【不穏な空、】

今度の台風14号は強烈な台風なようでテレビやネットでも注意喚起を頻繁に行っていますね。明日明後日は福岡も荒れるようですので、飛びやすいものは中にしまったり、明るいうちに建物の周りに危ないところはないかなど確認しておいたほうが良さそうです。数年前は当店でも台風で屋根に穴が空いてしまって雨漏りの修理をしてもらったりしたこともあります。何事もなく通り過ぎてくれることを祈ります。

さて、

今日はパンテーラーを施工して納車させていただきました。

極上のきれいな状態を保ったスープラ。新車から大事に乗り続けているそうで、なかなかここまできれいなスープラにはお目にかかれないと思います。カーセキュリティーの最高峰、パンテーラでしっかりとお車をお守りします。

パンテーラ品薄状態が続いているので、施工ご希望の方はお早めにご相談ください。当店のストックも僅かになりました。

こちら当店初入庫のレクサスNX。外装以上に電気系の装備など、大きく変わった印象です。

画面も大きいし、なにより文字がきれい。音はともかく、USB入力を経由して配信映像やスポーティファイなどを楽しめばとても楽しめそうな印象です。DSPメインにスピーカー交換などをすれば、かなり満足度の高いカーオーディオができそうですね。スタイリングもかっこいいし納車まで数年かかるほど売れているのもよくわかります。

今回3カメタイプのドラレコZ300と、レーザー探知機Z1000をお買い上げいただきました。3カメタイプのドラレコは車種により画像に映り込むスペースが広かったり狭かったりしますがNXなどにはちょうどよいサイズで映りました。

NXのお客様ですでにご成約、納車待ちのお客様が数台おられますので、徐々に皆様に届いてほしいなと思います。

さて、今日はこのへんで。

【ハイエースへデジタルインナーミラー】

今日はハイエースデジタルインナーミラーを施工のご紹介です。

最近純正装着も増えてきたデジタルインナーミラー。ルームミラーがモニターになっていて、リアカメラ(バックカメラとは別)で撮影した映像がルームミラーに映ります。20年くらい前、ミラーモニターというものが流行りました。ルームミラーにモニターが入っていてDVDやナビの映像をそこに写し込んだりしていました。その頃にも今と同じような使い方はできましたが、当時はモニターをたくさんつけることが流行っていた時代でもありましたし、今とはニーズが違うからでしょうか。今はドライブレコーダーも含めてデジタルインナーミラーをお求めになる方がほとんどです。

当店ではALPINE、KENWOOD、BELLOFの3ブランドを取り扱っています。

ケンウッドは12インチサイズと10インチサイズの2サイズ展開。10インチサイズは主に軽自動車向きです。実際、12インチを軽自動車に合わせるとバランスがあまり良くありませんでした。違和感があるというか。ミラー裏に前方用のドラレコレンズがついています。ミラーの横に引っ張り出せます。

12インチモデル、DRV-EM4700 、

10インチモデル、DRV-EM3700 、メーカーサイトはこちら

それから

BELLOF

NVS401・NVS402  42,900円。

NVS401と402の違いはリアカメラ。401は室内用で402は室外用。車種によっては理想的な場所へのリアカメラ設置が難しかったり、リアカメラをバックカメラとして使いたい場合などに402が使えます。

もうひとつ、オプションのパーツを使えば純正のミラーを外してこのデジタルインナーミラに変えられるので取り付けがとてもスマートになります。

メーカーサイトはこちら

以前ランクル300へ施工したブログ

そして

本日ハイエースへ施工したのが

アルパインのデジタルインナーミラー。アルパインのモデルは

DME-M01 57,530円がリアカメラのみ。

DMR-M01R 69,080円が2カメラ搭載のドラレコモデル。

アルパインは完全純正交換タイプです。ケンウッド、BELLOFは基本的に純正ミラーに被せるタイプです。アルパインは車種ごとの専用キットで完全に交換するタイプ。そのため見た目のフィッティングが抜群です。しかもドラレコモデルでは他社のものと違ってフロントカメラが別体なので取り付け位置が自由です。ケンウッド、BELLOFともミラーの横についているので、車種によっては一部映り込みがある場合もあります。

