【ソースの追加に】

トヨタのディスプレイオーディオが代表的ですが、最近のカーオーディオはヘッドユニット交換が難しいものが多くなっています。

実際、トヨタ以前にもマツダもマツコネと呼ばれるシステムですでに変えられなくなっていましたし、欧州車に至ってはさらにさかのぼって変えられるものが少なくなっていました。

そんななかでもトヨタが、多くの車種でディスプレイオーディオ標準化へ舵を揃ったというのはカーオーディオシステム構築の大きな分岐点になるのではないかと感じていますが、今の所のユーザーさんの声を聞く限り、ポジティブに捉えているというイメージは少ないです。ユーザーの声をカーメーカーがひろってくれるのかどうか。

現状トヨタ車を購入される多くの方はディスプレイオーディオを選択することになると思いますが、ユーザーさんの多くの悩みはスマホやAMAZON FIRE TV STICKなどを使ってストリーミングを楽しみたいのにできない。

具体的には外部入力がないのでソースが増やせません。

もうご存知に方も多いと思いますが、

ビートソニックから発売されている外部入力アダプターを使えば外部入力を使えるようになる適応車種がたくさんあります。ただし、DVD/CDのソースを使えなくしてしまいますので、そこは使用頻度を考えて判断していただくことになります。すでに配信サービスやYOUTUBEで音楽などを楽しんでいるという方々はディスクを持ち歩くということもないであろうと思います。

お客様からのお問い合わせは連日頂いています。車種にもよりますが、基本的に外部入力アダプタ、HDMIの変換、ケーブル、取り付け、その消費税でおおよそ7万円くらいかかります。プラス、iPhone のミラーリングであればAVアダプター、ファイヤースティックの場合は別途お揃えいただくこととなります。気になる方はぜひお尋ねください。

もうひとつ、ソースを追加するというお話で、この方法のお問い合わせは多くありませんが、ブルートゥースを追加したいというのもたまにあります。やはりメーカー純正ナビが一体式で社外ナビに変えられない上に、ブルートゥースがついていない車種。大掛かりなことはしなくていいけどブルートゥース機能だけを追加したい、そんなときに便利なものが出ました。

オーディオコントロール社のACX-BT1。ブルートゥースで受けた信号をRCAに変換して出力。純正ナビの外部入力につなげれば、「VIDEO」や「AUX」のソースでブルートゥースの音声を再生することができます。もしくは、ヘッドユニット無しで直接アンプに接続してしまうなんてこともできますね。

19800円税込みの価格は、社外のプレーヤーがつけられるお車では安価なブルートゥース機能付きのプレーヤーにするほうがいい場合もあると思います。純正ナビが変えられないとか、今の現状にブルートゥースだけを追加したい場合には省スペースで比較的簡単に追加できるのでいいですね。いろんな発展性のある商品だと思います。

今日はソースを追加できる商品を2つご紹介しました。ではこのへんで。

【もう2ヶ月】

今日の比較的過ごしやすい暖かな日中でしたが、夜から冷えてくるそうで、気持ちの中は戦々恐々としています。雪らしいので、皆様お気をつけください。

さて、このワードはついこの間使った気がします。

「2ヶ月に一度のお楽しみ!」

入荷いたしました!カーオーディオマガジン最新号。お買い求めはお早めに。

当店にご来店頂いただくと、店内にいろいろなものを置いていることに気づかれると思います。

オーディオやセキュリティー以外のグッズに関しては、毎日ここにいる僕でも気づかずに増えていることがよくあります。Bossが気ままに発注しているので僕もどんな物が入ってくるのか楽しみにしています。

これはFELIXのキーホルダーですが、当店の常連様の中にもFELIX好きは結構多く、新しいグッズを見ると買い揃えていかれる方もいらっしゃいます。

定番としてはお車の芳香剤。エアフレッシュナー。色々な香りを取り揃えています。

もちろん、人気のドラレコや、

話題の製品も置いていますのでぜひ、お気軽に遊びに来てください。

ただいまフランスのBLAM MULTIXシリーズのスピーカー試聴が可能です。こちらもぜひ!

