【車種別スピーカー交換プラン】

シーズン最終話となる第6話目のオビワンケノービを昨日見て、ベイダーと戦うオビワンがいまだにアナキンへ対する師弟愛を忘れていないこと、エピソード4ではベイダーにやられてしまいますが、ルークやレイアにつながるこの壮大なストーリの間を紡ぐ数々の付箋、短期間ではありますが非常に濃いシリーズでした。スターウォーズを今から見始めるという方は少ないと思いますが、(たぶん、今まで見てない人はこれからも見ないだろうという気がします。)これだけシリーズが広がっていくと見る順番には迷いますね。おすすめも難しいですが、やはり時系列よりは公開された順でしょうね。時系列で行くとネタバレが起きてしまいますし。

さて今日はホームページのご紹介。

当店サイトには車種別のお手軽スピーカー交換パッケージをご用意しています。純正交換をトレードインで手軽に行うため、スピーカーはその車種のサイズに合うものをご提案しています。作業時間的には3時間程度。事前にご予約いただいての取り付けとなりますが、お待ちいただく間の代車もご用意しています。

当店のホームページに掲載していない車種でも対応できるお車もありますので気になる方はお気軽にお尋ねください。今後も車種を増やしていく予定です。カーオーディオの音を良くしたいな・・・と思ったらスピーカー交換おすすめです。

では今日はこのへんで。

【カーボン合わせ】

最近は土日よりも平日のご来店が多くなってきています。

これも世の中の変化なんでしょうか。今日も結構ご来店があり、さらにはお電話でのお問い合わせ。それと、コロナ禍で定着してきたんだと思いますが来店にご予約をいただくお客様も多いです。

当店のホームページのトップにご予約用のフォームもご用意しています。

サウンドエナジー オートセキュリティーエナジー

もちろん、ご予約がなくても大丈夫ですが、ご予約いただいたお客様に関しては車両の情報など事前に下調べしておきますのでぜひご利用ください。

さて本日のピット。

アルファードのオーディオ作業、着々と進んでいます。

今回取り付けるスピーカーはフランスのBLAM。SIGNATUREシリーズなのでコーンはカーボンです。こちらのアルファードの内装パーツの一部はカーボン風ですので雰囲気はよくあいますね。

ということで

当店で制作中のアウターバッフルにもカーボンを採用しました。当店のカーボンはカーボン調シールではなくリアルカーボンで処理していますのでクリアの奥行き感とかツヤとか、とても美しいです。手間はかかりますが、いいですね。あちこちカーボンにしたくなってしまいそうです。

それから、こちらは本日お預かりさせていただいた

LX600。いつもの通り何の車かわかりませんが、

先週に引き続きLX600のセキュリティー取り付け。今日もお電話にてLX600のセキュリティーご相談を承りましたが、6月は非常に施工、お問い合わせとも増えています。ランクルシリーズ、レクサス、それから旧車関連はもともと多いですが、最近はスマートキー車両全般、セキュリティー施工のご依頼が増えています。これは軽自動車にもいえますが、車両盗難を身近な危機と捉える方が増えてきたんでしょうか。ある意味、安全と言われてきた日本の治安を疑うことになるのでいいことではありませんが、車を安心して所有するための一つの保険材料としてセキュリティーをご検討いただけるといいかと思います。

カーセキュリティーの予備知識などなしで構いませんのでぜひお気軽にご相談ください。

 

【アルファードにフロアトランクサイレント処理】

お預かり中のアルファード。オーディオ施工着々と進行中です。

ピラーは生地も貼っていい感じになってきました。

そしてこれからはドアのアウターバッフル制作。アルファードのドアは大きいのでドアチューニングなどで処理していかないとボワーンとした低音が出がちです。あと帯域によって左右の位相が崩れて音が抜けてしまうキャンセリングが起きたり。こういう複雑なところへスピーカーをインストールしていい音にしていかなければいけないというのはカーオーディオ特有の難しさです。

そして同時作業でフロアトランクのサイレントチューニング。ロードノイズ低減で快適なドライブ、そしてオーディオもノイズフロアが下がるので微細な音が聞こえるようになり情報量アップでリアリティーが増します。

そのためには

こんな重たそうなシートを車外へおろし、鉄板をむき出しのところまで取り外していかなければいけません。さらにこれからは分厚いデッドニング材を張り込んで、その後には遮音・吸音の処理を施していきます。

さあ気合を入れて頑張ります!今日はこのへんで。

 

【嬉しいお手頃価格のスピーカー登場。】

今日も真夏とまでは行きませんが、十分に暑い一日でした。エアコンもいつもより温度は低め、今年は暑くなるのが早い気がします。

さて、昨日まもなく発売になる新しいスピーカーを見せていただきました。

グランドゼロ。ドイツのブランドです。イリジウムシリーズ。

ツィーターの置き型マウントも付属。

バスケットはガッチリしていて、色も奇抜ながらこだわりがありますね。良くなってくれそうな雰囲気。この作りで22000円だそうです。

価格を聞いて、「えっ」と思って聞き直しました。最近は世界情勢の影響でどれも値上げされてきていますが、この価格はありがたいですね。今回音は聞けませんでしたので次回、しっかりと確認してみたいと思います。近日デリバリーが始まるそうです。