前方カメラ、

リアカメラ。

メーカーサイトはこちら

今回ご紹介した3社とも、映像の美しさや、直感的にわかりやすい操作性など大きな差は感じません。今回のブログでご紹介したあたりがそれぞれの差別化になっているかと思いますので、デジタルインナーミラーをご検討の時は是非参考にしてみてください。

では今日はこのへんで。

 

【3カメラタイプ】

不規則な動きをする台風に戦々恐々の中、9月突入しました。なんだかんだ早いものです。暦が9月になるだけで夏が終わった感がします。カレンダーをめくる風に季節を感じてしまいました。

さてそんな本日は

新車でお預かりいたしましたスイフトを納車させていただきました。

サイバーナビをヘッドユニットに、スピーカーはマルチ接続。

純正位置へのインナー取り付けのため外観の変更はなし。スピーカーはカロッツェリアのTS-C1730S2

助手席下にパワードウーハー、こちらはアルパインのSWE1080。20460円税込みながらボディーが頑丈なので鳴りがいいです。コントローラーはクロスの設定に苦労しますが、今回はサイバーナビで調整するのでコントローラーは触れない場所に。

レーザー探知機も設置させていただきました。ユピテルの指定店専用モデルZ1000。ワンボディータイプです。従来モデルよりもレンズが進化して広範囲のレーザー波を拾えるようになりました。

それからこちらはドラレコ。最近は純正装着もちらほら出始めたもっともニーズが高いカー用品。

ユピテルの3カメラモデルZ300です。フロントガラスには前方のカメラ。

こちらがリアガラスに設置した後方カメラ。リアガラスから室内を見ているカメラが一つ。これにより後方から見渡すような映像が撮影できて、車の横の状況を確認できます。

そしてリアガラスから外向き(後方撮影)にカメラがあるのでこれで後ろの様子、あおり運転や追突などが撮影できます。

3カメラとも200万画素STARVIS技術搭載されているので明るくてきれいに撮影ができます。

最近は360°撮影モデルとこの3カメラモデルを検討されるお客様が多くなっています。ドラレコご検討の時はぜひ。当店のドラレコ・レーザー探知機ご紹介ページ

という所で今日はこのへんで。

【スイフトとアルトワークス】

すでに夏休みが開けてしまった学校も多いようですが、8月の最終週の日曜日ですね。今年は梅雨明けが6月だったので例年よりはずいぶん長い夏のような気がします。夏が好きな人にとってはありがたいことですが、それにしても今年の暑さは尋常ではありませんので体調のことを考えると程々にしてもらえるととも思います。そして残暑はまだ続くようですのでみなさまお体はお大事に。

まずはちょっとお知らせ。

当店のサイレントチューニングページに新しいパート、

タイヤハウスのサイレントチューニング、”インナーフェンダーコース”を追加しました。詳しくはサイレントチューニングページでご確認ください。

さて今日のピットは

スイフトにアルトワークス。スズキが並んでいます。どちらも走りに拘ったお車。どちらもマニュアル。

スイフトの方は新車でのお預かりです。

オーディオレスですのでナビがありません。

納車に合わせてたくさんご用意しました。ナビ、スピーカー、パワードウーハー、そしてドラレコ、レーダー、いろいろ施工させていただきます。

アルトワークスの方は以前にもスピーカーやパワードウーハー、ナビなどの施工をさせていただきました。今回はそのスピーカーをさらにいい音にするためのアウターバッフル製作と、アンプをお買い上げいただきました。

スピーカーは現在FOCALのFLAXシリーズですが、将来的にはUTOPIAにグレードアップしたいとのことですので、それにも対応できるようなインストールを施していきます。

