【キッカー:KEY LOCK】

寒くなってまいりました。コロナが猛威を奮っていますね。福岡はまだ落ち着いていますが。とにかく個人個人でできることを心がけるしかありませんね。

ピットでは

TWINGOの作業。以前もナビやスピーカーを取り付けさせていただきました。今回はシステムアップ。

リアドアのサイレントチューニングと、すでに取り付け済みのサイバーナビの音質アップを狙ってのオーディオテクニカのレグザットの電源ケーブルを使ったバッ直配線。

そして

パワードウーハーの追加。前席のシート下は無理でしたが2列目の下がいけました。

最近のパワードはほんとにこのサイズで!というくらいのベースが出ますが、その中でもこのキッカーのHS10は鳴りが良いです。

このキッカーの面白い商品を今日はご紹介します。

キッカーのKEY LOCKという商品。<DSP内蔵ハイローコンバーター>というものです。

価格は28000円税抜。

これはどういうものかというと、純正のオーディオがアンプ付きで、内部でクロスオーバーやタイムアライメント、イコライザーなどのDSP機能が通ってしまっている場合、市販品のDSPなどで高音質化しようとしてもうまくいかないことがよくあります。

例えばフロント3WAYマルチシステムなどの場合は、とりあえず全部のチャンネルをサミング(合成)できるユニットを使って処理するということはできます。DSPによっては純正のイコライザーがかかったカーブを平にしてくれるようなものもあります。ただタイムアライメントが通ったものはなかなか外せません。

このKEY LOCKを使うと、

■周波数検出モードで純正のスピーカーの特性を確認

■純正のイコライザーの平坦化

■純正のタイムアライメントの無効化

■純正のクロスオーバーの補正

この内容をオートで修正してくれます。

このインジゲーターを利用して設定していきますが、だいたい200か300ヘルツ、上が3kくらいまであるとフルレンジに近い音を作り出せるそうです。スコーカーの帯域から取り出すだけでサミングの必要がないとなるとコストも抑えられます。

しかも、タイムアライメントも取り除けるのでまずはこのKEY LOCKを通して

フルレンジを取り出し、そしてDSPなどに入力すれば純正の複雑なシステムもグレードアップした音で楽しめるようになりそうですね。

CDと並べてみました。サイズは小さいです。実際にデモ機を導入して、ディスプレイで色々検証してみましたが、たしかにフルレンジ生成能力はすごいですね。タイムアライメント入れた状態で試してもきちんと無効化できていました。

このKEY LOCKはハイレベルの2chで入力し、内部で処理したあとRCAでのフルレンジアウトをするものです。そのためハイローコンバーター、しかもDSP付きというようになっていますが、DSPはオートで純正の癖を取り除くためのものですね。自分で調整したりはできません。

アンプ内蔵DSPなどと組み合わせることで、最近の扱いにくい純正ナビをいい音にするための橋渡し的な存在、それがKEY LOCKです。

これからのカーオーディオの頼もしい味方ですね。

という所で今日はこのへんで。

【いよいよ発売日決定!】

最近は待ちに待ったあの商品的なものをご紹介することが多いような気がしますが、今日ご紹介の一品も、待ちに待った商品。

プロトタイプの発表は数年前で、まもなく発売できそうですの段階からもさらに数年。

しかし、苦労の甲斐があっていいものができたようです。

オーディオテクニカさんから登場のAT-HRP5 95,000円税抜

<音声・映像、さまざまなファイルを再生できるハイレゾ対応メディアプレーヤー>

大容量USBメモリーやHDD、SSDなどを接続し、車内でメディアサーバーとして使えるコントロールユニット的なもの。

このHRP5のいいところは専用のインターフェースを実装してあるのでファイルのタグ情報を読み取りアーティストやアルバムなどからの検索、もちろんアートワーク表示など、まるでiTunesなどのようにモニターへの映像出力ができます。純正ナビなどもVTR入力があれば対応可能。

操作は専用リモコンで行いますので、スマホやDAPの操作を走行中にできないことを考えれば随分と汎用性が高く安全性を考慮した商品だと感じます。

音声の出力はRCA出力・光出力・同軸出力・HDMI出力にUSB出力もあり。

USB出力は同じくオーディオテクニカのAT-HRD500と組み合わせることでさらに高音質になります。このUSB出力はドライバーの関係で他のメーカーのUSB入力とはマッチングしないものもあるので注意が必要なようです。