ついでに、

当店でも在庫しつつちょこちょこ使っているRAM-25の新しい使い方を教えてもらいました。

電磁波吸収シート。決して怪しいものではありません。教えてもらった使い方にヒントを得て、色々試してみましたがさらなる扉を見つけてしまいました。価格は2970円とお手頃です。

さてピットでは

アルファードにオーディオいろいろ施工中です。

今の作業は3WAYスピーカーのうちの2WAYの埋込作業。スピーカーはフランスのBLAM。スピーカーはSIGNATUREマルチックス。

Aピラーへの埋め込みです。ツィーターはGOLDなのでかなり目立ちそうですね。楽しみです。

では今日はこのへんで。

 

 

【LX600問い合わせ急増中】

今日もジリジリしました。ちょっと外にいれば日焼けします。来週からは梅雨らしい天気に変わるそうですね。ご注意を。

さて。ピットでは

セキュリティー施工中。

LX600です。

プロテクトフィルムを巻いてしまうので車が何だかわからなくなってしまいます。こちらはパンテーラの施工です。

ここ2週間ほど、急激にLX600のお問い合わせが増えています。納車日に合わせた施工をご希望のお客様が多いです。通常で2週間から3週間の予約待ちとなっておりますのでお早めにご相談よろしくお願いします。

こちらはなんの写真かわかりにくいですね。スピーカーケーブルです。今施工中のお車に使っているケーブルです。アクロリンク製の高級ケーブル。平らなのでワイヤリングが意外に大変。しかも硬いです。でも、音がいいんです。

もう少しで音が出るところまで近づいています。オーナー様のもう少しお待ち下さい。では今日はこのへんで。

【LX600おすすめセキュリティーページアップしました。】

今日はしとしとと雨が降る月曜日で、いよいよ梅雨に入ったなという雰囲気です。

昨日のブログでご紹介したオーディオシステムアップ中のお車は順調に進んでいます。

既存のスピーカーはダイヤトーンのDS-SA1000。70万円を超える国産スピーカー。もともと2WAYスピーカーとして完成されているものですが、これをあえて3WAY化するべく、

今回はフランスのブランド【BLAM】のSignature Multixのスコーカーを組み合わせます。

側面から見るとそれぞれの作りから音に対する思想の違いが感じられますが、これをうまく繋いでいかなくてはなりません。

バッフルもいつもとは違う作りになっています。小さなこだわりの積み重ねが仕上がりに大きく影響します。まだまだ大変なポイントがいくつかありますのできっちり整えていきます。

さて、

本日オートセキュリティーエナジーのウェブサイトに

レクサスLX600専用のおすすめセキュリティーページをアップしました。6月に入ってからお問い合わせが急激に増えていますし、今月も数台の施工スケジュールが入っています。

当店では1台目が2月でしたので比較的早い段階で施工させていただき車両のデータも確認しておりますのでセキュリティーご検討中の方はぜひご相談ください。現在、セキュリティー本体がブランドにより品薄ですが、それに同時施工することが多いパーツも欠品が出ております。納車日程が正確に出ていなくても構いませんのでお早めにご検討、ご相談いただき、内容が決まれば商品確保のためご成約の方よろしくお願いいたします。

 

【通なシステムアップ。】

本日もピットでは

ランクルが並んでいます。こちらは本日納車になります、ランクルプラド。保護用のフィルムを張っているので車種はわかりにくいですね。

こちらは本日から作業に入ります、ランクル300。

まだまだずいぶんと納車が遅れているとはいえ、最近は外出先などでちらほら見かけるようになりました。

ランクルシリーズは相変わらずお問い合わせがとても多く、最近はレクサスのLX600のセキュリティーお問い合わせが急激に増えています。当店の予約状況などによっては納車日に合わせた施工が難しい場合もありますので、施工をご検討の際はぜひお早めにご相談をお願いいたします。

それから、

ここだけ見ても何の画像なのかわかりにくい方の方が多いでしょうか。これを見てパッと気づく方はかなりのオーディオ通ですね。ドアの上部へスコーカーの埋込加工をしているところです。高音を再生するツィーターと、ドアの下の方についているスピーカー(ミッドロー)の間の帯域を受け持たせる一般的に6cmくらいから10cmくらいのサイズのスピーカー(スコーカー)です。フロント2WAYシステムから発展して3WAYシステムへ。そんなシステムアップのご依頼を常連様よりいただきました。既存のスピーカーへ、別ブランドのスピーカーを組み合わせる少しトリッキーな仕様になります。

