【X5-3rdGENERATION】

今日はしっかりとした雨が降っています。あさってのエナジストサウンドミーティングにはしっかりと上がってほしいです。予報では明日の明け方まで残ってもその後は晴れるようですね。イベントは大丈夫そうです。

エントリーされている方、朝8時半から9時半の間に会場にお越しください。

イベントは10時から開始予定です。終了は3時ころの予定となっています。

ブースデモカーなどはエントリーがなくても試聴可能ですので、お時間のある方はぜひ遊びに来てくださいね。

一般駐車場も用意しています。会場は久留米百年公園、多目的広場。

久留米百年公園入口の交差点を入って直ぐ右手です。一般駐車場も右手奥の方にご用意しています。

イベントの詳しい内容はこちらで。

備品

ピットはイベントの備品でかなり狭くなっています。

ちょうど今日はピットに大きな

200

ハイエースが

100

2台。いつもよりよけいに狭く感じます。かなりの圧迫感ですね。

200系のハイエースにはパンテーラ。セキュリティーです。

100系のハイエースにはDVDなどのオーディオの取付です。

そしてここから新製品紹介。

fiio

DAP。ポータブルのデジタルオーディオプレーヤー。FiiOからX5の3rdジェネレーションが登場しました。

従来機との違いは画面が大きくなって上位モデルX7のようにアンドロイドが乗り操作性や拡張性が上がりました。そして音質もアップ。

FiiOのいいところはUSBで充電させながら、コアキシャル出力で信号取り出しも同時に可能。

背面

これは背面。シリコンのクリアケースを取り付けています。

X7X5

左がX7。音質を比べるとやはり上位モデルX7のほうがよりナチュラルで深みがありますが、さすが新世代のX5も負けてはいないという感じでした。

そして今回の便利そうな昨日はヴィークルモード。この手のDAPでは車の乗り降りの際に電源を切ったり、入れたりが必要となります。もちろん持ち運びが前提のDAPですので。ですがこのX5はUSBで充電させておけば、その電源を感知して10秒後に勝手にシャットダウンしてくれます。もちろん、電源オン時には前に聞いていた曲で立ち上がって再生してくれる、車用としては当たり前ですが、こういうポータブルとしてはなかなかない機能です。

これで価格が従来機より大幅に下がって46000円税抜き。

魅力的な価格ですね。この発売に合わせて、オーディオテクニカのHRD5(USBトランスポート)との組み合わせてとてもお買い得なパッケージが用意されています。

あさってのエナジストサウンドミーティングでオーディオテクニカブースに是非足をお運びの上、商品、そしてその音を体験してもらえればと思います。

色はレッド、ブラック、シルバーの3種類。

ハイレゾの入門機としてももちろんですが、CDデータも高音質で再生できますのでぜひこの機会にお手軽で高機能、そして高級感あるDAPを手に入れてくださいね。

さて、今日はこのへんで。

 

【カロッツェリアスピーカーのモデルチェンジ情報!】

今日は予報でも30℃超えの福岡です。

朝は寒かったですが、午後に向けてぐんぐん暖かくなってきました。

今年初だと思いますが、エアコンが冷房になりました。今週末のエナジストサウンドミーティングは暑くなりそうです。

 

さて、今日は新製品のご紹介!当店でも大人気、カロッツェリアのスピーカーがモデルチェンジとなります。

TS-V

Vシリーズ。TS-V173Sに変わります。パッシブがツィーター用とミッドレンジ用に別れました。取付の自由度が少し広がりました。V172ではパッシブが大きかったので置き場所は多少工夫が必要でしたので。それからツィーターがチタンからアルミに変わるようですね。これによって音は大きく変化する気がします。構造は大きく変わっていないようですが、素材は大きく音に影響しますので楽しみですね。

価格は従来と同じく60,000円税抜きです。

TS-C

それからTS-Cシリーズも変わります。今回から10cmモデルがなくなったようですね。

そのかわりツィーター違いの2種類。

TS-C1730SとTS-C1630Sは従来の感じのセパレートスピーカーです。

サイトで見る限り、バイアンプに対応しないパッシブになってるようですね。価格は32,000円税抜き。

ts-c

あらたに登場するのがTS-Cシリーズの純正位置ツィーター交換が可能なタイプ。オンダッシュではなく純正位置に取り付けたい場合に選ぶモデルで、ツィーター口径が40mmくらいと大きくなります。また適合情報で取付が可能ならば純正位置へのインストールが可能。また、このモデルはネットワークが違って、たぶんツィーターはインラインタイプ(ケーブルの途中にコンデンサーが入っているタイプ)のようですね。ドアはフルレンジなのかもしれません。まだメーカーさんから資料を頂いていませんので。ですのでこちらはバイアンプに対応できますね。価格は32,000円税抜き。

