【価格改定前に高音質DSPカプラーのご紹介】

何度見ても、ついついシャッターを切ってしまいます。個人的には以前お台場にあったRX78-Ⅱが衝撃的で記憶に残っていますけど、身近にガンダムがいる街というのは嬉しいですね。

さて本日はお知らせです。

価格改定、値上げのお知らせです。

音質アップに使うロジウム端子を取り扱っているF2MUSICさんのパーツが、昨今の原材料価格の高騰などの影響で10月1日より価格改定となります。

端子類は、基本的にスピーカーの交換やアンプの取り付けなどのときに配線とともに使うので、価格改定だからそれまでに替えておこうとはならないかなと思いますが、

こちらはこれ単体での購入が多いのでこの機会にご紹介します。HELIX,BRAXの高音質DSP電源カプラーです。この緑の中の端子部分がロジウムコーティング処理されていて、当店でも交換されたお客様から軒並み好評をいただいています。

HELIXのアンプレスDSPの多くに適合します。DSP-MINI-mk2、DSP.3S、DSP-ULTRA、他にもDSP-PROシリーズなどモデルチェンジ前の機種でも共通部品です。

現在の価格がHELIXのDSP用で9,900円税込み。10月1日から13,200円となります。

ちなみにBRAXDSP用は13,200円が18,700円になります。

比較的手軽に音質改善できる部分ですのでちょこちょことご依頼いただいています。対象のDSPをお使いの方、ぜひこの機会に。

 

【ハイエースへデジタルインナーミラー】

今日はハイエースデジタルインナーミラーを施工のご紹介です。

最近純正装着も増えてきたデジタルインナーミラー。ルームミラーがモニターになっていて、リアカメラ(バックカメラとは別)で撮影した映像がルームミラーに映ります。20年くらい前、ミラーモニターというものが流行りました。ルームミラーにモニターが入っていてDVDやナビの映像をそこに写し込んだりしていました。その頃にも今と同じような使い方はできましたが、当時はモニターをたくさんつけることが流行っていた時代でもありましたし、今とはニーズが違うからでしょうか。今はドライブレコーダーも含めてデジタルインナーミラーをお求めになる方がほとんどです。

当店ではALPINE、KENWOOD、BELLOFの3ブランドを取り扱っています。

ケンウッドは12インチサイズと10インチサイズの2サイズ展開。10インチサイズは主に軽自動車向きです。実際、12インチを軽自動車に合わせるとバランスがあまり良くありませんでした。違和感があるというか。ミラー裏に前方用のドラレコレンズがついています。ミラーの横に引っ張り出せます。

12インチモデル、DRV-EM4700 、

10インチモデル、DRV-EM3700 、メーカーサイトはこちら

それから

BELLOF

NVS401・NVS402  42,900円。

NVS401と402の違いはリアカメラ。401は室内用で402は室外用。車種によっては理想的な場所へのリアカメラ設置が難しかったり、リアカメラをバックカメラとして使いたい場合などに402が使えます。

もうひとつ、オプションのパーツを使えば純正のミラーを外してこのデジタルインナーミラに変えられるので取り付けがとてもスマートになります。

メーカーサイトはこちら

以前ランクル300へ施工したブログ

そして

本日ハイエースへ施工したのが

アルパインのデジタルインナーミラー。アルパインのモデルは

DME-M01 57,530円がリアカメラのみ。

DMR-M01R 69,080円が2カメラ搭載のドラレコモデル。

アルパインは完全純正交換タイプです。ケンウッド、BELLOFは基本的に純正ミラーに被せるタイプです。アルパインは車種ごとの専用キットで完全に交換するタイプ。そのため見た目のフィッティングが抜群です。しかもドラレコモデルでは他社のものと違ってフロントカメラが別体なので取り付け位置が自由です。ケンウッド、BELLOFともミラーの横についているので、車種によっては一部映り込みがある場合もあります。

前方カメラ、

リアカメラ。

メーカーサイトはこちら

今回ご紹介した3社とも、映像の美しさや、直感的にわかりやすい操作性など大きな差は感じません。今回のブログでご紹介したあたりがそれぞれの差別化になっているかと思いますので、デジタルインナーミラーをご検討の時は是非参考にしてみてください。

では今日はこのへんで。

 

【AB級アンプ内蔵のDSP登場・試聴】

今日は新しいアンプ内蔵DSPのご紹介です。

ずいぶん早くからこのDSPの噂は聞いていました。アンプにこだわったアンプ内蔵DSP。

ミューディメンションという日本のブランドです。ロックフォードやグランドゼロをはじめ、有名所の海外カーオーディオブランドを多く正規輸入しているイース・コーポレーションさんが自社ブランドとして展開しています。20数年続いている歴史のあるブランドです。