そして既存のアンプはドイツ製ですが、今回追加するのはイタリア製。

シンフォニのA級アンプ。

ピットにしばらく滞在しますのでぼちぼちご紹介していきます。

今日はこのへんで。

 

【梅雨に突入!】

雨の土曜日。6月11日。福岡もいよいよ梅雨入りしたとのことです。

しばらくはジメジメと付き合っていかなければいけませんね。最近は考えられないような大雨が降ってきたりしますので、お車の方も雨に向けたメンテナンスをしていただくといいかもしれません。車種によっては水抜きにゴミが溜まって車内に雨が逆流、なんてこともあります。ぜひこの機会にチェックしてみてください。

さて、

常連のRAV4さま、納車になりました。ドアアウター製作。

スピーカーはFLUX。RAV4はドアポケットの形状と純正スピーカーのセンター位置ずれの関係で意外と手間のかかる車種ですが、出来上がるとこれまたかっこいい仕上がりになる車種です。

グリルが付属していないスピーカーでしたのでワンオフでグリルを作成しました。角を叩いて立体化しています。施工後、DSPの再調整にてバッチリ仕上がりました。いつもありがとうございます。

アウディA7。こちらはレーザー探知機の施工でお預かりしました。

ユピテルの指定店専用モデル。お客様のご要望で吊り下げ取り付けで施工しています。右上です。

今回お買い上げいただいたのは新製品のZ1000。ワンボディータイプ。全モデルのZ130はオンダッシュ取り付け金具のみでしたが、このZ1000からはこのような吊り下げ金具も付属するようになりました。レーダーからレーザーへ移行したスピード違反取り締まり機器。数年経過する中でメーカー各社受信性能を上げて来ていますのでこの新製品のタイミングでぜひご検討ください。

メーカーサイトはこちら

では今日はこのへんで。

 

【新しい静音材料】

本日よりお預かりしましたランクルプラドにセキュリティーの施工です。

最近はカーセキュリティーの需要がとても増えていて、さらには半導体不足によるらしい商品の品薄。以前なら欠品なんてまずありませんでしたが最近ではメーカー在庫を確認しながらの商談ということも少なくありません。当店では比較的多めにストックを取って対応しておりますが、カーセキュリティーの取り付けをご検討の際はお早めにご相談いただくと安心いただけるかと思います。

セキュリティーだけではなく、オーディオでも商品により欠品などがよくおきます。半導体の影響と、さらには長引く戦争の影響。

とくにサイレントチューニングやドアチューニングで使う制振材や吸音材など一度欠品すると数ヶ月単位で切れてしまうこともあるのでストックはたくさん持っています。それでも欠品してしまうものもありますが、色んな種類の材料のストックがあると組み合わせて代用がすることができます。

今日は、

オーディオテクニカさんから新しい材料が届きました。

スピーカーコースター AT-AQ472。2枚入りで2530円税込み。

スピーカー裏の背圧処理用が一番の用途でしょうか。資料で見るよりも現物は表面のエンボスがしっかりしていてなおかつ少し固め。凹凸の高さが比較的あるので広帯域で効果がありそうです。

さらにはこちらは3層構造。

吸音層は反射板があるかないかで差が出ます。通常は制振をした上に吸音材を貼りますが、これなら1枚で両方の効果が得られますね。

もうひとつ、サウンドインシュレーションシールド AT-AQ480 3枚入り3,740円税込み。

側面を見るとこちらも多層構造。

こちらは4層です。特徴としては間のスポンジ層が吸音と断熱をします。表面は遮音マットになっています。ドアチューニングの仕上げやリアゲート、フェンダーあたり、

ボンネットフードへの施工にもいいようですね。

まず試してみて、当店のサイレントチューニングやドアチューニングのパッケージにどう組み合わせるか、考えていきたいと思います。

では今日はこのへんで。

 

【RAV4にアウターバッフル製作開始!】

久々の雨模様。風も少し強いですね。折角の日曜日でしたが。

雨なりの良い一日をお過ごしいただけたでしょうか?今日は雨の中、納車、商談、点検など、たくさんのお客様にご来店いただきました。日曜日なので遠方からのご来店も多く、誠にありがとうございました。

さて、そんな今日からは

常連のお客様のグレードアップにてRAV4お預かりしました。

アウターバッフルの製作です。純正のドアパネルをガッツリ切ります。もはや当たり前の作業なので気になりませんが、思い返せば新人の頃は、お客様のお車の部品に穴を開けるというのはとても怖いことでした。

こちらが切る前の状態。RAV4のアウターバッフルは意外に作りづらいです。見た感じ、デザイン的にも難しくなさそうですが、実際のスピーカー位置と、デザイン上のスピーカー位置があっていないこと、更にはドアポケットがグリル部分に大きく干渉していること、このあたりはインストーラーでないと共感はしてもらえないかもしれませんが、ちょっと手間の多い作業です。

こちらはバッフルの土台です。スピーカーが固定される部分ですので強度と響きに注意して組み合わせていきます。

今日はこのへんで。