実際に試聴してみましたが操作性や動作もとても安定していましたし、音ももちろん申し分なしでした。USB入力は2系統あるのでポータブルSSDなどを接続しておけば手持ちのライブラリーをいつでも楽しめます。試聴時はウォークマンとSSDをつないで検証しました。インターフェースに慣れはいりますが、慣れてしまえばリモコンのボタンも少なく感覚的に使えると思います。

発売は11月10日の予定です。先立って、もう少しすると当店にもデモ機が届く予定です。お披露目できるようになったらご報告します。ぜひお楽しみに!

詳細はメーカーサイトで。

 

【発表になりました!カロッツェリア新製品】

台風が近づいているせいか、今日は曇り空で風も強いですね。台風本体の風というよりは気圧の谷間なのかもしれませんがこれからの天気には注意が必要ですね。

昨日は店休日でしたので休みを利用してぶらっとでかけてきました。昨日はいい天気でしたし。

ここは大濠公園です。福岡市の繁華街天神にほど近いところにある大きな公園。散歩してる人やジョギングしてる人、密にはならない程度の人の賑わいがありました。まあ行ったのが平日なので土日はもっと多いんだと思いますが、マスクをして手洗いなどに気をつけながら、新しい日常に慣れていかなければいけませんね。

隣接している福岡市美術館にも寄ってきました。福岡市所蔵の美術品が見れましたが、ダリやシャガールを始めとする絵画もあって、意外と長居してしまいました。年をとって色々経験したせいか、昔よりもニュートラルに芸術に触れられるようになったなぁとちょっと感じました。美術品の価値はいまでもそうわかりませんが、みてると心に入ってくる感じはします。オーディオもそうですね。同じ音源を聴いても経験値によって感じ方は変わります。いろいろな経験が、どこかでつながっていく、そう思うと日々、無駄なことはないんだなとしみじみ思いました。

さて、

本日は10月8日。パイオニアさんから新しい商品が発表になりました。

今回の目玉は

とても地味ですがこれでしょうね。

DCT-WR100D 25,000円

シガーソケットに指すだけというものですが、これがこれまでの車内エンターテイメントを変えてしまうだろうというものです。

昨年登場し、当店ではナビといえばこれしか売れないというくらいスタンダードになったサイバーナビ。これはDCモジュールというLTE通信モジュールが搭載されていてAMAZON FIRE TV STICKを使ったりスマホをWiFiで使用できたりと社内環境を劇的に変えてきたあのナビと同じことが他のナビゲーションでも可能になります。

この25,000円の通信モジュールを買って別途通信契約をすればこれが容量無制限のモバイルルーターになります。しかもDOCOMOの回線なので通信速度も安定しています。いままではスマホの通信を使ってミラーリングでナビに接続していた方も、これで車内でWiFI環境ができます。しかも通信費が安い。

1日・30日・1年と選べますが、1日プランで500円、30日プランで1500円、1年プランで12,000円。1年プランなら月々千円レベル。

現行のサイバーでしか体験できなかった環境が、楽ナビや他社のナビ、外部入力機能を持った純正ナビなどでも利用可能になります。5台までの接続ができますので一緒に同乗されるご家族の携帯もWiFiが利用可。

本体の25,000円がちょっと高くは感じますが、2年で考えれば月千円くらい。電源はシガーソケットなので車両を変えて移動もらくらくですね。営業車とかでもOKですね。長時間車にのる方は携帯の通信費を下げることもできて、逆に節約になるというパターンもあります。

パイオニア製品で言えば、最高峰の音質を持つカーナビゲーションサイバーXシリーズは通信モジュールに対応していなかったですが、これにより音質も最高音質でエンターテイメント性に優れたシステムにグレードアップできますね。

サイバーX、サイバーナビ、楽ナビなどもこのタイミングでモデルチェンジとなりました。

詳しくはこちらのメーカーサイトでご確認ください。

では今日はこのへんで。

【OTOS】

今日は10月5日発売の新商品のご案内。

サウンドサスペンションさんから案内が届きました。

OTOSという商品です。たぶんオトスと読むんだと思います。

どこにつなぐかというと機材のマイナス端子からボディーアースへ。

アンプやヘッドユニット、DSPなどの機器はそれぞれバッテリーから違う長さのケーブルを通って電源供給され、マイナスを通ってバッテリーへと戻っていきます。それによりグランドループを生じ電位差が起きてノイズの原因となります。