今回はすでに販売中のDSP-680AMPV2の上位モデルとして登場のDSP610ABのご紹介。

10chアンプが内蔵されています。そのアンプがAB級というのが珍しい。殆どの場合、省エネで熱効率のいいD級アンプが使われています。一般的には高音質な外部アンプの殆どがAB級であることを考えると、アンプ内蔵DSPは手軽にシステムアップさせるための引き換えにアンプのグレードをD級に抑えていると言えるかもしれません。もちろん、アンプだけでなくDSPでもありますから、商品をアンプだけで評価することはできません。ただこのDSP610ABはその部分に特化したモデルということで期待値が高いなと思います。

また、入力が幅広いのもいいです。通常のハイレベルインで6ch、RCAで2ch(AUXとして)、デジタル入力としてOPTICALかCOAXのいずれか、さらにはBLUETOOTHにも対応しています。内部には電磁波吸収マットのRAM25や高音質ヒューズが採用されています。

別売りのコントローラーでソース切り替えやメモリ呼び出し、BLUETOOTHの曲操作ができるようです。

価格はDSP610AB132,000円(税込み)コントローラーは17600円(税込)

当店ではアンプ内蔵DSPページで工賃込み163900円でご紹介しています。

という感じでこのブログを書き上げたところ、偶然にも試聴機をもって営業さんが来店されました。

これは聴くしかないということで試聴室でさっそく聴かせていただきました。

ボディーも高級感が合っていいですね。電源も太いケーブルが使えますし、RCAプラグもしっかりしています。しいて言えばカプラーの都合上スピーカーケーブルはダイレクトに太いケーブルはさせないというところがちょっと残念なくらい。ケーブルにもこだわってシステムを組みたくなるくらいの音は出ました。

スピーカーはマイクロプレシジョンの7シリーズで試聴しました。いろいろとアンプ内蔵DSPを施工してきましたが、このDSPはたしかに音が違います。というより、10万円から20万円クラスの普通のアンプと遜色ないくらいのレベル。しかも10chもアンプが使えて、DSPがついていると考えると非常にお得だなと思います。このDSPは132000円税込みなので。中低域の解像度がしっかりしているのでスピード感があって余韻などの空間表現までゆったりと鳴らせます。質感表現も癖がなくて、しっとりとしたものも、明るくメリハリのある曲も、楽しく聴かせてもらえました。設定も何もせずアンプの音だけの試聴でしたが、これを実際に車にインストールした時、このDSPの良さが引き出せそうで、ちょっとわくわくする商品だと思います。

事前に聞いていた噂通りの商品ですね。いまアンプ内蔵DSPをご検討であればぜひ、選択肢の一つにおすすめします。では今日はこのへんで。

詳しくはメーカーサイトにて。

【いくつかお知らせです。】

ちょっとすっきりしないですが、それでも暑い夏の日です。

さて、本日のピット。

こちらのアルファード。いつもご利用いただいています。ありがとうございます。

今回は

リアスピーカー交換。ミニバンのリアスピーカー交換、最近施工が増えています。

それから

インナーフェンダーのサイレントチューニング。タイヤ部分の樹脂のカバー、そしてフェンダー内部の静音作業です。当店のサイレントチューニングページでは今のところご紹介していませんが、お問い合わせも多く今月だけでも4台目の施工です。近日、当店のサイレントチューニングページへパッケージ化してアップする予定です。

こちらはセキュリティーの施工です。こうなってしまうと車種がわかりませんが

レクサスRXの新車をお預かりしました。

パンテーラを施工していきます。

パンテーラといえば、たにもGRGOを販売しているユピテル製品ですが、本日マイクロ波センサーの販売終了の案内が届きました。人影、うろつきに反応するセンサーです。部品の入手ができなくなったようで、従来のマイクロ波は手に入らなくなりますが、新製品として開発するそうです。

現状でマイクロ波センサーが手に入るのはパンテーラのZ705のみですね。パンテーラもかなり在庫僅少になっています。当店ではストックがありますが、お車の納車時期などもう少し先の方も、セキュリティー施工をご検討の方はお早めにご相談下さい。

更にお知らせ。

オートセキュリティーエナジーのサイトのドラレコとレーダー探知機のページの更新が滞っていましたので新製品等もアップしてご紹介しています。よろしくお願いします。

では今日はこのへんで。

【高音質ブルートゥースユニット:B-CON】

最近は雨続きでしたが、やっと晴れ間が出ました。今年は熱帯夜が続いて、なかなか疲れが取れないという方も少なくないのではないでしょうか?もしくはエアコンの使いすぎで電気代の請求が心配・・・。僕は圧倒的に後者です。