では今日はこのへんで。

【アンプ内蔵DSPと一緒に。】

最近定番となっているアンプ内蔵DSPを施工するときにおすすめのパーツを、本日ホームページにアップしました。

トヨタのディスプレイオーディオ搭載に音質アップができないと嘆いている方にはアンプ内蔵DSPは救いの一手。

そもそも、マツダのマツダコネクション、外車に至っては随分前から社外ナビなどのDINサイズというものはつかなくなっていますから、アンプ内蔵DSPを必要としているカーオーディオファンは少なくないのではないでしょうか。

とはいえ、DSPを取り付けていい音になるかもしれないけど、その手前はやはり純正クオリティ。純正のナビによっては独特な色付けがされているものもあり、普通の音にするだけで一苦労するようなこともあります。

そんなときにおすすめの一品。

以前にもご紹介しました、アメリカのKICKERより発売になっているKEYLOC。

ハイレベルの2ch入力でRCAの2ch出力をします。

凸凹波形の純正アンプから来た音をこれを通すことで平坦化し、減衰しているような帯域もこれである程度復元してくれます。タイムアライメントも無効化できるので、問題のある純正サウンドをこれできれいな波形にしてDSPに送り込めるというスグレモノ。さらにはラインドライバーとしても優秀で、電圧を上げてDSPに送り込めるというメリットも。

実際に、これでEQ補正のビフォーアフターを比較できますがアフターは明らかに音が明るく情報量は増えています。

価格も一般的なラインドライバーと同価格帯なので、メーカー純正ナビなどを活かしたアンプ内蔵DSPへのチャレンジのときにはご一緒にご検討いただきたい一品です。

今日はKEYLOCをご紹介しました。

では今日はこのへんで。

【RAM-25 お試し。】

冬将軍到来に向けて、徐々に気温が下がってきましたね。キリッとした寒い1日です。

12月半ばの週末、セキュリティー、オーディオとお見積りに忙しい1日でした。ご来店いただきましたみなさまありがとうございます。当店でも感染防止対策をいろいろとしてはいますが、みなさまがマスク着用のもとご来店いただけるので安心して接客ができます。感染収束に向けて力を合わせて頑張っていきましょう!

さて、先日ご紹介した

音響用 電磁波吸収シート RAM-25のその後。

サンプルをメーカーさんから頂いてすぐ発注をかけて、その後届いてからいろいろと試してみました。

サンプルは小さかったので、届いた製品をいろいろと試すうちにこの使い方も徐々にわかってきました。

この手の電磁波吸収用途の材料は色々とあるようですが、音響的に効果があるというのは稀だそうです。

複数台の車両で試してみましたが、どれもオーディオ機材のそばは効果は低いです。ただ、車両の効果的な場所を見つけられれば、かなりの音の変化が生まれます。

変化というところがまた重要で、悪くもなります。いい方向に変化する場所、そして向き、これが見つかるとものすごく手軽で安価です。サイズは330☓250mm。1枚2700円税抜のわりに効果が大きく音の差に驚きます。

ご来店いただけばお試しいただけます。車によっては効果が小さいこともあると思います。お試しのお手伝いもしますのでお気軽にご来店ください。

【電磁波吸収シート】

11月もあっという間に最終日になりました。いよいよ師走がやってきます。

今日は新商品のご紹介。

その商品は【電磁波吸収シート】

RAM-25という商品で、

このような説明書きがありました。

イース・コーポレーションさんの取り扱いで前置きもなくサンプルが届き、このパンフレット以外の情報もなかったので、QRコードを頼りにイース・コーポレーションさんで製作しているYOU TUBE動画を確認。

それでも、実際にどのくらいの効果があるのかは体験してみるしかわからない。

薄いのでいろんな場所への施工は可能です。パンフレットを見る限りフロアや天井など、車両に貼り付けるようなイメージでの施工のようで、サンプルは小さくその確認はできませんでしたが、実際にこのサンプルをお店の車でいろいろな場所にあてて確認してみました。

半信半疑ではありましたが、当店のデモカーのS205ではメーター部分でで大きな変化が。サンプルをメーターの前や後ろ付近に置くと、高域で管楽器がなめらかに、そして低域では引き締まる効果が出ていました。これはノイズの種類や取り付け場所で効果は違うのかもしれませんが、明らかに違いがありました。

発売が12月上旬とのことで注文を入れていますが、入荷次第いろいろ試して見たいと思います。興味があるお客様は実際にご自身の車でいろいろと変化が現れる場所を探してそこへ施工するという事ができますね。

ご来店いただければ試していただけますのでスタッフにご相談ください。

価格は330mm☓250mmで2700円/枚です。

今日はこのへんで。

【キッカー:KEY LOCK】

寒くなってまいりました。コロナが猛威を奮っていますね。福岡はまだ落ち着いていますが。とにかく個人個人でできることを心がけるしかありませんね。

ピットでは

TWINGOの作業。以前もナビやスピーカーを取り付けさせていただきました。今回はシステムアップ。

リアドアのサイレントチューニングと、すでに取り付け済みのサイバーナビの音質アップを狙ってのオーディオテクニカのレグザットの電源ケーブルを使ったバッ直配線。

そして

パワードウーハーの追加。前席のシート下は無理でしたが2列目の下がいけました。

最近のパワードはほんとにこのサイズで!というくらいのベースが出ますが、その中でもこのキッカーのHS10は鳴りが良いです。

このキッカーの面白い商品を今日はご紹介します。

キッカーのKEY LOCKという商品。<DSP内蔵ハイローコンバーター>というものです。

価格は28000円税抜。

これはどういうものかというと、純正のオーディオがアンプ付きで、内部でクロスオーバーやタイムアライメント、イコライザーなどのDSP機能が通ってしまっている場合、市販品のDSPなどで高音質化しようとしてもうまくいかないことがよくあります。