それを解決できるのがこのOTOSで、これにより機器間の電位差を均等に安定させることでノイズを減少させることができるというスグレモノ。

機器間のグランドループを整えるということなので、RCAでつながっているものにはできればそれぞれ取り付けていくということになると思います。

複数個つけることで効果が発揮されていくということから価格をできるだけ下げられるようコストを最小限にしたそうで、12000円税抜。

サウンドサスペンションさんの商品はいつも機材の性能をさらに引き出す驚く商品ばかり。

詳しくはメーカーサイトにてご確認ください。ただいまご予約承り中です。

【カタログ到着】

3月入って最初の月曜日。

コロナウイルスを警戒するべく当店でも毎日除菌活動を実施しています。

もともと店内にはアルコール消毒のスプレーを置いていますが、最近は大活躍ですね。減りが早いです。

さて、いよいよ明日デリバリー開始。

GrgoのNEWシリーズ。カタログが届きました。

リレーアタック対策の新機能が追加されたり、ラインアップの組合わせが変わったり。基本的なところはいままでにもしっかりとしたものでしたがキーレス連動モデル・1WAYリモコンモデル・アンサーバックリモコンモデルと用途、要望に応じて選びやすくなりました。

今月いっぱいは発売記念キャンペーンを開催していますので、お車買い替えなどでセキュリティーをご検討の方はぜひご相談ください。

【サイバーナビページアップしました!】

本日、当店のホームページへアップいたしました!

2019年モデル、最新のサイバーナビプラン

LTE通信するためのネットワークスティック【DC】モデルとネットワークスティックレスモデル、それぞれ工賃込み・調整料金込みの、お得なパッケージをアップしました。

車種ごとの取付金具は別途必要です。

AMAZON FIRE STICKを使う場合などは別途HDMIケーブルもオプションで必要ですね。あと純正カメラを活かしたい・・・とかそのあたりはお見積させていただきます。

11月発売予定ですが、10月に初回ロット分は発売になる可能性もあるそうですので、ご希望の方はお早めに。今のところはご予約受付中です。

エナジーオリジナルサイバーナビプランこちら

メーカーサイトこちら

 

今日はもう一つ商品紹介。

たまに登場する怪しい音質アップグッズ。

その手の代表格となってきたのがシックスエレメントですが、その中の一つ。

これは当店の多くのウォークマンユーザーが使っている、専用ケーブルのコネクター部分です。

この裏。右側の丸い怪しい模様はシールです。

これがシックスエレメント

クアンタムステッカーというもので、5枚入り、12000円税抜。15mmですので結構小さい。しかもこの価格。

間違いなく高いと思います。

でも、こうやって貼ったのと貼ってないのを聴き比べると、たしかにぐっと差が出ます。

貼ったほうが明瞭で明るい。

こんな面白いものもあります。比較試聴可能ですので気になる方はぜひ。

では今日はこのへんで。

 

【鍵式をプッシュスタートへ】

今日はうっかり大事な写真を取り忘れです。

ステップワゴンの

鍵式のスターターをプッシュスターターへの加工をご依頼いただき、無事施工できましたが、その完成写真を取り忘れました。今回使ったプッシュスタートは35GTRのスタートスイッチでかなりかっこよかったのでぜひお見せしたかったですね。