さて、本日は

こちらのご紹介。イタリアのブランドAUDISON。名前はB-CON。

ブルートゥースレシーバーです。ありそうでなかった、高音質なカーオーディオ用ブルートゥースレシーバー。LDACに対応しているのでハイレゾ品質でのブルートゥース通信が可能になります。

旧車にお乗りの方からのご相談が結構あるんですが、車のオーディオは替えたくないけどブルートゥースが使えるようにしたい。そんな方にもおすすめです。

純正のオーディオに外部入力があることが前提ですが、このBーCONとスマホなどをブルートゥースで接続して、RCAアウトを車輌の外部入力へ接続すればOK。ブルートゥース機能をもった1DINデッキなどを付ける場合スペースや操作性などいろいろと問題がありますがこれなら小さいし簡単です。

こんな大きさです。90mmx60.4mmx23mm。ちょっとした隙間への取り付けが可能です。

すでにブルートゥース機能があるお車でもこのB-CONは活躍します。LDACに対応していますから、LDAC機能がある、例えばウォークマンとか、アンドロイドスマホとか、amazonのFIRE HDでもLDAC対応のものがあるので手軽に身近にハイレゾ品質の無線通信が可能。

ワイヤードでつなぐこともなく高音質にブルートゥースが楽しめます。ブルートゥース=音が悪い、そんな心配がなくなりますね。

入力はブルートゥースとTOSLINK(光入力)、出力はアナログのRCAとTOSLINK(光出力)。DSPをお持ちであれば光でデジタル入力する事ができます。

価格はなんと33,000円。とても手軽に高音質ブルートゥースが始められますね。

詳しくはメーカーサイトをどうぞ。

では今日はこのへんで。

【CNT・AGコーティング】

今日はちょっとした商品のご紹介です。

HELIXのアンプ内蔵ではないモデルのDSPをお使いの方限定になってしまいます。もしくはBRAX DSPです。

DSP本体の電源カプラーを交換すると音が良くなる、そんなパーツです。

このケーブルが刺さっている黒いカプラーが今回の主役です。この黒いパーツの中に導線を噛み込む金属のパーツが入っています。

以前から、F2MUSICさんでロジウムコーティングされた9900円のパーツが販売されていましたが、今回はこれを超える高音質モデルのご紹介。

販売元は同じくF2MUSICさん。今回のモデルは価格を先に見ると33000円!HELIX用。BRAXDSP用は49500円です。

F2MUSICさんのホームページ

に詳細がありますが、カーボンナノチューブ・シルバーコーティングというそうです。今回お客様のご注文をいただきましたので施工させていただきました。

左が従来の9900円のモデル。右が新しいカーボンナノチューブ・シルバーコーティング。カプラーの色が同じなので見た目ではわからないですね。

カプラー側面のシールが唯一の見分け方でしょうか。

今回施工させていただいたお車には9900円のほうがついていましたので交換です。DSPにアクセスがし易い車両では交換は数分だと思います。

この交換での音の変化は、F2MUSICさんのサイトに合ったように高域が伸びやかにキラキラと変化し、低域はとても引き締まりました。少し硬質な音の変化をもたらします。フォーカスがしっかりとしてきますのでステージの解像度アップを目指している方にはとてもおすすめです。

もちろん、9900円の方もおすすめです。こちらは在庫ありです。

今日は商品紹介でした。では。

【一挙両得!デジタルインナーミラー】

今日も福岡は晴天ですが、全国各地で急激に荒れたり、はたまた熱中症を引き起こしてしまう程の暑さになったりと不穏な天候が続いています。天候の変化には敏感になる必要があるようですね。気をつけましょう。

さて、

ベンツのGLBへドラレコの取り付け。以前セキュリティーやアンプ内蔵DSPを施工させていただいたお客様です。いつもありがとうございます。

最近、ドラレコは必需品で、純正装着もチラホラ出てきているくらい世の中に浸透してきていますが、さらに最近純正でちらほら装備され始めているのがデジタルインナーミラー。

今回施工させていただくのはその両方が一度に手に入る、そんな商品です。

今回施工させていただくのはケンウッドのDRV-EM4700。デジタルインナーミラーと前後ドラレコ機能が入っています。価格は税込み54,780円

ミラーは鏡ではなくて液晶モニターにリアドラレコの映像が映っていますが自然ですね。

ミラーの右側の出っ張り部分がドラレコのカメラになります。前方を撮影します。

このミラーは被せタイプです。純正のミラーにこのように被せての取り付けです。はずれないようにベルトでしっかり固定されます。

こちらはリアカメラ。この位置から撮影した映像がルームミラー部分に映ります。たまにお客様にいいねと言われるポイントが、室内に大きな荷物を積んでしまったとき、ルームミラーを塞いでしまうので後ろが見えなくなりますが、これなら問題なく映る。とくにお仕事でお車を使われる方などには重宝されるポイントかも知れませんね。

