って高音質なアナログ信号に戻します。

そしてこのアナログ信号をBIGXの外部入力に入力して、そのアウトをDSPに送るというシステム。

もちろんHRD1からの光出力をDSPに直接送ることも出来ますが、その場合48kでしか再生ができません。HRD500にすれば固定できるのでなんでも再生できますが、5万5千円のコストアップ。

そうなると、そもそもPP86ではなくて、HELIXのP-SIXとか違う選択肢も見えてきてしまいます。

今回は、コストを抑えつつ、あまりファイル形式などを気にせずに楽に楽しめて、なおかつDAPに信頼のウォークマンを使うことでハイレゾを再生しているという実感も肌で味わえるという感じです。

ナビの外部入力にアナログでハイレゾ信号を送り込むことに否定的な声もありますが、実際にアナログに戻すところがしっかりしていれば、そう問題はありませんよ。かなりいい音でなります。もちろんハイレゾらしさもでますよ。

ハイレゾ導入には色んな方法があります。皆さんのシステムに応じた適切な方法をご提案していきますのでぜひお気軽にご相談ください。

では、今日はこのへんで。

【DSP三昧】

お知らせです。

8月12日~18日は夏期休暇のためお休みさせていただきます。

そんなわけで、現在お休み前の作業が追い込みでバタバタです。

スタッフが作業してくれたのを、僕が納車の調整をするので、ここ連日調整調整に追われます。今日はMATCHのPP82DSPを1台、PP86DSPを1台、そしてM5DSPを1台。

ヴィッツ

ヴィッツは以前

PP86

PP86やパワードウーハーを施工させていただきました。その時は純正スピーカーでした。

今回は

室内

BLAM

99セットでフランスのBLAMのスピーカーをお買い上げ頂きました。

そしてもちろんの再調整。音が柔らかくも解像度があり、今時のサウンドにはとてもマッチしたスピーカーです。

V

こちらは外観を撮り忘れましたが、スズキのイグニスのお客様。

以前99セットやウーハーを施工いただきました。

今回は

M5

M5DSP。とても小型ながらパワフルです。パワフルモードとノーマルモードがありますが、当店ではバッ直をひいてパワフルモードが定番です。

オーナー様にも目の前に広がるステレオイメージに驚いていただき、とても喜んでいただけました。

ハイレゾのためにDSPをお考えの方はもちろん、現状のシステムを更に良くするためのツールとしてDSPをご検討ください。

アンプ内蔵のものにも種類がいろいろあり、面白いですよ。

というところで今日はこのへんで。

【次はハイレゾ・・・】

8月もすでに1週間。早いですね。

ピットや店内は冷房が入っているの作業は快適ですが、今はお預かりが多く、運が悪いと外での作業になってしまいますがその時は大変。

数分外にいれば汗だくです。車のシートに汗をつけるわけにもいきませんから気を使います。

数日前には福岡県内でも39℃を記録したらしくて、ほんとに油断すると危険ですね。

さて、

CX5本日はCX-5を納車させていただきました。宮崎からいつもお越しいただいています。今回は台風の影響があって1日納車をずらしていただきました。

3way

今回はフロント3WAY化。スコーカーを新たに追加です。

やはり、2WAYのときと比べて圧倒的に厚みが違います。ボーカルの声にも表現力が増えて、より説得力がある歌声になりました。ステージには臨場感があり、楽器の再現力も高まりました。

現在カロッツェリアのDEH-P01をヘッドにしているので、次のシステムアップはDSPを・・・というご相談を承りました。P01は良いヘッドであることは間違いありませんが、更に進化したカーオーディオを楽しむにはハイレゾ音源再生でDSPを使うのがより再現力の高いカーオーディオの姿かなと思います。

オデッセイ

こちらのオデッセイの方も常連さんです。

カロッツェリアのRSスピーカーでフロント3WAY+サブ。ヘリックスのDSP PRO Mk2でハイレゾ再生をしていますが、今回はさらに再生能力を高めるために

カレント

リバンプのカレントを2台、バッテリーに導入。端子はこだわってロジウム。S/Nアップには効果てきめんです。

ハイラー

こちらも常連様、大分からお越しいただいています。今回は車の買い替えによる載せ替え。

室内

今回はセキュリティーも追加いただきました。ありがとうございます。

こちらのお車もすでにDSPをつかったハイレゾシステム。デジ蔵をヘッドにHDDに音源を入れての再生です。

最近はいろいろなシステムの組み方がありますよ。予算ややりたいこと含めてご相談いただければいろいろとアドバイスができると思います。

ぜひご来店の上ご相談ください。では、今日はこんなところで。

 

【66セットとお手軽低音・・・】

sky

台風は宮崎方面を経由して四国へ抜けていくようです。今日は長崎や大分からのお預かりがあり、あすは宮崎からのお引き取り。

とくに台風が近づいている大分や宮崎方面の方は事前に時間を調整させていただきましたが、明日もまだ油断はできません。

これから台風が近づくエリアのみなさま、お気をつけください。

今日は長崎からお越しいただいた

ヴェルファイア

ヴェルファイアのお客様に99セットお手軽低音増強セットの施工。

モレル

スピーカーはモレルのテンポウルトラ。99セットでは6万円までのスピーカーが選べるようになっていますが、このスピーカーは7万5千円なので1万5千円と消費税が追加となります。それでもディスプレイで試聴されて、この音に惚れ込んでしまわれる方が多いという、そんな魅力的なスピーカーです。