遠方、大分からご来店いただきました。いつもありがとうございます。

という所で今日はこのへんで。

 

【いくつかお知らせです。】

ちょっとすっきりしないですが、それでも暑い夏の日です。

さて、本日のピット。

こちらのアルファード。いつもご利用いただいています。ありがとうございます。

今回は

リアスピーカー交換。ミニバンのリアスピーカー交換、最近施工が増えています。

それから

インナーフェンダーのサイレントチューニング。タイヤ部分の樹脂のカバー、そしてフェンダー内部の静音作業です。当店のサイレントチューニングページでは今のところご紹介していませんが、お問い合わせも多く今月だけでも4台目の施工です。近日、当店のサイレントチューニングページへパッケージ化してアップする予定です。

こちらはセキュリティーの施工です。こうなってしまうと車種がわかりませんが

レクサスRXの新車をお預かりしました。

パンテーラを施工していきます。

パンテーラといえば、たにもGRGOを販売しているユピテル製品ですが、本日マイクロ波センサーの販売終了の案内が届きました。人影、うろつきに反応するセンサーです。部品の入手ができなくなったようで、従来のマイクロ波は手に入らなくなりますが、新製品として開発するそうです。

現状でマイクロ波センサーが手に入るのはパンテーラのZ705のみですね。パンテーラもかなり在庫僅少になっています。当店ではストックがありますが、お車の納車時期などもう少し先の方も、セキュリティー施工をご検討の方はお早めにご相談下さい。

更にお知らせ。

オートセキュリティーエナジーのサイトのドラレコとレーダー探知機のページの更新が滞っていましたので新製品等もアップしてご紹介しています。よろしくお願いします。

では今日はこのへんで。

【アルファードにBLAM 完成しました!】

今日は薄曇りだったりしましたけど、結局暑いのはよくわかりました。本当に梅雨は明けてしまったんですね。この先は暑いなりにカラッとした夏を期待したいです。

本日はアルファード納車させていただきました。

フロアとトランクのサイレントチューニング。実際に走ってみるとわかりますがまるで別の車のように静かになります。ロードノイズはタイヤハウスからもありますが、こういう大きいお車はフロア面で増幅して鳴り響いてしまいます。まずは硬めの制振材でフロア面を抑え込み、遮音材で閉じ込める。更にはトランクではリアフェンダーをしっかりと施工します。リアのタイヤハウスをしっかりと制振・遮音、そしてパネル側は共振を抑えて吸音させます。フェンダー内部の空洞は音が響きますので吸音材で吸わせて静かに。これらの工程はたくさんの内装を脱着しないといけませんが劇的な変化を遂げますので、ホームページに掲載した当初から多くのお客様からご利用いただいている人気のパッケージです。

サイレントチューニングのページ

それから、こちらのお客様はオーディオの施工です。

オーディソンのアンプ内蔵DSPをメインに、スピーカーはフランスのBLAM Signature Multix。ツィーターとスコーカーをAピラーに埋め込み。

ドアアウターは先日ご紹介したカーボン仕上げ。シルバーメッキは純正のパーツです。うまく融合させて制作しました。

さらにはスピーカーグリルにパンチングメタルをワンオフ加工。立体的に整形しています。写真ではわかりにくいですね。かなりの高級感でしあがりました。音の方はダッシュボード上にナチュラルで広がりのあるステージが広がります。トランクにKICKERのL7ウーハーを積んでいますのでトルクフルな低音も魅力です。当店をご利用いただきありがとうございます。

こちらでは常連のマークXのお客様のレーダー探知機買い替えの施工。

ユピテルの指定店専用モデル、2ピースシリーズの新製品、Z2000。WiFi対応になりました。WiFiスポットやテザリングでアップデートが可能になります。

レーザーの受光部がさらに広くなって検知性能が向上しています。安全運転していてもうっかりもありますし、そんなときにこそ運悪くなんてお話もよく聞きます。高速走行のときは走っている道路の制限速度など表示してくれていますので安全運転のお供にも役立ちます。ワンボディータイプのZ1000も新しくなっていますのでご検討の際はぜひご相談ください。

