【インターフェース】

昨日のニュースで

移動オービスでの摘発、福岡が最多 生活道路での速度超過にご用心

こんなものがありました。移動式オービスを使った生活道路での取締が強化されているそうです。走り慣れたいつもの道だと、出てないつもりでも油断からついつい気づかないうちにスピードが出ていることもありますよね。スピード違反だけでなく一時停止違反とか、軽微ながらも取締にあうというのは大きなショックと痛い違反金が伴います。

レーダー・レーザー探知機などで事前に気づく事ができる場合もあります。生活道路での取締が増えているとのことですので、皆様も日頃の運転お気をつけください。

こちらは新車納車前のVOLVOをお預かりしています。地デジの取り付け。

純正地デジがついていても、入りが悪いので後付ということも欧州車にはよくあります。

ただ、欧州車では純正オーディオに外部入力機能はなく、特殊なインターフェースという機械を使ってそれを可能にします。こちらのVOLVOにもインターフェースを介しての地デジ取り付け。

スピーカー交換・DSP取り付けでお預かりしているE89も地デジバックカメラの取り付けでやはりインターフェースを使います。

BMWではエイタック社がマッチングのいいインターフェースを提供してくれているので安心です。

インターフェースは相性に左右される場合もあって複雑ですが、適合どおりに動作してくれればこれほどありがたいものはありません。

欧州車のオーディオでお困りのときはご相談ください。

【スーパーメルセデス。】

今日はこのかっこいいお車からご紹介。メルセデスのスーパースポーツカーと呼ばれるAMG GT S。0-100km/hを3.8秒で達成するそうです。ちょっと踏み込むだけでもすごい加速しそうですね。

ユピテルのレーザー・レーダー探知機と、

前後記録可能なユピテルのドラレコをお買い上げいただきました。安全運転していてもいつ何時何が起きるかわかりません。もしものために、ドラレコとレーダーはおすすめです。

もう1台ベンツを。こちらはAクラス。1ヶ月ほどピットの中であれこれ作業を施し、その後コーティングなどが上がってお客様に納車されましたので今日写真を撮らせていただきました。まだいくつか部品待ちで完全体ではありませんが、使い勝手も音もデザインもこだわったスーパーな1台です。

スピーカーはこだわりのマイクロプレシジョン3WAY。150万円税抜というスーパーハイエンドスピーカー。

ツィーターのマウントは造形美にもこだわっています。

スコーカーはAピラーに。グリルはワンオフ。

ドアのグリルもワンオフです。

ドアのスピーカーはエンクロージャーを製作しています。それでもドアの出っ張りもなくスマート。

あたかも純正のようにエアコンパネル下へ延長したDSPのコントローラーとスイッチ類。

小さいお子様とドライブを楽しめるようにフリップダウンも取り付け。WiFiが使えるようにしていますのでAMAZON FIRE TV STICKで配信サービスを楽しめます。

トランクは一部部品待ちですが、フラットに機材を埋め込んでいます。アンプ・DSPはBRAX。ウーハーは小容量・大口径・なおかつウーハー2発というこだわりでJL AUDIOをチョイスしています。

音はいうまでもなく、次元の違うカーオーディオを感じられます。取り付け前にディスプレイでエージングを進めていたので比較的はじめからいい音を出してくれました。まだまだ馴染んできたときの変貌もこれからのワクワクの一つです。カーオーディオって面白い!そんな1台になりました。オーナー様、最終形態に向けてもう少しお待ち下さい。

さて今日はこのへんで。

【リアなしという選択肢】

久々の雨となりました。朝より昼のほうが気温が下がったんじゃないかと思うくらい、雨とともに寒さがやってきています。

寒い地方ではもう冠雪の写真がSNSにあげられていたりしますが、今年は平年並みの寒さにはなるようなので、福岡でも雪が見られるんじゃないでしょうか。

さて、連日のようにドラレコの取り付けをしています。頻繁にテレビでもドラレコ画像を使ったニュースやバラエティー番組などが放送されていますがそれでけたくさんの車両に装着されているということですよね。当店でもそれを実感するだけの台数を取り付けています。

当店では、ユピテルがリーズナブルな360°撮影ドラレコを発売始めてからはこればかりになりました。今年の初夏だったでしょうか。遅れてリアカメラとのパッケージモデルが登場してからは特にこれが多いです。

画面付きのZQ30Rと画面なしZQ-35Rの2種類ありますが、ほとんど画面ありのZQ30Rです。人気の理由はマイクロSDの定期的なフォーマットの必要がないことでしょうか。画面なしのZQ35Rはスマホがつながるのでそこが魅力でもありますが、当店ではZQ30Rが人気です。

そして、リアカメラとのセットが多いとはいえ、従来の前方だけのモデルと比べ360°モデルは左右も映るという点で安心ですし、価格も前方だけのモデルとも大きな差がなくなった分