例えばフロント3WAYマルチシステムなどの場合は、とりあえず全部のチャンネルをサミング(合成)できるユニットを使って処理するということはできます。DSPによっては純正のイコライザーがかかったカーブを平にしてくれるようなものもあります。ただタイムアライメントが通ったものはなかなか外せません。

このKEY LOCKを使うと、

■周波数検出モードで純正のスピーカーの特性を確認

■純正のイコライザーの平坦化

■純正のタイムアライメントの無効化

■純正のクロスオーバーの補正

この内容をオートで修正してくれます。

このインジゲーターを利用して設定していきますが、だいたい200か300ヘルツ、上が3kくらいまであるとフルレンジに近い音を作り出せるそうです。スコーカーの帯域から取り出すだけでサミングの必要がないとなるとコストも抑えられます。

しかも、タイムアライメントも取り除けるのでまずはこのKEY LOCKを通して

フルレンジを取り出し、そしてDSPなどに入力すれば純正の複雑なシステムもグレードアップした音で楽しめるようになりそうですね。

CDと並べてみました。サイズは小さいです。実際にデモ機を導入して、ディスプレイで色々検証してみましたが、たしかにフルレンジ生成能力はすごいですね。タイムアライメント入れた状態で試してもきちんと無効化できていました。

このKEY LOCKはハイレベルの2chで入力し、内部で処理したあとRCAでのフルレンジアウトをするものです。そのためハイローコンバーター、しかもDSP付きというようになっていますが、DSPはオートで純正の癖を取り除くためのものですね。自分で調整したりはできません。

アンプ内蔵DSPなどと組み合わせることで、最近の扱いにくい純正ナビをいい音にするための橋渡し的な存在、それがKEY LOCKです。

これからのカーオーディオの頼もしい味方ですね。

という所で今日はこのへんで。

【いよいよ発売日決定!】

最近は待ちに待ったあの商品的なものをご紹介することが多いような気がしますが、今日ご紹介の一品も、待ちに待った商品。

プロトタイプの発表は数年前で、まもなく発売できそうですの段階からもさらに数年。

しかし、苦労の甲斐があっていいものができたようです。

オーディオテクニカさんから登場のAT-HRP5 95,000円税抜

<音声・映像、さまざまなファイルを再生できるハイレゾ対応メディアプレーヤー>

大容量USBメモリーやHDD、SSDなどを接続し、車内でメディアサーバーとして使えるコントロールユニット的なもの。

このHRP5のいいところは専用のインターフェースを実装してあるのでファイルのタグ情報を読み取りアーティストやアルバムなどからの検索、もちろんアートワーク表示など、まるでiTunesなどのようにモニターへの映像出力ができます。純正ナビなどもVTR入力があれば対応可能。

操作は専用リモコンで行いますので、スマホやDAPの操作を走行中にできないことを考えれば随分と汎用性が高く安全性を考慮した商品だと感じます。

音声の出力はRCA出力・光出力・同軸出力・HDMI出力にUSB出力もあり。

USB出力は同じくオーディオテクニカのAT-HRD500と組み合わせることでさらに高音質になります。このUSB出力はドライバーの関係で他のメーカーのUSB入力とはマッチングしないものもあるので注意が必要なようです。

実際に試聴してみましたが操作性や動作もとても安定していましたし、音ももちろん申し分なしでした。USB入力は2系統あるのでポータブルSSDなどを接続しておけば手持ちのライブラリーをいつでも楽しめます。試聴時はウォークマンとSSDをつないで検証しました。インターフェースに慣れはいりますが、慣れてしまえばリモコンのボタンも少なく感覚的に使えると思います。

発売は11月10日の予定です。先立って、もう少しすると当店にもデモ機が届く予定です。お披露目できるようになったらご報告します。ぜひお楽しみに!