プッシュスタート化はどの車両でもできるわけではありませんが、まずは可能かどうか、できればご来店の上ご相談いただければと思います。

セキュリティーを装着されていない場合はできれば同時に施工もおすすめします。

当店の店内はいろいろなグッズを置いています。

リトルツリーなどの有名所のエアーフレッシュナーは大量ストック。

ダイキャストカーもあります。これは今どきの若い方はしらないらしいナイト2000。

ワイスピカー

デロリアン。1,2,3仕様それぞれ。

他にもレゴキーホルダーや

ステッカー

アンテナトッパーなどなど・・・

お暇なときはぶらりと見に来てくださいね。

さて今日はこのへんで。

【BMW/MINIの踏み間違い抑制装置】

最近高齢者による運転ミスが発端となった大きな事故が連日のように報道されています。

確かに高齢者の確率は高いかもしれませんが、例えば考え事をしていたり、疲れていたり、そんなときには誰にでも操作ミスは起こり得ることかもしれません。

今日はBMWとMINI専用のペダル踏み間違い抑制装置をご紹介します。

基本的にはF系のBMWとMINI専用で、CAN-BUS通信での取り付けです。

アクセルペダルの踏み込む量を走行している速度に応じて判断し、車の制御をコントロールするそうです。

詳しいメーカーサイトはこちら。BMW関連に特化した商品を数多く販売されているエイタックさんの製品なので間違いないと思います。

商品価格は28,000円税抜き。取り付けは20,000円税抜きとなります。

ぜひご検討ください。

もう一つお知らせ。

明日と明後日の2日間、6月29日(土)30日(日)

ZAPCOのZ150.4AP(250,000円)と

BRAXのGRAPHIC GX2400 LONG(390,000円)が試聴可能です。

急遽ですが、ご試聴希望の方はぜひこの週末!

【半田フリーのRCA】

今日は商品のご紹介。

ちょっと高価なRCAケーブル。

当店ではバッ直パッケージ等でも定番として使っているロジウム端子を販売しているF2MUSICさんから登場したハイエンドRCA。

九州カーオーディオフェアのときにブース出展していただいていましたが、そのときにお借りしてディスプレイでしばらく使わせていただきました。

ZERO-R

一番の売りはハンダレスなので半田によるクセがないということです。

センターピンの部分がやや太いので差込時は結構ガッチリ行きます。

ケーブルは細くて結構曲がってくれるので使いやすそうです。端子部分はぐねっと曲がらないのでアンプの差し込み部分には予めスペースをとておく必要があります。

さて、音の方ですが、メーカーさんの狙い通り、ストレートなクセのない音になっています。何本か、お店で使っているRCAを差し替えて試聴してみましたが、とてもスッキリした音で見通しがいいです。音が痩せることもなく、誇張することもなく。1mあたり50,000円とそこそこの価格ではありますが、良いアンプを使ってシステムを組んでいくときにはぜひ考慮したいRCAですね。おすすめです。

ほしい長さで指定注文できますのでいろいろなシステムへ対応できます。もちろクセがないので色々なブランドとの相性も良さそうです。

F2MUSICのZERO-Rのご紹介でした。

今日はこのへんで。

【ドラレコ・レーダー新製品】

今日はドラレコとレーダー探知機の新製品のご案内。

まずはドラレコ。指定店専用モデル

720°全天球撮影可能なドラレコとして定着したユピテルのMARUMIEシリーズから最新モデル、Q03が登場しました。

Q02dでは夜間撮影時でも明るく確認できるナイトモードを専用ビューアーで使用していましたが、Q03ではレンズがスターヴィスに変わりもともと明るく撮影できるようになりました。

画素数が350万画素再生から200万画素再生へと変更になりましたが、その分価格が60,000円から46,000円へ。200万画素は通常のハイビジョンクオリティーですので問題ありませんし、価格が安くなることはありがたいですね。他に真似できない商品であるだけにいい値段がするのも納得はできますが、やはり多くの人に選んで頂ける商品としての買いやすさは重要です。

もうひとつ、こちらはレーダー探知機の新製品、

ユピテルの指定店専用モデルレーダー探知機Z100L

ワンボディータイプです。ラインアップでいうと、ワンボディーのZ191Rが30,000円、2ピースの上位モデルZ291Csdが40,000円、その間に入るのがこのZ100Lで価格は35,000円。トップモデルは4ピースのZ996Csdで48,000円です。

この新しいZ100Lの特徴は、最新の光レーザー式のオービスに対応しています。従来のオービスの老朽化に伴い新方式へ入れ替わっていくそうですが、これに対応したレーダー探知機です。業界初。従来のレーダー探知機では拾えないそうです。また、Z191RZ291CsdではGPSで「レーザー方式です」とのオービス警報は言ってくれるそうですが、Z100Lでは光レーザーをきちんと受けることができます。現状では大阪の一部だけのようですが今後は全国に広まっていくようです。レーダーご検討の際はぜひ。

当店のドライブレコーダー、レーダー探知機サイトこちら

ユピテルのサイトこちら