このZQ25も人気です。できるだけ価格を抑えたいというときには、本体の価格が安い上にリアカメラの取り付けが必要ないので予算を抑えられます。リアカメラは天井などを通してリアゲートなどまで配線しますので15000円前後の工賃が必要です。

このZQ25(スマホ対応モデル)であれば本体価格が25,000円(税抜)、取り付けが車種によりますが1万円前後。税込み3万円代後半にて取り付けまで可能です。

これからドラレコを検討されるという方はぜひ、前方だけではなく周囲が映る360°モデル、さらには上下までしっかり映る720°モデルなど、ぜひご相談ください。

では今日はこのへんで。

【施工が多い・・・】

さあ11月になりました。今年も残すところ2ヶ月。日々寒さが増してきます。

この冬は昨シーズンと違い雪不足などにならない程度の寒さは期待したいですね。コロナ報道の前は雪不足でスキー場の方たちが困っていたように記憶しています。

今年はとくにいつもと違う毎日を過ごしていますが、この日常にも柔軟に対応しながら健康には気をつけたいです。

さて、11月に入っての週末も忙しく過ごさせていただいています。

やはりドラレコは相変わらず施工が多いです。

今までにもオーディオの施工などをご依頼いただいているエスクァイヤのお客様には

前方のみの既存ドラレコを取り外しユピテルのZQ-30Rの取り付け。前方360°モデルとリアカメラのパッケージ。

このモデルは定期的なマイクロSDのフォーマットが不要です。

こちらのプラドにも同じくユピテルのZQ-30R。

それ以外にもサイバーナビ・リアモニターなどいろいろ施工させていただきます。

最近ドラレコの施工が多いなと感じるのと同じくらい、150プラドへのオーディオやセキュリティー施工が増えています。週で3~4台くらい入れ替わって行きます。こんなゴージャスな車が人気というのは日本の景気も回復してきたのかと感じてしまいますね。

こちらはドラレコではありません。大分からいつもお越しいただくアウトランダーのお客様。

前回BewithのDSPとスピーカーを66セットにて施工させていただきましたが、次なるステップパワードウーハーを施工させていただきました。

残念なことに写真がブレブレ。取り付けたのはミューディメンションのX8です。サイズと価格からは想像できない厚みのある低音。量感をお求めの場合にはぴったりです。いつもご利用いただきありがとうございます。

さて、そんな所で今日はこのへんで失礼します。

【探知機とドラレコセットのZ828DR】

ハッピーハロウィーン!

と言う割に、今年はあちこちディスプレイも控えめだったせいかハロウィン感が薄く感じます。

でも明日からは11月。もう冬に片足踏み入れた心持ちです。寒さ対策、本格的に始めようと思います。

さて、今日は新製品のご紹介。

ドラレコとレーザー探知機が一緒になった製品がモデルチェンジ。ユピテルの

Z828DR指定店専用モデルです。

本日

アルファードに施工させていただきました。

基本的な内容は

この4ピース。

モニター部、アンテナ部、フロントドラレコカメラ、中継部。

ドラレコの映像はモニターに映せます。アンテナにはもちろんレーザー光対応の受光部が入っていて、モニターとセパレートです。スピーカーはモニター裏。

Z200Lとフロントドラレコのセットのイメージでしょうか。画面が一つで兼用できるのはスマートでいいですね。

アンテナが別体なのでモニターの取り付け場所は比較的選べます。

こちらがフロントドラレコ。

オプションで

リア用のドラレコカメラもあります。今回はこちらもお買い上げいただきました。

リアドラレコの画像もZ828DRのモニターに映せます。

最新のレーザー探知機もドラレコも欲しいという方にはお得な選択肢ですね。

Z828DRの価格は63,000円(税抜)

オプションのリアカメラは15,000円(税抜)付属ケーブルは6mですが、車両によっては届かないのでオプションの9mケーブル3,000円税抜も用意されています。

レーザー探知機とドラレコ映像を一つのモニターで再生できるというのは結構便利ですね。画面も3インチなので取り付け的にじゃまになりにくく、また見るにも小さすぎない程度。絶妙なところです。

すでに発売中です。ドラレコ・レーザー探知機をご検討の時はぜひ。

詳しくはメーカーサイトにて。

【水曜日が開いている日】

この週末もバタバタと、お預かりあり納車あり、そしてたくさんの商談あり、いつもありがとうございます。

XVは無事納車させていただきました。

Aピラーと

ダアアウターバッフル。スピーカーはダイヤトーンのDS-G500。もともと使っていたスピーカーをグレードアップです。一緒にご購入いただいたBEWITHのDSPのおかげもあって、素晴らしいサウンドになりました。