 

どんなふうに変わるのかとても楽しみです。6月発売になるそうです。

そんな新しいカロッツェリアのスピーカー、6万円のTS-V173Sが

エナジストミーティング

今週末のエナジストミーティング、パイオニアさんブースにてデモカー試聴が可能になりました。サイバーナビCL900との組み合わせだそうです。

これは九州最速試聴会になると思います。

5月14日(日)久留米百年公園です。

ぜひご来場ください。

パイオニアさんのスピーカー情報はメーカーウェブサイトでご確認ください。

では、今日はこのへんで。

【サイレントはおまかせください】

雨

雨です。そして今日は寒いです。昨日が暖かかったので、よけいに寒暖差で寒く感じています。まだまだ油断できませんね。

さて、この週末でご成約いただいた分を発注かけて、ピットでは引き続きの作業だったり、新たに始めた作業だったり。

フィット

こちらは本日からの作業開始。すでにオーディオが施工されていました。スピーカーにはカロッツェリアのV172Aがあったので、このツィーターの埋め込み施工です。あと、5.1ch仕様なので調整もご依頼頂きました。

C-HR

こちらのC-HRは佐賀のお客様で、以前からお預かりしていましたが、ちょこちょこと進めてはいましたが、いろいろと段取りの関係で牛歩でした。そしていよいよ、ここ数日本格的に加工などに取り掛かりました。基本的には前のお車からの載せ替えですのでそれを活かすための加工取り付けです。トランクもアンプやウーハーなどを埋め込みます。

ジムニー

こちらも以前からお預かりしていたジムニー。宮崎のお客様です。ここまでピラードアアウターなどの加工を優先して進めてきましたが、ここから配線やその他色々の施工を急ピッチで進めていきます。

ユニット

結構たくさん取付です。

レグザット

ケーブル類はオーディオテクニカのレグザット。

サウンドナビ

ヘッドユニットはダイヤトーンのサウンドナビ200プレミ、そしてオーディオテクニカの高音質RCAハーネスも使います。

そして今日の作業は

サイレントフロア

サイレントチューニング。これはフロアです。

ルーフ

こちらはルーフ。銀色が一枚ではなくこの下にもサイレント処理が隠されています。当店では様々なメーカーさんのいろいろな部材を要所要所で効果的に使います。この部材はここのブランドがいい、とか、ここに関してはこれが優れてるとか、こういう場所に張りやすいとか・・・結構新しい部材はチェックして適材適所を実践しています。

この手の施工は確かに貼れば効果が出ますが、当店ではそれだけではなくどの方向に効果を出すのか、そして費用対効果や作業性も考えたサイレントチューニングを行っています。作業性が高ければ短時間でできる分工賃も下げられますし。

今回のジムニーでも、ルーフ、フロア、トランク、ゲート、フロントドア、ボンネットの施工をさせていただきます。

昨日鹿児島から来ていただいていたお客様も、以前サイレントチューニングを施工させていただいていて、たまたまその話になりましたが、走行中に静かなのもそうだけど、停まっているときが静かで効果がとても実感できると喜びの声をいただきました。

ホームページにはパートごとに分けて価格を出していますので、気になる部分だけの施工も可能です。

ぜひご検討くださいね。お待ちしています。

では、今日はこのへんで。

【春の嵐】

昨日、福岡では桜の満開宣言がされていました。

薄曇りですこし雨がぱらつくような天気でしたが、朝つぼみだった桜たちも夕方にはあちこちで開花が進んでいました。

しかし、今日は残念ながら春の嵐。

桜

それなりのしっかりした雨と、外に出しているノボリが何本も倒れるくらいの強い風。

花見がまだという方には残念な天気ですね。週末まで桜が耐えてくれるといいんですが。

僕もまだ花見をしていない一人です。

さて、ここ2年位でかと思いますが、一般に浸透してきたアンプ内蔵DSP。

最近では、ナビを施工するよりもアンプ内蔵DSPを施工するほうが多いくらいです。

既存のナビやオーディオをそのまま活かしてシステムアップできるのがいいところ。

またDSPによっては調整機能だけでなくとても優れたアンプを積んでいるものもあります。

そんななかで、当店でいちばん人気なのがドイツのMATCHというブランド。

ここはBRAX、HELIX、そしてMATCHというブランドをもつオーディオテックフィッシャーというメーカーの商品です。メーカーサイトはこちら

このなかで一番手頃なシリーズがMATCH(マッチ)。この中でも8チャンネルアンプを持ったPP82DSPという商品が一番人気でしたが、この程モデルチェンジしました。