【一挙両得!デジタルインナーミラー】

今日も福岡は晴天ですが、全国各地で急激に荒れたり、はたまた熱中症を引き起こしてしまう程の暑さになったりと不穏な天候が続いています。天候の変化には敏感になる必要があるようですね。気をつけましょう。

さて、

ベンツのGLBへドラレコの取り付け。以前セキュリティーやアンプ内蔵DSPを施工させていただいたお客様です。いつもありがとうございます。

最近、ドラレコは必需品で、純正装着もチラホラ出てきているくらい世の中に浸透してきていますが、さらに最近純正でちらほら装備され始めているのがデジタルインナーミラー。

今回施工させていただくのはその両方が一度に手に入る、そんな商品です。

今回施工させていただくのはケンウッドのDRV-EM4700。デジタルインナーミラーと前後ドラレコ機能が入っています。価格は税込み54,780円

ミラーは鏡ではなくて液晶モニターにリアドラレコの映像が映っていますが自然ですね。

ミラーの右側の出っ張り部分がドラレコのカメラになります。前方を撮影します。

このミラーは被せタイプです。純正のミラーにこのように被せての取り付けです。はずれないようにベルトでしっかり固定されます。

こちらはリアカメラ。この位置から撮影した映像がルームミラー部分に映ります。たまにお客様にいいねと言われるポイントが、室内に大きな荷物を積んでしまったとき、ルームミラーを塞いでしまうので後ろが見えなくなりますが、これなら問題なく映る。とくにお仕事でお車を使われる方などには重宝されるポイントかも知れませんね。

当店ではケンウッド、アルパイン、ベロフのデジタルインナーミラーを取り扱っています。興味がある方はぜひご相談ください。

【ワンボディタイプのレーザー探知機最新モデル】

6月になりました。途端に気温は急上昇して今日はさすがに長袖はきつかったですね。まだジリジリほどまではないですが、店内もエアコンを入れずには過ごせないくらいには暑くなりました。こうなってくると、梅雨までのカウントダウンな感じもしてきますね。この晴天の先に危険な梅雨がやってきます。ここのところは10年に一度、100年に一度のような災害が頻発していますので明日は我が身と準備をしっかりとしておこうと思います。

さて、高速道路などでうっかりとしてしまう速度超過。そんなつもりはなくても意外と超えてしまうこともありますよね。そんなときに役に立つレーダー探知機。最近は取り締まりの機械がレーダーからレーザーにかわり、それに対応した商品が流通しています。

当店で取り扱いしているのがユピテルの指定店専用モデル。Zシリーズです。

SUPERCAT Zシリーズ

今回ワンボディータイプのZ130がモデルチェンジとなりZ1000へ。

今回のモデルから無線LAN対応になりました。スマホのテザリングやWiFi機器を使えば自動更新が可能です。

従来機に比べてレーザー光を拾う幅も広くなっています。水平で60°。

取り付けはZ130ではオンダッシュのみでしたがZ1000では上位モデルのようにフロントガラス上への吊り下げ取り付けも可能になりました。

価格は39,600円税込み。取り付けは車種によりますが8,800円~です。

メーカーサイトはこちら

 

 

【ベロフのデジタルインナーミラードラレコ】

今日は風が冷たくてやや寒さを感じる日曜日となりました。そんな本日もランクルプラドを納車させていただき、あらたにランクルプラドが入庫。ここのところピットからランクルがいなくなる日がありません。