本日はこちらのレジアスエースへのドラレコ取り付け。

ユピテルの360°撮影モデル。

リアドラレコセットのZQ30R。画面付きのモデルです。これはマイクロSDの定期的なフォーマットの必要がないので使いやすいですね。ドラレコの故障の多くがSDカードに関連したものですので定期的なメンテナンスは重要です。フォーマットを定期的にしていただくことと、消耗品ですのである程度の期間で交換していただくなどをやっていただくと良いと思います。

こちらのPOLOはオーディオの施工をさせていただきました。66セットでスピーカーの取付。

今回はドイツのヘリックス。とてもナチュラルで安定感のあるサウンドです。幅広いジャンルに合わせやすいタイプです。

純正位置の取り付けなので見た目は純正のまま。

純正ナビの機能を使って調整。このナビはクラリオン製なのでそこそこの調整機能があります。スピーカー交換と相まってバッチリまとまりました。

さてここで、ちょっとお知らせがあります。

11月は祝日の関係で店休日が変則的です。

当店はいつも水曜日にお休みを頂いていますが、11月25日の水曜日は営業いたします。仕事の休みと当店の定休日が同じでなかなか遊びに行けないというお話もたまに聞きますので、ぜひこの機会にご来店ください。みなさまのお越しを心よりお待ちしています。

では今日はこのへんで。

 

【4機種の360°モデル】

ふとカレンダーをみて気づいたことですが、今日は10月10日。昭和世代にとっては体育の日として祝日でした。今年は東京オリンピック開催予定だった7月24日に移動されて、そのおかげで10月には祝日がなくなっていたんですね。

オリンピックが延期になったことで来年の祝日もまた移動されるのでしょうか?

さて、ここのところもテレビで色々とあおり運転や危険運転、中には自転車でひょっこり飛び出してくるひょっこり男とかも出現たとのニュースを見ると、車の運転も気をつけるだけでは対応できない世の中になったなとつくづく感じます。

当店でも、最近はかなりの台数のドライブレコーダーを取り付けています。とくに、ユピテルでは360°撮影モデルがお買い求めいただきやすい価格帯で登場したのでこればかりです。今日はこのユピテルの360°モデルをご紹介します。

当店ではユピテル製品の中でも指定店専用モデルというものを取り扱っています。ドラレコだけではなくレーザー・レーダー探知機も同様に指定店モデルです。

まず360°モデルは画面付き・画面なし、そしてリアカメラ付き、リアカメラなしに別れます。

こちらが画面付き、リアカメラありのZQ-30R。一番の人気商品で、その理由の一つはこのモデルだけマイクロSDカードの定期的なフォーマットの必要がありません。価格は36,000円税抜。

画面なし、リアカメラ付きのZQ-35R。こちらはスマホで設定や画像の再生ができます。価格は35,000円税抜。

画面付き、リアカメラなし、ZQ-20。価格は27,000円税抜。付属のマイクロSDカードが32GB。

画面なし、リアカメラなし、ZQ-25。価格は25,000円税抜。スマホ対応モデルです。マイクロSDは16GB。

大まかにわかりやすく違いをご紹介しましたが、実際に360°カメラ、リアカメラともスペックが細かく違っています。ただ、選ぶ基準としては画面の有無やリアカメラの有無で選んで頂くのがわかりやすいです。

取付は車種により変わってきます。フロントのみで1万円前後、リアが追加になる場合はフロントカメラとの接続が必要ですので前後合わせて2万5千円~となります。

取り付け場所などはご来店いただくと、サンプルにてお試しいただけます。

ドラレコご検討中の方はぜひ参考にしてみてください。

では今日はこのへんで。

【問い合わせ多数】

風が強いですが日差しも強い。そんな日中でした。久々にジリジリ来ました。

昨日ご紹介したカロッツェリアの新製品、その問い合わせが今日は結構来ました。もちろんあの通信モジュール。発売は12月の予定なんでまだ先ですが、既存のナビでもスマホやAMAZON FIRE TV STICKを通信の上限を気にせず使える様になると思うと、通勤やドライブの車内での楽しみ方が大きく変わりますね。例えば車内でオンライン系のゲームを使うこともできるでしょうし。まとめて注文は入れましたがどのくらいのオーダーが溜まっているんでしょう。ただいま当店ではご予約という形で承りますので興味のある方はぜひ。

さてここのところセキュリティー施工が大忙し。

新型ハリヤーもそろそろ慣れてきました。

新車ですが、バラバラです。こちらは今朝納車させていただいたお客様。前車両からのセキュリティー載せ替えをさせていただきました。いつもありがとうございます。

ジョン・クーパー・ワークスは

以前セキュリティー施工させていただきましたお客様です。

ドラレコを追加いただきました。最近は360°モデルが定番になりました。リアカメラもセットになったZQ-30R。液晶モニター付きが人気です。こちらはSDカードのフォーマットが不要ですので楽です。