pp86dsp

PP86DSP。価格が115000円から120000円になり5000円アップです。しかし。内部処理のビット数があがったり、新しく登場したモジュールに対応するようになりました。音質アップ・機能アップなので5000円の値上がりは仕方ないというところでしょうか。なにより、5000円以上の音質アップがあれば問題ないですよね。近日当店でも施工するので楽しみです。

このPP86DSPは旧モデルPP82DSPもそうでしたが、アンプがとても力強いところがおすすめの理由でもあります。この手のアンプ内蔵DSPはヘッドユニットとの組み合わせ次第ではヒスノイズが出やすくなりますが、このシリーズではヘッドユニットとのマッチング力は高いですね。かなりの数施工しましたが、マッチングトラブルには遭遇していません。とにかく対応力が高いですね。

幅広い機種に対応できるのを考えると、車を買い替えたときも次の車で活躍してくれることとすればこの価格はお買い得ともいえますね。

取付込みのパッケージとして当店のホームページでも紹介していますのでぜひご検討ください。

アンプ内蔵DSPのメリットや、そもそもこれが何なのか・・・そういう初歩的な質問もぜひご相談ください。

さて、今日はこのへんで。

【リバンプやテクニカ新製品でイベント向けグレードアップを!】

昨日とは打って変わってのいい天気。天気予報では20℃近くまでと行ってたものの、そこまではないかな・・・という少し肌寒いくらいの感じです。

エナジストミーティング

エナジストサウンドミーティングがあと1月半くらいに迫ってきて、エントリーの申し込み、参加予定の方からの調整のご依頼や、せっかくなのでイベントへ向けてちょっとグレードアップというご相談が増えてまいりました。

とくにイベント前になると大掛かりなグレードアップよりも、手軽に取り付けられて機材の性能を引き出せる系の施工が増えます。

その代表格といえるのがサウンドサスペンションさんのリバンプ関連。

いろいろな製品がありますが、用途によって使い分けます。

リバンプ

リバンプ

写真2枚めのカレントと150は当店の試聴室で使っています。

リバンプ

こちらは同じ組み合わせですがお客さんから注文いただいている分です。

最近はDSPをお使いの方が多いのでHNFなどの注文が増えました。あとは劇的な変化が望めるカレントシリーズは定番です。カレントをバッテリーに2個、もしくは3個というのが人気です。一度につけたほうがわかりやすいですが、1つずつ追加することも可能です。

リバンプシリーズはどれも機器のウィークポイントを補ってくれますが、基本的にS/Nの改善や情報量アップにイメージングの改善、リアルなステレオ再生を実現する方向で効果がでます。詳しくはメーカーさんのウェブサイト、もしくは当店にご来店の上ご相談ください。

それから、こちらもまだまだイベント前に間に合います。

RX60

オーディオテクニカレグザットシリーズの新製品!キャパシターです。

内部はELNA製の高性能コンデンサを並列にたくさん繋いでいるそうです。内部画像も見せてもらいましたが結構なこだわりでしたね。トラブル時のために内部にはヒューズがはいっていたりと安全面も問題ありませんが、寿命を長く持たせるためにアシストセーブ機能がついていて、これは12.8Vを切るとコンデンサーを遮断して充放電を止めてくれるようですね。これで駐車時の劣化を防げるそうです。ただし、ここはさすがオーディオテクニカさん、コンペユーザーは

エンジンを掛けないコンペでは電圧が低くなってキャパシタの効果がなくなるじゃないか!