スピーカーのまわりのシルバーのリングはリングスペーサーで、スピーカーのフレームの強度を補うためのリングです。これでスピーカーを締め付けることでスピーカー表面の水平を保ったまま固定ができます。その御蔭で低域のスピード感と解像度が抜群に変わります。

実際、これを片側のスピーカーだけにつけて試したこともありますが効果てきめんでした。

P30012

ウーハーはトランクにロックフォードのP300-12。30系のアルヴェルではシート下のスペースが厳しく小さいパワードがほぼ入りません。そんなわけでトランクに置くならば、口径の大きなウーハーで本格的になるものをチョイスがいいですね。パワードタイプならば、意外と脱着も簡単です。荷物を積む時は簡単に外すことも出来ます。そんなに重くありませんし。なにより、ベースの鳴りっぷりを聴いてしまえば多少のスペースの専有には目をつぶってしまいたくなります。

とくに、このロックフォードのウーハーは本格的に分厚くもスピード感を持ってなってくれるのでいろいろなフロントスピーカーとも相性もいいです。

ウーハーをご検討中の時はぜひロックフォードのP300-12も選択肢に入れてくださいね。

さて、今日はこのへんで。

【貪欲】

今日も危険な暑さですね。予報では38℃。

僕の小さい頃は夏は暑いと言ったって、32℃くらいだったと思うんですよね。

だいたい40年くらい前は。ほんとに、ここまで暑いと危険です。今の子供達は夏休みだからって外で遊ぶのも気をつけなきゃいけなくて、ちょっとかわいそうですね。

夏休みは野球したりセミ捕まえたり、なんかアウトドアの思い出しかありません。

まあ、今日明日の週末はプールや海に連れて行ってもらう子どもたちも多いと思いますのでたくさん思いで作って欲しいですね。

明日は午後から天気が崩れるようです。台風絡み。今のところ福岡からはそれているようですが、宮崎や大分の方を抜けていくようですね。明日は大分からのご来店予定もあるので極力台風にかからない時間にご来店をお願いしたりと考えてはいます。

台風の進路に当たる方はお気をつけくださいね。準備万全に。

さて、

ワゴンr

本日作業のワゴンR、

以前、アンプやウーハーなどの施工をさせていただきましたが、今回は小物いろいろ。

カーオーディオにはまっていい音に貪欲になったお客様は、電源系のチューンを始める方が多くなってきます。

機材が揃い出すタイミングでもありますが、手持ちの機材を更に活かすためには、それらを動かす源である電源は大きく音の根幹を揺るがします。

リバンプ

今回はリバンプのカレントと150をアンプに、

RX30

ヘッドユニット用にオーディオテクニカのパワーアシストボックス(RX30)を、

ハーネス

そのヘッドユニットはカロッツェリアのDEH-P01なので、そのRCA出力ハーネスをオーディオテクニカの高音質パーツへ変更。

そして、ヘッドユニットは当店のレグザットバッ直セットで施工します。

今回のような施工はS/Nにとても効果があるので、音場全体の透明感と明瞭感、空気感などが自然で見通しの良い方向に変化します。

こういう変化は意外とアンプやスピーカーなどの交換や取付よりも、電源などのチューニングのほうが効きます。もちろん、再現力のあるシステムであればあるほど。

そこそこシステムも出来上がってきて、これからさらにいい音を目指したいけど何か簡単にできることはないかな・・・・とお考えの時はぜひ当店のホームページにある小物関係もご検討くださいね。

ご来店いただければお話を聞いてアドバイスさせていただきますのでぜひ。

では、今日はこのへんで。

【39!】

sky

ちょっと外に出るだけでモワッとした空気。

今朝は朝すでに29℃越えてるとニュースで言っていた福岡です。

ちょっと日向では

メーター

39℃ありました。それは暑いはず。。ここまで来ると危険ですね。熱中症にくれぐれも気をつけましょう。

 

ピットでは黒い車が3台。

ベンツ

こちらのベンツワゴンにはセキュリティーの施工です。GRGOを施工させていただきました。

ドラレコ

一緒に人気のドラレコ

Q01

ユピテルの全天球型ドライブレコーダーmarumieQ01です。GRGOやパンテーラと連動させることで、駐車中にセキュリティーが反応するとドラレコを起ち上げて動画を記録してくれます。全天球なので前だけでなく、横や後ろまで記録できるので駐車監視としてもドライブレコーダーとしても頼もしいユニットです。

CX5

宮崎からお越しいただいている常連のCX5のお客様、今回は念願のグレードアップ、

スコーカー

フロント3WAY化です。現在カロッツェリアのRSスピーカーを使った2WAYなので、アンプにモスコニのPICOを追加してTS-S1000RSで3WAY。

インプレッサ

こちらも常連様、インプレッサのお客様、DSPをアンプ内蔵からアンプレスモデルへ、

DSP

HELIX DSP PRO Mk2。

レグザット

レグザットに

ぷrとテクタ

RCAピンのプロテクター

リバンプ

リバンプ各種、CAPBAlaboのキャパシターなど抜かりなしです。

これまた調整が楽しみです。

さて、今日はこのへんで。