当店ではケンウッド、アルパイン、ベロフのデジタルインナーミラーを取り扱っています。興味がある方はぜひご相談ください。

【LEGOキーホルダー】

本日もセキュリティー取り付けは

ランクル300。ここのところまた納車が増えているようで施工のお預かり、そして納車日が決まったオーナー様からのセキュリティーのお見積りが急激に増えてまいりました。ランクル300のセキュリティー取り付けは是非当店に。

さて、今日はちょっと店内のキャラクターグッズのご紹介。

店内はいって右手にズラッといろんな物をおいていますが、

こちらのLEGOキーホルダー。最近はスマートキーなんで鍵はカバンに入れたまま・・・なんて方もいらっしゃるかもしれませんが、鍵にはキーホルダーつけたくなりませんか?僕はいつもキーホルダーを付ける派です。

マーベル

スターウォーズ、そしてディスニー系など取り揃えております。価格は商品によりますが1180円とか1280円とか。

ぜひ見に来てください。気に入ればぜひお買い上げください。

【ランクル300にデジタルインナーミラー】

今日はランクル300にお乗りの方、もしくはランクル300の納車待ち、これから購入をご検討されているオーナー様へのデジタルインナーミラーのご紹介です。

当店ではセキュリティーの施工でたくさんのランクル300が入庫していますが、よくよく考えてみるとデジタルインナーミラーの装着車両が1台もいない。そうです、調べてみてわかったんですが、純正では設定がないようですね。

ランクル300はシートが大きくルームミラーでの後方視界があんまり良くないと感じる方が多いようです。そんなときにはデジタルインナーミラーが有利ですね。リアガラスにカメラがあるので見通しが良いです。

今回ご紹介するのはベロフのデジタルインナーミラーです。HIDなどで有名なブランドです。こちらをおすすめする理由はとてもスマート。

これが側面からの写真。純正のミラーより薄くなります。一般的な後付デジタルインナーミラーは純正ミラーへ被せるので(純正+後付ミラー)の厚みとなりますが、このベロフのミラーでは純正ミラーを外してしまって、ミラーのステーごと交換してしまいますのでこの薄さが実現できます。

もちろん前方にもカメラがありますのでドライブレコーダーとしても機能しています。この写真は左が前方カメラ、右が後方カメラの映像です。

ミラーの横に飛び出している部分がフロントカメラです。

こちらがリアゲートに取り付けているカメラ。

デジタルインナーミラーは電源を落とせば普通のルームミラーとしても機能します。

価格の方ですが、このベロフのデジタルインナーミラーと取付金具、そしてランクル300用の取付工賃合わせて80,000円(税込み)です。

ランクル300オーナー様、ぜひご検討ください。

では今日はこのへんで。

【KICKERのダウンファイヤリングウーハーBOX】

今日は、よりタイトで、よりマッシブなベースサウンドをお求めの方へのご案内です。

当店で人気の低音増強パッケージ、

パワードウーハーをラインアップした【おてがる低音増強セット】

専用BOXにビルトインされたウーハーと別体アンプの組み合わせをラインアップした【おてがる低音増強セットプラス】

今日は

【おてがる低音増強セットプラス】に追加したアメリカのブランドKICKERのユニットのご紹介。

どちらの組み合わせも共通なのはウーハーボックスがダウンファイアリング方式。最近良く見かけるようになってきた、ウーハーが床の方に取り付けられていて、フロアとの隙間から音が出てくるタイプです。このタイプのメリットはやはり荷物を載せやすくなること。このタイプはシート下におけるサイズではありませんのでカーゴスペースへの設置になります。上向きや横向きにウーハーが埋め込まれている場合は、やはり荷物などが当たらないような配慮が必要になってきます。しかしこのウーハーが下を向いているタイプならウーハーに荷物が当たる心配が殆どなく、この箱自体は頑丈なのでものを上に置いたりすることも可能です。

そして今回登場したのがKICKERの上位モデルのL7シリーズという四角いウーハーのダウンファイアリング方式が登場したので、本格的なKICKERサウンドが少し身近になりました。

最近、お客様のご要望で、ガッツのあるウーハーサウンドを求められることが増えてきましたのでそういう方にぜひご検討いただきたいところです。ボックスのサイズも記載していますので、お車に搭載可能か、ぜひご検討ください。