とご心配になるであろうとの問題もきっちりとクリア、その機能をキャンセルするための接続も可能です。

AT-RX60 43,000円税抜き

容量は1.5ファラッド。

キャパシタ

上側のシルバーの筒が、一般的な1ファラッドキャパシター。RX60がいかに小さいかお分かりいただけたでしょうか。

4月7日発売だそうですのでご予約お待ちしています!詳細はメーカーさんのウェブサイトにて。

では、今日はこのへんで。

【A&KとFDSヘッドフォンが聴けますよ!】


2月も残すところあと4日ですね。

そして明日明後日は今月もう最後の週末です。

昨日お知らせした、A&KのDAPの試聴が今週末できますよ。

先程届きました。

3機種です。左からAK380、AK320、AK70。昨日お伝えしていたのとは一部変わりましたが、この3機種です。

とくにこのAK380は価格が50万円!ポータブルデジタルメディアプレーヤーというくらいでポーターブルで手のひらに入るくらいのサイズですが50万円です。

価格を知らないとついついポンっとテーブルの上とか車内に置きっぱなしにしてしまいそうですが、価格を知ると、扱いも丁寧になってしまいますね。

AK320も25万円くらい、AK70が6万5千円くらいですね。

今回はこれに加えて

クラリオンFDSのヘッドフォンもお借りしました!

大きいですね。つけてみるとホールド感があります。

これは14万円くらいだそうです。

この組み合わせで聴いてみますよね、やっぱりまずは。

静けさの表現力がすごいです。無音からの立ち上がり。そして鮮度。

まだ車で聴いていないので、このAK380を試してみようと思います。

このクオリティーを聴くともとには戻れないですね。

ぜひこの週末試聴にお越しください。

試聴はFDSの車輌でできますのでクラリオンFDSにご興味がある方もぜひ!

では今日はこのへんで。

【新製品HRD1・RX60とA&KのDAP試聴】

昨日今日と少し荒れた天気でした。強い風と雨。

そんな昨日は休みだったのでブラっと福岡空港によってみました。

ここ2,3年位でしょうか、改修中で、目まぐるしく様変わりしています。

写真は撮れませんでしたが、建物を壊して鉄骨が丸見えでちょっと衝撃的な箇所もありますが、

立体駐車場ができ、空港内も新しいエリアがオープンしたりと近くに住んでいるものとしてはワクワクしますね。

空港内通路まだまだ工事中のところが多いので、完成形がどうなるのかとても楽しみです。

オープンしたフードコートエリアは結構充実しててきれいだし、人が多くて賑やかでいい雰囲気でした。

以前に比べて、暇だしちょっと空港に行ってみようかと、用事がなくても立ち寄れるようなつくりですね。駐車場もはじめの30分までなら無料ですし、その後も1時間200円とやすいです。

空港に人を送りに来たり迎えに来たときも停めやすいように工夫されてるし、とても魅力的で便利になっていきます。

4年位の計画とか聞いたので、あと2年位でしょうか?

福岡の玄関口でもありますから、どんどんと魅力的な空港になって欲しいものです。

 

さて、今日は魅力的なものをご紹介します。

先日大阪で開催されたオートメッセで発表されていたオーディオテクニカの新製品、AT-HRD1。

ハイレゾユーザーに大人気のAT-HRD5の弟分にあたる機種。

衝撃プライス!15,000円税抜き!

噂は聞いていたので3万円くらいかと思っていましたが、まさかの15,000円。

192kHz/32bitですし。スペック的には問題ないですよね。コアキシャル出力がなかったりしますが、

アナログとTOSリンクは装備。USB機器でハイレゾを考えてる方にとっては今後定番間違い無しですね。

サイズは小さいのでDSPの側においてその分ケーブルの長さが短くできるのでレグザットなどにケーブルをグレードアップもできます。

それから、

CAPAT-RX60。キャパシターです。アンプ用。1.5ファラッドだそうです。

サイズは手のひらサイズくらいだそうです。ただのコンデンサーではないところが内部画像から見て取れますね。内蔵でMIDIヒューズがあるのでこれをレグザットヒューズにするのはこれまた定番になりそうですね。

DSP,ヘッド用のRX30あたりとうまく組み合わせて電源強化しましょう。

RX60の価格は43,000円(税抜き)

どちらも発売は4月半ばくらいだそうです。ご予約承ります。

それからお知らせ。

今週末ですが人気のDAP,Astell&Kernの試聴ができます。

2月25日(土)26日(日)

の3機種です。

試聴は当店のポルテにクラリオンFDSがついているのでそちらでと考えています。

お時間のある方はぜひ遊びに来てくださいね。

DAPのグレードの違いを聴いて楽しみましょう!

では、今日はこのへんで。