詳細はメーカーサイトで。

 

【発表になりました!カロッツェリア新製品】

台風が近づいているせいか、今日は曇り空で風も強いですね。台風本体の風というよりは気圧の谷間なのかもしれませんがこれからの天気には注意が必要ですね。

昨日は店休日でしたので休みを利用してぶらっとでかけてきました。昨日はいい天気でしたし。

ここは大濠公園です。福岡市の繁華街天神にほど近いところにある大きな公園。散歩してる人やジョギングしてる人、密にはならない程度の人の賑わいがありました。まあ行ったのが平日なので土日はもっと多いんだと思いますが、マスクをして手洗いなどに気をつけながら、新しい日常に慣れていかなければいけませんね。

隣接している福岡市美術館にも寄ってきました。福岡市所蔵の美術品が見れましたが、ダリやシャガールを始めとする絵画もあって、意外と長居してしまいました。年をとって色々経験したせいか、昔よりもニュートラルに芸術に触れられるようになったなぁとちょっと感じました。美術品の価値はいまでもそうわかりませんが、みてると心に入ってくる感じはします。オーディオもそうですね。同じ音源を聴いても経験値によって感じ方は変わります。いろいろな経験が、どこかでつながっていく、そう思うと日々、無駄なことはないんだなとしみじみ思いました。

さて、

本日は10月8日。パイオニアさんから新しい商品が発表になりました。

今回の目玉は

とても地味ですがこれでしょうね。

DCT-WR100D 25,000円

シガーソケットに指すだけというものですが、これがこれまでの車内エンターテイメントを変えてしまうだろうというものです。

昨年登場し、当店ではナビといえばこれしか売れないというくらいスタンダードになったサイバーナビ。これはDCモジュールというLTE通信モジュールが搭載されていてAMAZON FIRE TV STICKを使ったりスマホをWiFiで使用できたりと社内環境を劇的に変えてきたあのナビと同じことが他のナビゲーションでも可能になります。

この25,000円の通信モジュールを買って別途通信契約をすればこれが容量無制限のモバイルルーターになります。しかもDOCOMOの回線なので通信速度も安定しています。いままではスマホの通信を使ってミラーリングでナビに接続していた方も、これで車内でWiFI環境ができます。しかも通信費が安い。

1日・30日・1年と選べますが、1日プランで500円、30日プランで1500円、1年プランで12,000円。1年プランなら月々千円レベル。

現行のサイバーでしか体験できなかった環境が、楽ナビや他社のナビ、外部入力機能を持った純正ナビなどでも利用可能になります。5台までの接続ができますので一緒に同乗されるご家族の携帯もWiFiが利用可。

本体の25,000円がちょっと高くは感じますが、2年で考えれば月千円くらい。電源はシガーソケットなので車両を変えて移動もらくらくですね。営業車とかでもOKですね。長時間車にのる方は携帯の通信費を下げることもできて、逆に節約になるというパターンもあります。

パイオニア製品で言えば、最高峰の音質を持つカーナビゲーションサイバーXシリーズは通信モジュールに対応していなかったですが、これにより音質も最高音質でエンターテイメント性に優れたシステムにグレードアップできますね。

サイバーX、サイバーナビ、楽ナビなどもこのタイミングでモデルチェンジとなりました。

詳しくはこちらのメーカーサイトでご確認ください。

では今日はこのへんで。

【OTOS】

今日は10月5日発売の新商品のご案内。

サウンドサスペンションさんから案内が届きました。

OTOSという商品です。たぶんオトスと読むんだと思います。

どこにつなぐかというと機材のマイナス端子からボディーアースへ。

アンプやヘッドユニット、DSPなどの機器はそれぞれバッテリーから違う長さのケーブルを通って電源供給され、マイナスを通ってバッテリーへと戻っていきます。それによりグランドループを生じ電位差が起きてノイズの原因となります。

それを解決できるのがこのOTOSで、これにより機器間の電位差を均等に安定させることでノイズを減少させることができるというスグレモノ。

機器間のグランドループを整えるということなので、RCAでつながっているものにはできればそれぞれ取り付けていくということになると思います。

複数個つけることで効果が発揮されていくということから価格をできるだけ下げられるようコストを最小限にしたそうで、12000円税抜。

サウンドサスペンションさんの商品はいつも機材の性能をさらに引き出す驚く商品ばかり。

詳しくはメーカーサイトにてご確認ください。ただいまご予約承り中です。

【カタログ到着】

3月入って最初の月曜日。

コロナウイルスを警戒するべく当店でも毎日除菌活動を実施しています。

もともと店内にはアルコール消毒のスプレーを置いていますが、最近は大活躍ですね。減りが早いです。

さて、いよいよ明日デリバリー開始。

GrgoのNEWシリーズ。カタログが届きました。

リレーアタック対策の新機能が追加されたり、ラインアップの組合わせが変わったり。基本的なところはいままでにもしっかりとしたものでしたがキーレス連動モデル・1WAYリモコンモデル・アンサーバックリモコンモデルと用途、要望に応じて選びやすくなりました。

今月いっぱいは発売記念キャンペーンを開催していますので、お車買い替えなどでセキュリティーをご検討の方はぜひご相談ください。