さて本日ご紹介するのはデジタルインナーミラー型ドラレコ。最近純正でも装着されている車種が増えてきましたが、こちらはもちろん後付可能。

BELLOF(ベロフ)社のナイトビジョンドライブレコーダールームミラータイプ。

前方のカメラがルームミラーにビルトインされているのでスッキリしています。

後方カメラもセットになっていますのでこんなふうに2画面にすることも可能。

通常はルームミラーとして使うのでリア映像をうつします。

操作はタッチパネルなので感覚的に使えます。前後のカメラへの画面切り替えは指でスライドするだけとか、録画映像を見るのもタッチパネルなので簡単。

さらに、今回は純正のミラーを一旦外して専用のアタッチメントを使っています。

純正のミラー交換なので適合があるもの、とくにトヨタ車にはなりますが、これを使うと

こんな感じで薄く取り付けができます。通常ならば純正ミラーの厚みにこのベロフのミラーの厚みが加算されますので。

ナイトビジョンドライブレコーダールームミラータイプ、価格は42900円(税込)

専用アタッチメントは4180円(税込)

詳しくはメーカーサイトを御覧ください。

【ドラレコ・レーダー探知機ページ更新】

今日はウェブサイトのドライブレコーダー・レーダー探知機ページを更新しました。

弊社はカーオーディオカーセキュリティーでそれぞれ屋号がある関係上、それぞれのホームページを公開しています。

ドライブレコーダー・レーダー探知機のページはオートセキュリティーエナジーのページにアップしています。

さて、今日はそのなかから2機種、ご紹介します。

ユピテル Z-300。税込み44000円

この機種の特徴的なところは3カメラモデルというところです。フロントカメラは一般的な前方のみの液晶モニター付きのモデル。そしてリアに設置するのが2カメラモデル。前・後ろにそれぞれカメラ。後方は車両の後ろを撮影するためのカメラ、あおり運転などの記録ですね。

前向きのカメラは後ろから全体を撮影します。

こんな感じです。バスの一番うしろに座って前を眺めているようなイメージでしょうか。なにかが起きた時の状況がわかりやすそうです。窓が大きい車にはより効果がありそうです。あと、360°カメラなどと比べると、運転手の方や同乗者の方の顔が映ることがないのでそれもいい点かもしれません。確認するときに自分の顔が映るのがいやだという声も少なからずあるようです。

セキュリティーと連動させて防犯カメラのように駐車監視させる場合、車両盗難は運転席あたりを覗き込む場合が多いようですので、その用途では360°モデルのほうが顔などが大きく映るのでいいかもしれません。

360°モデルはフロントガラスに設置のときに、まわりに遮るものがあるとその方向が撮影できないので車種によっては固定位置が難しいです。このZ-300は前方カメラは普通のカメラですのでそこまでシビアに考えなくていいので少し位置は自由度があります。

それぞれのメリット・デメリット、比較しながらご検討いただくと選びやすいと思います。

もう1機種、

こちらはレーダー(レーザー)探知機とドラレコがセットになったモデル。ユピテル Z840DR

カメラは前方のみが入っていますが、オプションでリアカメラの追加が可能です。レーダー・レーザー探知機機能は信頼のユピテル製なので安心です。最近は逆走注意ポイントの案内もあるそうです。

このモデルのいいところは画面1つで両方を表示できるところ。通常はドラレコとレーダー探知機を別々に購入して設置しますが、このモデルはセットなので画面が1つ。この画面を切り替えてレーダーのマップ表示とか、ドラレコの表示とかを確認できます。また通常のドラレコの液晶は2インチちょっとと少し小さめですがこのモデルはレーダー探知機機能もあるので3インチ液晶を使っていて少し大きいです。

さらに、通常はオプションパーツが必要な駐車監視機能をさせるための電源監視ユニットの機能が含まれており、この機種だけで一定時間の駐車監視などをさせることができます。

価格は税込み72600円

これ以外にも色々掲載していますので弊社のウェブサイト、もしくはメーカーサイトを御覧ください。気になる商品がありましたらぜひお尋ねください。