どの車でもそうですが、リアカメラの取付が結構たいへんです。車両により、取り付けられる場所も変わってきます。施工前に位置などは確認させていただきます。

SC430はセキュリティーの施工です。

赤のシートが鮮やかですね。今の季節、屋根を開けて走りたくなります。羨ましいですね。

さて、しっかり丁寧に施工していきます。

という所で今日はこのへんで。

【指定店モデルのレーダー・レーザーをご紹介】

GO TOトラベルに東京も加わって、各地で人出が増えていますね。GO TO EATなども話題になり、コロナと付き合いながら日常生活を徐々に前向きに進めていきたいところです。

9月にはいってから、お客様との会話の中でGO TOキャンペーンを利用して旅行に行く話をよく伺うようになりました。それにつれて、

いざというときのためのドラレコやレーダー・レーザー探知機をお買い求めいただくことが増えています。

そんな中で今日はレーダー・レーザー探知機をご紹介。

当店ではユピテルの指定店専用モデルを取り扱っています。一番人気はトップモデルのZ900L。

そうそう、最近はレーダーからレーザータイプへと速度取締装置が切り替わってきています。九州でもすでに登場済み。これには従来のレーダー探知機では対応できないために専用の受光部を積んだレーダー探知機が必要となります。

従来のレーダー探知機をお持ちの方はそれを活用してレーザー探知機だけを追加することも可能です。

こちらのLS10というのはレーザーだけの探知機。画面などはありません。音とLEDの光で警告してくれます。これのみの単体でも使えます。価格はとてもお安く税込みで7,480円。

先程ご紹介した人気商品のZ900L

トップモデルで価格は税込み52,800円。4ピースモデル。

幾分ですが、車内で目立たない工夫がされています。まず液晶が2.8インチで本体が小さめなので取り付ける場所がすこし自由度があります。さらには、他の機種ではスピーカーが内蔵なのに対し、このモデルは別体になっていますので運転手の聞き取りやすいBピラーのシートベルトの根本あたりなどに取り付けることで警告の音量をコントロールが可能です。アンテナがモニター部分と別体で、レーザーを拾いやすい場所に取り付けが可能。

次にご紹介するのはZ200L。価格は税込み44,000円。こちらは2ピースモデル。本体とアンテナです。Z900Lと同じくモニター部分を見やすい位置設置してアンテナは受信が可能な位置にセパレートで取り付けできます。画面は3.6インチ。スピーカーは本体内蔵です。

こちらはZ110L。価格は税込み38,500円。ワンボディータイプ。レーザーのセンサーが本体裏にありますので、取り付け位置はレーザーを受けられる場所。基本的にはダッシュボード上あたりになると思います。ワイパーなどが障害物がないか確認して位置決めをします。スピーカーはZ200Lを同じく本体内蔵。

指定店専用モデルはシガーソケットプラグではなく電源直結型です。LS10を加えたこの4モデルから、予算や取り付け場所で選んでいただければと思います。

安全運転でGO TOキャンペーンを楽しんでくださいね。

では今日はこのへんで。

【人気のもの】

日中も30℃を超す日がなくなり秋が深まってきました。もうすぐ10月。

先日再入荷をお知らせしましたSnap onマスクも、残すところ数枚となりました。お求めの方はお早めに。価格は税込み990円。洗えます。

マスク以外にも色々と小物を置いていまして、壁にズラッと並ぶエアフレッシュナーは、定期的に買いに来ていただけるお客様も多く、車内での気分転換に一役買っていると思います。定番のリトルツリー以外にもドイツ版のワンダーバームも在庫しています。

最近一番商談が多いのがドライブレコーダーです。こちらも今はユピテルの360°がお求めやすい価格になっているのでこればかりです。リアカメラセットが発売になったばかりで人気が高いです。画面なし、画面ありでは、画面ありのほうがやや多い印象でしょうか。価格差は小さいので好みや使い勝手だと思います。

オーディオではパワードウーハーの商談が多いです。すでにスピーカーを変えたお客様のご相談や、純正スピーカーに低音を足したいとアドオンされる方。鳴りっぷりよりもスペース優先のお客様はシート下に収まるものをお探しですので実際に車に合わせられるよういくつかのデモ機を用意しています。

お車できていただければ試着ならぬ試し設置が可能です。音はさせませんが、装着時のイメージをしていただけると思います。

試聴室ではパワードウーハーの試聴機はありますのでご来店の上スタッフにお尋ねください。

ホームページにパワードウーハーの取付込みパッケージを用意しています。

当店ホームページには豊富なメニューを用意していますのでぜひ御覧ください。

サウンドエナジー

オートセキュリティーエナジー

では今日はこのへんで。